前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2399件中 1 - 10件表示
  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た歌舞伎歌舞伎

    公威と祖母・夏子とは、中等科に入学するまで同居し、公威の幼少期は夏子の絶対的な影響下に置かれていた。公威が生まれて49日目に、「二階で赤ん坊を育てるのは危険だ」という口実の下、夏子は公威を両親から奪い自室で育て始め、母・倭文重が授乳する際も、夏子が時間を計ったという。坐骨神経痛の痛みで臥せっていることが多い夏子は、家族の中でヒステリックな振舞いに及ぶこともたびたびだった。車や鉄砲などの音の出る玩具は御法度で、公威に外での男の子らしい遊びを禁じた。遊び相手は女の子を選び、女言葉を使わせたという。1930年(昭和5年)1月、5歳の公威は自家中毒に罹り、死の一歩手前までいく。病弱な公威に対し、夏子は食事やおやつを厳しく制限し、貴族趣味を含む過保護な教育を行った。また、夏子は、歌舞伎や能、泉鏡花などの小説を好み、後年の公威の小説家および劇作家としての作家的素養を培った。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • ふんどし

    ふんどしから見た歌舞伎歌舞伎

    長さ70cm程度、幅34cm程度の布の両端に紐を通したもの。土木工事等で土を運ぶ畚に形状が似ているためこの名がついたといわれる。歌舞伎の女形は、普段から、これを着用。ふんどし フレッシュアイペディアより)

  • 道外方

    道外方から見た歌舞伎歌舞伎

    道外方または道化方(どうけがた)は、歌舞伎の役どころのひとつ。おもに笑いを誘う。道外方 フレッシュアイペディアより)

  • 俳優

    俳優から見た歌舞伎歌舞伎

    俳優が演じる対象の性別によってその役割が特別な呼称を持つ場合があり、また俳優が実際の性別とは異なる役を演じる場合もある。歌舞伎の場合は「立役」、「女形」があり、宝塚歌劇団では「男役」、「娘役」がある。俳優 フレッシュアイペディアより)

  • 女装

    女装から見た歌舞伎歌舞伎

    平安時代には、女人禁制の寺院で僧侶が稚児と呼ばれていた少年を女装させて女性の代わりとする、といったことが日常的に行われるようになり、以降の男色・衆道といった同性愛文化の原点となった。また、江戸時代には歌舞伎の女形などの女装少年が体を売る陰間茶屋が武家などの上流階級だけでなく庶民階級の間でも流行したりするなど、女装は男色・衆道文化の重要な要素のひとつとなっていた。女装 フレッシュアイペディアより)

  • 浮世絵

    浮世絵から見た歌舞伎歌舞伎

    鳥居清信の時代になると墨摺絵に筆で着色したものが現れる。これらは主に赤い顔料を使い着色され、丹を使ったものを丹絵(たんえ)、紅を使ったものを紅絵(べにえ)と呼んだ。紅絵までは筆彩であったが、さらに紅絵に色を二、三色、版彩によって加えたものを紅摺絵(べにずりえ)と呼ぶ。この当時から鳥居派は歌舞伎と強く結びつき、現代でも歌舞伎の看板を手がけている。浮世絵 フレッシュアイペディアより)

  • 狂言

    狂言から見た歌舞伎歌舞伎

    この観世座というマンモス座に頼り切った脆弱な構造が災いし、明治維新を迎えるや、鷺流は混乱の極みに達した。時の家元であった19世・鷺権之丞は変人と評されるほどの人物でとても流派を統率する力はなく、困窮した職分は大挙して吾妻能狂言(能楽と歌舞伎の折衷演劇。明治14年頃に消滅)に参加、失敗に終わった後も歌舞伎役者に家芸を伝えたとして能楽界への復帰は許されず、明治28年(1895年)に鷺権之丞が没して宗家は断絶、大正11年(1922年)に最後の鷺流狂言師であった鷺畔翁(晩年は鷺流宗家を自称した)の死去により、能楽協会に所属する流派として廃絶するに至った。狂言 フレッシュアイペディアより)

  • 笛

    から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代盛んになった歌舞伎には主に能管、篠笛が用いられる。庶民の祭礼(祭囃子)、神楽(里神楽)、獅子舞には篠笛が多く見られるが、龍笛や能管を用いる地方もある。また、鳥や虫などの擬音を出すさまざまな笛も江戸時代に登場し、庶民の玩具として人気となった。1853年に浦賀に着いたペリー提督の艦隊には楽隊が含まれており、この後、多くの西洋の楽器が日本に流入することになる。そしてクラリネットやオーボエなど木管楽器も総じて笛と呼び習わし、金管楽器は喇叭(らっぱ)と呼ばれるようになった。 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国起源説

    韓国起源説から見た歌舞伎歌舞伎

    韓国起源の対象となっている事物は日本のものが最も多く、現在も報道などを通して様々な事物に対して唱えられ続けており、特にソメイヨシノ韓国起源説は、桜の季節になると毎年のように韓国の各種メディアで報道され続けている。韓国起源説の対象は、侍、日本刀、剣道、空手といった武術・武道関連、歌舞伎や折り紙といった伝統文化、寿司や沢庵といった食品、「わっしょい」等の様々な日本語の語源、東洲斎写楽や天皇などの著名人物、熊本城や日本庭園や勾玉といった有形文化財、ソメイヨシノや秋田犬のような動植物にいたるまで、分野や有形無形を問わず、日本のアイコンとされる様々なものに対して主張されている。また、主張の主体も、一般人、新聞記者、大学教授、作家等多様である。傾向としては、原則として韓国の自民族優越主義が根底にあるため、好ましい有名な事物に適用される一方で、有名であっても日本色が強すぎた文化(桜)や、好ましくないと考えられていた文化(侍や切腹)については日帝残滓というような形で蔑まれ、ある時点においてまで起源説が主張されないこともあった。しかし、映画などを通して侍や切腹、武士道が高潔な姿として認識されるようになると、一転して起源説が唱えられるようになった。韓国起源説 フレッシュアイペディアより)

  • 清元節

    清元節から見た歌舞伎歌舞伎

    清元節(きよもとぶし)または清元(きよもと)とは、三味線音楽のひとつで、浄瑠璃の一種。主として歌舞伎や歌舞伎舞踊の伴奏音楽として用いられる。清元節 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2399件中 1 - 10件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード

  • 長かったような短かったような… 忘れられない1年になりました

  • 初心に戻ってやることが大事です

  • 金曜8時のドラマ 石川五右衛門 最終回