2997件中 11 - 20件表示
  • 韓国起源説

    韓国起源説から見た歌舞伎歌舞伎

    韓国起源説の対象は、侍、日本刀、剣道、空手といった武術・武道関連、歌舞伎や折り紙といった伝統文化、寿司や沢庵といった日本料理、「わっしょい」等の様々な日本語の語源、東洲斎写楽や天皇などの著名人物、熊本城や日本庭園や勾玉といった有形文化財、ソメイヨシノや秋田犬のような動植物、旭日旗のような日本の国旗に至るまで、分野や有形無形を問わず、日本の象徴とである様々なものに対して主張されている。韓国起源説 フレッシュアイペディアより)

  • 女装

    女装から見た歌舞伎歌舞伎

    平安時代には、女人禁制の寺院で僧侶が稚児と呼ばれていた少年を女装させて女性の代わりとする、といったことが日常的に行われるようになり、以降の男色・衆道といった同性愛文化の原点となった。また、江戸時代には歌舞伎の女形などの女装少年が体を売る陰間茶屋が武家などの上流階級だけでなく庶民階級の間でも流行したりするなど、女装は男色・衆道文化の重要な要素のひとつとなっていた。女装 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫

    三島由紀夫から見た歌舞伎歌舞伎

    公威は物差しやはたきを振り回すのが好きであったが没収され、車や鉄砲などの音の出る玩具も御法度となり、外での男の子らしい遊びも禁じられた。夏子は孫の遊び相手におとなしい年上の女の子を選び、公威に女言葉を使わせた。1930年(昭和5年)1月、5歳の公威は自家中毒に罹り、死の一歩手前までいく。病弱な公威のため、夏子は食事やおやつを厳しく制限し、貴族趣味を含む過保護な教育をした。その一方、歌舞伎、谷崎潤一郎、泉鏡花などの夏子の好みは、後年の公威の小説家および劇作家としての素養を培った。三島由紀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 浮世絵

    浮世絵から見た歌舞伎歌舞伎

    鳥居清信の時代になると墨摺絵に筆で着色したものが現れる。これらは主に赤い顔料を使い着色され、丹を使ったものを丹絵(たんえ)、紅を使ったものを紅絵(べにえ)と呼んだ。紅絵までは筆彩であったが、さらに紅絵に色を二、三色、版彩によって加えたものを紅摺絵(べにずりえ)と呼ぶ。この当時から鳥居派は歌舞伎と強く結びつき、現代でも歌舞伎の看板を手がけている。浮世絵 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎舞踊

    歌舞伎舞踊から見た歌舞伎歌舞伎

    (1)歌舞伎演目のなかに含まれる劇中舞踊。もしくはそれが独立したもの(例 『娘道成寺』)。歌舞伎舞踊 フレッシュアイペディアより)

  • 芸術断想

    芸術断想から見た歌舞伎歌舞伎

    『芸術断想』(げいじゅつだんそう)は、三島由紀夫の評論・随筆。三島が鑑賞した能、歌舞伎、戯曲、映画、オペラ、バレエなどの様々な評論と、それにまつわる芸術論を綴った随筆である。時にはその鋭い美的鑑賞眼で、俳優の演技や演出について辛辣に批評している。最後の章では、劇場めぐりをつづける観客および劇評家の心境として、安楽な椅子に座り最上の待遇にもかかわらず、〈示されるもの、見せられるもの〉を見るというその受動的な状況に、人間の本来の在り方から反する不自然さを感受し、〈観客〉などと十把一からげに呼称される〈芸術の享受者〉の立場の中には〈何か永遠に屈辱的なもの〉があると随想している。芸術断想 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た歌舞伎歌舞伎

    山川 静夫(やまかわ しずお、1933年2月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー、芸能評論家(特に歌舞伎)、エッセイスト。元NHKアナウンサー。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 名跡

    名跡から見た歌舞伎歌舞伎

    名跡の襲名は歌舞伎や落語等の寄席演芸、家元制度を採る各種の芸能、芸道に多く見られる、日本独特の制度・慣習の一種である。能楽、狂言、人形浄瑠璃、邦楽(能や歌舞伎から大衆的な津軽三味線まで)、日本舞踊と、日本の芸能のいずれの分野にも名跡襲名が存在する(日本共産党と関係を持つ劇団前進座、現代劇であるはずの新派・松竹新喜劇なども)。名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 常磐津節

    常磐津節から見た歌舞伎歌舞伎

    常磐津節(ときわづぶし/ときわずぶし)は、三味線音楽の一種。浄瑠璃を語る太夫と、三味線弾きで構成される。重要無形文化財(総合指定)。初代常磐津文字太夫(1709年-1781年)が、延享4年 (1747年) に豊後節より創設した。語り物の浄瑠璃の一つで、全盛期を迎えていた江戸歌舞伎とともに発展した。語りと歌との均衡が取れ、整然とまとめられた旋律「オトシ」と呼ばれる独自の技法を持ち、この特徴から常磐津節は劇付随音楽として歌舞伎など舞踊劇になくてはならない音曲といわれる。三味線方は、中棹の紅木三味線と象牙の撥(ばち)を用い、太夫の語りに合わせた絶妙な間合いで相方をつとめる。創流当初は佐々木市蔵などの佐々木姓、鳥羽屋里長などの鳥羽姓が見受けられるが、江戸時代を通して明治期に至るまで岸澤式佐を家元とする岸澤派が主流となる(現在は常磐津姓の三味線弾きが多数を占める)。また、歌舞伎出語りの時には、柿色の肩衣、蛸足と呼ばれる独自の見台を用いるのが特色である。現在では歌舞伎伴奏のほか、日本舞踊の伴奏音楽として、また、素浄瑠璃の演奏会などで頻繁に演奏されている。定紋は角木瓜、替紋は松皮菱である。常磐津節 フレッシュアイペディアより)

  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た歌舞伎歌舞伎

    三島由紀夫は少年時代から歌舞伎や能楽に親しんでいたが、近代能の創作動機については、明治・大正期の劇作家・郡虎彦が能の『鉄輪(かなわ)』『道成寺』『清姫』を原作そのままの時代の筋と、ホフマンスタール風なアレンジで近代的一幕物にしていたことからヒントを得たとし、自身の翻案意図との違いについては以下のように説明している。近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

2997件中 11 - 20件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード