2399件中 11 - 20件表示
  • 篠笛

    篠笛から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎・文楽・日本舞踊等、江戸時代に盛んになった伝統芸能、特に庶民階級を対象にして劇場や屋外の舞台で演じられたものには、「浄瑠璃」(じょうるり)のような「語り」あるいは「唄」と三味線によって、旋律と緩急がはっきりした大衆的な音楽をつけることが一般的であった。本格的な劇場・舞台では、それに「笛(能管・篠笛)」「小鼓」「大鼓」「締太鼓」を加えることが多く、この4種を「お囃子」(邦楽囃子、長唄囃子)と呼ぶ。民謡と同じく、語り手・歌い手の声域にあわせて三味線の調弦を変えるのが一般的である。従って、篠笛は長さが異なるものを何種類も用意しておき、転調の際には曲の途中で持ち替えることもある。篠笛 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎舞踊

    歌舞伎舞踊から見た歌舞伎歌舞伎

    (1)歌舞伎演目のなかに含まれる劇中舞踊。もしくはそれが独立したもの(例 『娘道成寺』)。歌舞伎舞踊 フレッシュアイペディアより)

  • 名跡

    名跡から見た歌舞伎歌舞伎

    名跡の襲名は歌舞伎や落語等の寄席演芸、家元制度を採る各種の芸能、芸道に多く見られる、日本独特の制度・慣習の一種である。能楽、狂言、人形浄瑠璃、邦楽(能や歌舞伎から大衆的な津軽三味線まで)、日本舞踊と、日本の芸能のいずれの分野にも名跡襲名が存在する(日本共産党と関係を持つ劇団前進座、現代劇であるはずの新派・松竹新喜劇なども)。名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 関西歌舞伎

    関西歌舞伎から見た丸本物歌舞伎

    上方歌舞伎は江戸歌舞伎とともに歌舞伎の両輪をなし、江戸歌舞伎が荒事と言う勇壮な芸を作り出したのに対し、和事とよばれる柔らか味のある芸を形成している。廻り舞台やセリ上げなどの舞台機構も上方で生まれるなど18世紀ころは上方歌舞伎の方が進んでいた。丸本物とよばれる人形浄瑠璃の歌舞伎化したものや、石川五右衛門など天下を狙う悪人が大活躍するお家騒動物などの脚本が多い。筋は複雑で喜劇的要素が見られる。全体的に趣向に富むが独創性に乏しく、19世紀後半の並木五瓶以後は、江戸歌舞伎の四代目鶴屋南北や二代目河竹新七(黙阿弥)のような優れた作者は出なかった。このため今日上演される歌舞伎には、丸本物を除いて、上方系の作品が少ない。わずかに金澤龍玉作『渡雁恋玉章』(雁のたより)、近松徳三作『伊勢音頭恋寝刃』(伊勢音頭)、奈川亀輔作『敵討天下茶屋聚』(天下茶屋)あたりが残るくらいである。関西歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 幕

    から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎等で用いられる舞台と客席の仕切りとなる引幕。 フレッシュアイペディアより)

  • 河竹黙阿弥

    河竹黙阿弥から見た歌舞伎歌舞伎

    河竹 黙阿弥(かわたけ もくあみ、旧字体:默阿彌、文化13年2月3日(1816年3月1日) - 明治26年(1893年)1月22日は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者。本名は吉村 芳三郎(よしむら よしさぶろう)。俳名に其水(そすい)。別名に古河 黙阿弥(ふるかわ もくあみ)。江戸日本橋生まれ。河竹黙阿弥 フレッシュアイペディアより)

  • 千秋楽

    千秋楽から見た歌舞伎歌舞伎

    千秋楽(せんしゅうらく、千穐楽、旧字体:千龝樂)は、複数日にわたって同じ演目を行う興行において、「最終日」を指す業界用語。縮めて楽日(らくび)や楽(らく)ともいわれる。本来は江戸期の歌舞伎や大相撲における用語だったが、現在では広く演劇や興行一般で用いられている。千秋楽 フレッシュアイペディアより)

  • 天保異聞 妖奇士

    天保異聞 妖奇士から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎小屋に生まれた14歳の少女。歌舞伎一座を生業としていた家を継がせるため、父親に男児として育てられ、普段の服装も元服前の少年のようなものである。男性的な言動が目立つが、酒の妖夷相手に服が透けた時気にしていたことから、多少は女性としての自覚はあるらしい。。天保異聞 妖奇士 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た歌舞伎歌舞伎

    山川 静夫(やまかわ しずお、1933年2月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー、芸能評論家(特に歌舞伎)、エッセイスト。元NHKアナウンサー。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 池波正太郎

    池波正太郎から見た歌舞伎歌舞伎

    1935年、 西町小学校を卒業した。担任の教師は進学を勧めたが、家庭の事情により奉公に出た。親戚の伝手によって最初株式現物取引所田崎商店に出るが、半年あまりでペンキ屋に奉公を変わり、さらにそこも退いて株式仲買店松島商店に入った。以後、1942年に国民勤労訓練所に入所するまで、同店で過ごした。チップや小遣い銭を元手に内緒の相場に手を出し月給を上回る収入を得ていた。兜町時代の正太郎はこれを「軍資金」として読書、映画、観劇にはげみ、登山や旅行を楽しみ、剣術道場にも足を運ぶ一方、諸方を食べ歩き、吉原で遊蕩にふけるなどした。特にこの時期、読書・映画への興味が深まったことはもとより、歌舞伎・新国劇・新劇などの舞台を盛んに見物し、歌舞伎への理解を深めるために長唄を習うまでした。池波正太郎 フレッシュアイペディアより)

2399件中 11 - 20件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード

  • 通し狂言 しらぬい譚(ものがたり)

  • 雙生隅田川(ふたごすみだがわ)

  • 天才!志村どうぶつ園 新企画スタート!クリスマス2時間スペシャル