2997件中 31 - 40件表示
  • 河竹黙阿弥

    河竹黙阿弥から見た歌舞伎歌舞伎

    河竹 黙阿弥(かわたけ もくあみ、旧字体:默阿彌、文化13年2月3日(1816年3月1日) - 明治26年(1893年)1月22日)は、江戸時代幕末から明治にかけて活躍した歌舞伎狂言作者。本名は吉村 芳三郎(よしむら よしさぶろう)。俳名に其水(そすい)。別名に古河 黙阿弥(ふるかわ-)。江戸日本橋生まれ。河竹黙阿弥 フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た歌舞伎歌舞伎

    日本国政府は、重要無形文化財の保護を目的として、人間国宝(各個認定保持者)に対して年額200万円の特別助成金を交付している。保持団体に対しては伝承者養成事業や文化財公開事業に対してその経費の一部を助成している。国立劇場では能楽、文楽、歌舞伎などの後継者養成のための研修事業が行われている。人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • 関西歌舞伎

    関西歌舞伎から見た丸本物歌舞伎

    上方歌舞伎は江戸歌舞伎とともに歌舞伎の両輪をなし、江戸歌舞伎が荒事と言う勇壮な芸を作り出したのに対し、和事とよばれる柔らか味のある芸を形成している。廻り舞台やセリ上げなどの舞台機構も上方で生まれるなど18世紀ころは上方歌舞伎の方が進んでいた。丸本物とよばれる人形浄瑠璃の歌舞伎化したものや、石川五右衛門など天下を狙う悪人が大活躍するお家騒動物などの脚本が多い。筋は複雑で喜劇的要素が見られる。全体的に趣向に富むが独創性に乏しく、19世紀後半の並木五瓶以後は、江戸歌舞伎の四代目鶴屋南北や二代目河竹新七(黙阿弥)のような優れた作者は出なかった。このため今日上演される歌舞伎には、丸本物を除いて、上方系の作品が少ない。わずかに金澤龍玉作『渡雁恋玉章』(雁のたより)、近松徳三作『伊勢音頭恋寝刃』(伊勢音頭)、奈川亀輔作『敵討天下茶屋聚』(天下茶屋)あたりが残るくらいである。関西歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た歌舞伎歌舞伎

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。寿永元年(1182年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 萬屋錦之介

    萬屋錦之介から見た歌舞伎歌舞伎

    萬屋 錦之介(よろずや きんのすけ、1932年(昭和7年)11月20日 - 1997年(平成9年)3月10日)は、中村 錦之助(なかむら きんのすけ)として歌舞伎役者、屋号は萬屋、定紋は桐蝶。また映画・テレビの時代劇俳優。映画・舞台制作会社中村プロダクション社長。愛称は萬錦(よろきん)。東映俳優労働組合委員長。萬屋錦之介 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た歌舞伎歌舞伎

    初代三波(歌舞伎・勧進帳)→ゲスト出演者(ステッキを振り回すピエロ)→(1977年3月27日まで)5代目圓楽(歌舞伎・助六由縁江戸桜)→歌丸(フラメンコ)→4代目小圓遊(歌舞伎・弁天娘女男白浪)→6代目圓窓(しっかり者のスズの兵隊)→こん平(シンデレラ)→木久蔵(鞍馬天狗)→松崎(ローン・レンジャー)→スタッフ(太神楽)笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 馬田昌調

    馬田昌調から見た歌舞伎歌舞伎

    1811年(文化8年)、近松徳三の歌舞伎狂言『朝顔日記』をもとに、読本『朝顔日記』を出版。昌調の読本版『朝顔日記』は好評を博し、さらに歌舞伎狂言や人形浄瑠璃への改作が行われた。歌舞伎・浄瑠璃では『生写朝顔話』(あるいは『生写朝顔日記』)として上演されている。馬田昌調 フレッシュアイペディアより)

  • 東西声

    東西声から見た歌舞伎歌舞伎

    東西声(とうざいごえ)は歌舞伎や人形浄瑠璃の序びらき、口上の前などに「東西、東西」と裏から声を掛けること。またその声。開始の合図である。東西声 フレッシュアイペディアより)

  • 安宅

    安宅から見た歌舞伎歌舞伎

    如意の渡しでの話がもとになっていて義経主従が奥州に落ちる途中、安宅の関で関守富樫某(富樫泰家とされる)にとめられ弁慶がいつわりの勧進帳(寺院などの建立にあたって寄進を集めるための公認の趣意書)を読んでその場を逃れた逸話を描く。後世、浄瑠璃、歌舞伎などに展開してゆく義経物(判官物とも)の代表的作品である。安宅 フレッシュアイペディアより)

  • 黒衣

    黒衣から見た歌舞伎歌舞伎

    黒衣(くろご)は、歌舞伎や人形浄瑠璃で、観客からは見えないという約束事のもとに舞台上に現われ、後見として役者や人形遣いを助けたり、小道具を役者に渡したり舞台から下げたりする係。また彼らが着用する黒づくめの特殊な衣装のこと。黒具(くろぐ)ともいう。黒衣 フレッシュアイペディアより)

2997件中 31 - 40件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード