2399件中 41 - 50件表示
  • 宇野信夫

    宇野信夫から見た歌舞伎歌舞伎

    宇野 信夫(うの のぶお、1904年7月7日 - 1991年10月28日)は、日本の劇作家、作家、歌舞伎作者、狂言作者。宇野信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 三木竹二

    三木竹二から見た歌舞伎歌舞伎

    三木 竹二(みき たけじ、慶応3年9月5日(1867年10月2日) - 明治41年(1908年)1月10日)は、明治を代表する劇評家で、医者。本名は森 篤次郎(もり とくじろう)。歌舞伎の型などを研究し、歌舞伎批評に客観的な基準を確立した。近年、初めてその劇評をまとめた『観劇偶評』(渡辺保編、岩波文庫、2004年)が刊行された。実兄が作家の森鴎外、実妹が翻訳家・歌人・随筆家の小金井喜美子。三木竹二 フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た歌舞伎歌舞伎

    2009年4-5月 「極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)」松井今朝子知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

  • 東西声

    東西声から見た歌舞伎歌舞伎

    東西声(とうざいごえ)は歌舞伎や人形浄瑠璃の序びらき、口上の前などに「東西、東西」と裏から声を掛けること。またその声。開始の合図である。東西声 フレッシュアイペディアより)

  • 中村歌右衛門 (6代目)

    中村歌右衛門 (6代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    生涯を通じて歌舞伎に専念し、戦後の歌舞伎界における女形の最高峰と呼ばれた。歌舞伎と舞踊以外の演劇活動は行わず、映画やテレビドラマに出演することもなかった。中村歌右衛門 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 新派

    新派から見た歌舞伎歌舞伎

    こうして新派は離合集散繰をり返しながら人気を高めていった。新派は歌舞伎の牙城歌舞伎座でも興行し、また歌舞伎役者が新派の演目に出演することもあった。歌舞伎が「旧劇」「旧派」であるのに対する呼称として「新派」と呼び分ける習いも1900年代初め(明治30年代)には定着した。新派 フレッシュアイペディアより)

  • 安宅

    安宅から見た歌舞伎歌舞伎

    如意の渡しでの話がもとになっていて義経主従が奥州に落ちる途中、安宅の関で関守富樫某(富樫泰家とされる)にとめられ弁慶がいつわりの勧進帳(寺院などの建立にあたって寄進を集めるための公認の趣意書)を読んでその場を逃れた逸話を描く。後世、浄瑠璃、歌舞伎などに展開してゆく義経物(判官物とも)の代表的作品である。安宅 フレッシュアイペディアより)

  • 大夫

    大夫から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎 : 江戸時代の歌舞伎の一座で座元のこと。座元の息子や跡継ぎを「若太夫」とも称した。立女形への尊称。大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 新国劇

    新国劇から見た歌舞伎歌舞伎

    1917年、芸術座(第1次。島村抱月主宰)を脱退した澤田正二郎らによって結成。歌舞伎よりもリアルな立ち回りを多用した時代物で男性客の人気を得た。新国劇 フレッシュアイペディアより)

  • 永谷園

    永谷園から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎特有のメーキャップである隈取を登録商標としている。永谷園 フレッシュアイペディアより)

2399件中 41 - 50件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード