前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2997件中 1 - 10件表示
  • 元禄文化

    元禄文化から見た歌舞伎歌舞伎

    元禄文化は、しばしば「憂き世から浮世へ」と称せられるように、現世を「浮世」として肯定し、現実的・合理的な精神がその特徴とされる。もとより貴族的な雅を追求する芸術の成果も一方には存在したが、「民勢さし潮のごとく」と評された民衆の情緒を作品化したものが多く、世間(社会)の現実をみすえた文芸作品もうみ出された。とりわけ、小説の井原西鶴、俳諧の松尾芭蕉、浄瑠璃の近松門左衛門は日本文学史上に燦然と輝く存在である。また、実証的な古典研究や実用的な諸学問が発達し、芸術分野では、日本的な装飾画の様式を完成させたとされる尾形光琳や浮世絵の始祖といわれる菱川師宣があらわれ、従来よりも華麗で洗練さを増した美術工芸品もまた数多くつくられた。音楽では生田流箏曲や新浄瑠璃、長唄などの新展開がみられた。さらに、音曲と組み合わせて視聴覚に同時に訴えかける人形浄瑠璃や歌舞伎狂言も、この時代に姿がととのえられた。元禄時代は、めざましい創造の時代だったのである。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 浄瑠璃

    浄瑠璃から見た歌舞伎歌舞伎

    単独で素浄瑠璃として演じられるほか、流派によっては人形劇である人形浄瑠璃として(文楽など)、歌舞伎音楽として、日本舞踊の伴奏として演じられる(流派ごとの上演形態については後述)。浄瑠璃 フレッシュアイペディアより)

  • ふんどし

    ふんどしから見た歌舞伎歌舞伎

    長さ70cm程度、幅34cm程度の布の両端に紐を通したもの。土木工事等で土を運ぶ畚に形状が似ているためこの名がついたといわれる。歌舞伎の女形は、普段から、これを着用。ふんどし フレッシュアイペディアより)

  • 俳優

    俳優から見た歌舞伎歌舞伎

    「俳優」は広義には演技者全体を指す名称である。ただし現代日本においては、「俳優」が狭義に、能、歌舞伎、新派役者などの伝統的かつ特殊な演技法による者を除外し、新劇およびこれと方法論を共有する演技者を指すことがある。しかし、主として歌舞伎俳優の団体である日本俳優協会(歴代会長は全員歌舞伎俳優である)も俳優の名を団体名に冠しており、団体における会員は自らを単に「俳優」と呼称する例もある。俳優 フレッシュアイペディアより)

  • 時代劇

    時代劇から見た歌舞伎歌舞伎

    古い時代劇では、細かい所作や口上は歌舞伎の影響が強く、前近代の身分差別や女性差別を反映した描写も多かったのだが、時代の推移によって、現代の観客に違和感を与えないようにストーリーの展開が変更され、演出も現代劇に近づいていくのは避けられなかった。どの時代劇でも、敢えて時代考証を無視している部分が多かれ少なかれあり、登場人物の性格や考え方も近現代の価値観に合致するような解釈や改変が施されることがほとんどである。時代劇 フレッシュアイペディアより)

  • 山あげ祭

    山あげ祭から見た歌舞伎歌舞伎

    山あげ祭(やまあげまつり)は、栃木県那須烏山市の八雲神社例大祭の奉納行事で、特に市街地に仮設の舞台を作り歌舞伎を行う祭りとして知られている。全て手作りの幅7m、高さ10m以上、奥行き100mの山と舞台装置一式を毎回組み立てて、所作狂言(歌舞伎)や神楽などの余興を奉納し、解体、移動を一日6回程度、3日間に渡って繰り返し、町中を巡行する。その移動総延長は20kmにも及ぶ。山あげ祭 フレッシュアイペディアより)

  • 道外方

    道外方から見た歌舞伎歌舞伎

    道外方または道化方(どうけがた)は、歌舞伎の役どころのひとつ。おもに笑いを誘う。道外方 フレッシュアイペディアより)

  • 笛

    から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代盛んになった歌舞伎には主に能管、篠笛が用いられる。庶民の祭礼(祭囃子)、神楽(里神楽)、獅子舞には篠笛が多く見られるが、龍笛や能管を用いる地方もある。また、鳥や虫などの擬音を出すさまざまな笛も江戸時代に登場し、庶民の玩具として人気となった。1853年に浦賀に着いたペリー提督の艦隊には楽隊が含まれており、この後、多くの西洋の楽器が日本に流入することになる。そしてクラリネットやオーボエなど木管楽器も総じて笛と呼び習わし、金管楽器は喇叭(らっぱ)と呼ばれるようになった。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における同性愛

    日本における同性愛から見た歌舞伎歌舞伎

    日本における同性愛(にほんにおけるどうせいあい)の記録は古代に遡る。かつて男性同性愛は「男色」(なんしょく、だんしょく)、江戸期以降の武家社会におけるものは「衆道」・「若衆道」、歌舞伎の世界では「陰間」などの言葉で表現されていた。女性の同性愛については未解明な部分も多い。日本は宗教的に同性愛を異端とする欧米やイスラム社会などと異なり、同性愛に追放など罰則はあっても死罪はなかったことで不干渉的寄りで比較的寛容だといわれている。日本における同性愛 フレッシュアイペディアより)

  • 道化師

    道化師から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎には道外方または道化方という役どころがあるが、これが最も古い時期に成立した役柄の一つといわれる。やはり物真似や滑稽な口上で人を笑わせたが、西欧の道化師との大きな違いはそれが純然とした芝居の役どころとして発達したことにある。元禄歌舞伎では、演目の構成上特に重要な一場面を担当することが多く、それもただ滑稽な演技で観客を笑わせるだけではなく、司会役としての役割を兼ねた役どころだった。しかしその後の歌舞伎が物語性を追求したものになっていったこと、そして通し狂言がほとんどなくなり今日のような見取り狂言じたてになったことで、道外方の役割はしだいになくなり、天明歌舞伎のころまでには衰退してしまった。道化師 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2997件中 1 - 10件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード