2997件中 91 - 100件表示
  • 上方舞

    上方舞から見た歌舞伎歌舞伎

    上方舞(かみがたまい)とは、江戸時代中期(1800年頃)から末期にかけて上方で発生した日本舞踊の一種。着流しに、屏風を立てた座敷で舞う素踊りを基本とする。源流となった御殿舞と、能を基本にした静的な舞に、人形浄瑠璃や歌舞伎の要素を加味しており、しっとりとした内面的な舞い方をする。歌舞伎舞踊より抽象的で単純化された動きである。本来、舞台より座敷で舞われることが多いとされていたので座敷舞と呼ばれたり、伴奏に地唄が用いられることから、地唄舞とも呼ばれる。また上方舞のうち、京都で発展した井上流、篠塚流を京舞(きょうまい)と呼ぶ。毎年、11月に東京の国立劇場で行われる「京阪の座敷舞」は、東京で上方舞が観られる数少ない機会であり、最も大規模なものである。上方舞 フレッシュアイペディアより)

  • 小栗判官

    小栗判官から見た歌舞伎歌舞伎

    小栗判官(おぐりはんがん)は、伝説上の人物であり、またこれを主人公として日本の中世以降に伝承されてきた物語。妻・照手姫の一門に殺された小栗が閻魔大王の計らいで蘇り、姫と再会し、一門に復讐するという話で、説経節の代表作であり、浄瑠璃や歌舞伎などになった。常陸国小栗御厨(現在の茨城県筑西市)にあった小栗城の城主である常陸小栗氏の小栗満重や、その子・小栗助重がモデルとされる。小栗判官 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵屋の辻の決闘

    鍵屋の辻の決闘から見た歌舞伎歌舞伎

    この仇討ちは江戸時代から歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材となり大衆の人気を集めた。近現代になってからも映画、テレビドラマ、時代小説などで数多く題材として取り上げられている。鍵屋の辻の決闘 フレッシュアイペディアより)

  • エルヴィン・フォン・ベルツ

    エルヴィン・フォン・ベルツから見た歌舞伎歌舞伎

    長男・徳之助 (Erwin Toku, 1889-1945)、長女ウタ (1893-1896)。子供は4人とする説も。長男トクの前に夭逝した第一子、トクの遊び相手として養女ギンがいた(一家が渡独前に12歳で急死)。トク(国籍ドイツ)は、暁星学校在学中に11歳で両親とともに渡独し、建築を専攻。「徳」は中国語のドイツ(徳国)から。父親の遺した『ベルツ日記』をナチス時代に出版し、第3帝国ドイツでもっとも有名な日系ドイツ人となった。このときトクによって母親の出生や両親の出会いについてなどが『ベルツ日記』から削除されたという。母親の影響で幼いころ歌舞伎に親しみ、1938年にはベルリンで忠臣蔵の一部を舞台化した。1940年から日本で暮らし、東京で病没。エルヴィン・フォン・ベルツ フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉伝説

    紅葉伝説から見た歌舞伎歌舞伎

    室町時代から江戸時代にかけて、能や浄瑠璃、歌舞伎では「紅葉狩」(もみじがり)という題名でこの伝説は描かれつづけ、平維茂が戸隠山におもむき、そこで出会った紅葉見物の美しい女性たち一行に出遭うという展開を設けている。その女性たちの正体が戸隠山の鬼、鬼女・紅葉であるとする。能をもとにして作られた河竹黙阿弥による歌舞伎『紅葉狩』(1887年)は、紅葉に相当する鬼の名を更科姫(さらしなひめ)としている。紅葉伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 栗杖亭鬼卵

    栗杖亭鬼卵から見た歌舞伎歌舞伎

    河内国出身の浮世絵師、戯作者である。もともと武士であったが俳諧と絵画を学び、陣屋の手代を経て浮世絵師となった。その作品は『東海道名所図会』などにも収録されている。その後、東海道の宿駅ごとに纏めた紳士録『東海道人物志』を著し、好評を博した。さらに読本の執筆にも取り組み、『新編復讐陽炎之巻』、『長柄長者黄鳥墳』、『勇婦全伝絵本更科草紙』などを次々と上梓し、その作品は歌舞伎として舞台化されるなど、戯作者として名を馳せた。栗杖亭鬼卵 フレッシュアイペディアより)

  • 春本由香

    春本由香から見た歌舞伎歌舞伎

    東京都出身。堀越高等学校卒業。劇団新派所属。祖父は新派俳優の春本泰男、父は歌舞伎役者の六代目尾上松助、母は元新派女優の河合盛恵、兄は歌舞伎役者の二代目尾上松也。春本由香 フレッシュアイペディアより)

  • 太閤記

    太閤記から見た歌舞伎歌舞伎

    『真書太閤記』 (栗原柳庵編、安永年間(1772年?1781年)の成立、軍記物、人形浄瑠璃や歌舞伎における太閤物の原典)太閤記 フレッシュアイペディアより)

  • 楢山節考 (1958年の映画)

    楢山節考 (1958年の映画)から見た歌舞伎歌舞伎

    『楢山節考』(ならやまぶしこう)は、1958年(昭和33年)6月公開の日本映画。監督は木下惠介。松竹大船製作のカラー映画である。深沢七郎原作の同名小説の最初の映画化作品でもある。公開時の惹句は、「美しくもいたましい親と子の愛のきづな! 万人の心を洗う感動の涙!」である。オール・セットで撮影され、全編を通じて邦楽を流し幕あきに定式幕を使うなど歌舞伎の様式美的な雰囲気の演出となっている。楢山節考 (1958年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ぬいぐるみ

    ぬいぐるみから見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎やその他の演劇において、動物などの形に作った衣装。ぬいぐるみ フレッシュアイペディアより)

2997件中 91 - 100件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード