2997件中 41 - 50件表示
  • Beauty うつくしいもの

    Beauty うつくしいものから見た歌舞伎歌舞伎

    ふたりが初めて演じ、大成功を押さえた歌舞伎演目「新口村(にのくちむら)」。その「新口村」の物語をなぞるが如く運命に翻弄されるふたり。Beauty うつくしいもの フレッシュアイペディアより)

  • みゆき (画家)

    みゆき (画家)から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎・落語の世界を猫で表現したオリジナルブランド『和福猫(わふくねこ)』を立ち上げる。みゆき (画家) フレッシュアイペディアより)

  • 市川段四郎 (2代目)

    市川段四郎 (2代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    二代目 市川段四郎(にだいめ いちかわ だんしろう、1855年9月2日(安政2年7月21日) - 1922年(大正11年)2月6日)は明治・大正時代の歌舞伎役者。初代市川猿之助として知られる。屋号は澤瀉屋。紋は、市川段四郎 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿之助

    市川猿之助から見た歌舞伎歌舞伎

    市川 猿之助(いちかわ えんのすけ)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三つ猿。市川猿之助 フレッシュアイペディアより)

  • 砥上ヶ原

    砥上ヶ原から見た歌舞伎歌舞伎

    砥上ヶ原(とがみがはら)は、神奈川県藤沢市南部の荒野を指す古地名である。鎌倉時代よりいくつかの和歌に詠まれ、幕末には歌舞伎の科白に出てくることから知られるようになった。砥上が原、とがみが原あるいは砥上原とも表記される。砥上ヶ原 フレッシュアイペディアより)

  • 心中物

    心中物から見た歌舞伎歌舞伎

    心中物(しんじゅうもの、歴史的仮名遣:しんぢゆうもの)とは、心中や情死を題材とした江戸時代の人形浄瑠璃・歌舞伎・歌謡のジャンルのひとつ。近松門左衛門の人形浄瑠璃で知られる。心中物 フレッシュアイペディアより)

  • 望月朴清

    望月朴清から見た歌舞伎歌舞伎

    望月 朴清(もちづき ぼくせい)は、歌舞伎の長唄囃子方の名跡。本来は3代目望月太左衛門の俳名。望月朴清 フレッシュアイペディアより)

  • 七段目

    七段目から見た歌舞伎歌舞伎

    常軌を逸した芝居マニアの若旦那は、家業そっちのけで芝居小屋に出入りしている。私生活もすっかり歌舞伎一色に染まってしまい、何をやっても芝居のセリフになってしまうのだ。例えば、人力車を停めようとするだけでもつい芝居がかってしまい、車の前に飛び出して「そのくるまァ、やァらァぬゥー」。七段目 フレッシュアイペディアより)

  • 日本髪

    日本髪から見た歌舞伎歌舞伎

    日本髪文化は、歌舞伎、時代劇、花柳界、結婚産業以外では殆ど衰退したが、現在では正月等の晴れ着の場合に新日本髪を結う場合が多い。日本髪 フレッシュアイペディアより)

  • 権三助十

    権三助十から見た歌舞伎歌舞伎

    『権三助十』(ごんざすけじゅう)は、 18世紀以降に成立したとされる講談『大岡政談』の一挿話である。『小間物屋彦兵衛』のエピソードの登場人物、駕籠舁(かごかき)の権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)を主人公にしたスピンオフ作品であり、歌舞伎、浪曲、映画として多く題材に取り上げられ、上演あるいは製作・公開された。映画化の際のタイトルを中心に『権三と助十』(ごんざとすけじゅう)とも呼ばれるが、これはもっぱら、この挿話を下敷きにした岡本綺堂の戯曲を指す。権三助十 フレッシュアイペディアより)

2997件中 41 - 50件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード