2399件中 21 - 30件表示
  • 江の島

    江の島から見た歌舞伎歌舞伎

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹

    松竹から見た歌舞伎歌舞伎

    松竹株式会社(しょうちく、)は、日本の映画・演劇の制作・興行・配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。映画会社としては東宝・東映に並ぶ上場邦画3社の一角、かつての五社協定における大手5社の1つである。創業は1895年で、設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。松竹 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2007年

    訃報 2007年から見た歌舞伎歌舞伎

    9月20日 - 四代望月朴清、歌舞伎音楽囃子方、人間国宝(* 1934年)訃報 2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 文化防衛論

    文化防衛論から見た歌舞伎歌舞伎

    文化は「もの」として、安全に管理され,「人類共有の文化財」となるべき方向へ平和的に推進された。新生・日本にとって有効とされるものだけが文化として残され、あとは法律や政策で規制された。しばらくして歌舞伎の復讐劇やチャンバラ映画は復活したが、もはや菊の方面だけを愛でた日本人は過去に退行することがなかった。権力(占領軍)はそれを見越したから許可を与えたのだ。今も「文化主義」であることに変りはない。文化財に対する尊敬の念は否定できないが、いわゆる「博物館的の死んだ文化」のみが日本文化ではないのである。文化防衛論 フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た歌舞伎歌舞伎

    日本国政府は、重要無形文化財の保護を目的として、人間国宝(各個認定保持者)に対して年額200万円の特別助成金を交付している。保持団体に対しては伝承者養成事業や文化財公開事業に対してその経費の一部を助成している。国立劇場では能楽、文楽、歌舞伎などの後継者養成のための研修事業が行われている。人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • 岸澤式佐

    岸澤式佐から見た歌舞伎役者歌舞伎

    4代目式佐の実子で名を仲助。1825年11月中村座で5代目式佐を襲名。1833年6月に名古屋にて盛大な襲名披露、翌年同地で4代目の13回忌追善を行った。1853年に4代目古式部を襲名。4代目常磐津文字太夫(後の初代常磐津豊後大掾で歌舞伎役者の4代目市川門之助)の相三味線を勤める。その後4代目文字太夫と不和になるが実子6代目式佐の三味線で立語りとなった。岸澤式佐 フレッシュアイペディアより)

  • 楼門五三桐

    楼門五三桐から見た歌舞伎歌舞伎

    『楼門五三桐』(さんもん ごさんの きり)は、安永7年4月 (1778年4月) 大坂角の芝居で初演された歌舞伎の演目。初代並木五瓶作、全五幕。二段目の返し「南禅寺山門の場」を単独で上演するときは特に『山門』(さんもん)と通称される。初演時の外題は『金門五山桐』(きんもん ごさんの きり)、のちに改称されて現在の外題となった。楼門五三桐 フレッシュアイペディアより)

  • 大向う

    大向うから見た歌舞伎歌舞伎

    芝居小屋の三階正面席、またそこに坐る客を指す隠語・通言(歌舞伎座<1951年?2010年開設の4代目>では、構造上3階B席から幕見席あたりを指すものとして理解されている。)、つまり大向うとは、舞台上から見た客席の位置に由来する。主として歌舞伎で用いられ、安価な席にたびたび通ってくる見巧者の客(歌舞伎座が設けている幕見席とは、そうした客のための席だったともいえるだろう)を指す。「大向うを唸らせる」といえば、そういった芝居通をも感心させるほどの名演であることを意味する。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 市川段四郎 (2代目)

    市川段四郎 (2代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    二代目 市川段四郎(にだいめ いちかわ だんしろう、安政2年7月21日(1855年9月2日) - 大正11年(1922年)2月6日)は明治・大正時代の歌舞伎役者。初代市川猿之助として知られる。屋号は澤瀉屋。紋は、市川段四郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • おきん

    おきんから見た歌舞伎歌舞伎

    おきん(1618年 - 1664年11月14日)は、江戸時代前期に実在したとされる人物であり、日本の侠客・幡随院長兵衛の妻である。歌舞伎等では長兵衛女房 お時(ちょうべいにょうぼう おとき)として知られる人物である。おきん フレッシュアイペディアより)

2399件中 21 - 30件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード