2399件中 61 - 70件表示
  • 浜本正勝

    浜本正勝から見た歌舞伎歌舞伎

    ハワイのハイスクールをトップクラスの成績で卒業した後、当期のアジア人の中で唯一、ハーバード大学に入学し、大学院の聴講を許された大変な秀才であった。昭和2年(1927年)に卒業論文を全文ラテン語で執筆してハーバード大学法学部(国際公法専攻)を卒業後、帰国。次いで慶應義塾大学文学部に入って江戸文学を専攻。井原西鶴や近松門左衛門、松尾芭蕉、古典落語、講談、浪曲、歌舞伎に親しみ、日本文化の深層部分を学んだ。石坂洋次郎、三木清らと交友する。浜本正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜利

    大喜利から見た歌舞伎歌舞伎

    おもに演芸の興行において、その日の最後に出る演目。歌舞伎における大切(おおぎり)が語源。演芸の世界では「切」の字は縁起が悪いということで、これを佳字に当て字して「喜利」とした。→ 詳細は「大切」の項を参照。大喜利 フレッシュアイペディアより)

  • 河東節

    河東節から見た歌舞伎歌舞伎

    初期には半太夫節に式部節などを加味した語り口を持味にし、庶民からひろく支持された浄瑠璃であったが、後には豊後節や常磐津節によって人気を奪われ、このため豊後節禁止を幕府に働きかけるなどの策を弄したことでも知られる。江戸中期以降は人気、歌舞伎の伴奏音楽の地位をともに奪われ、主にお座敷での素浄瑠璃として富裕層に愛好された。特に吉原との関係は深く、二代目(??1734)、三代目(??1745)の河東は吉原に暮らし、初代、二代、三代の蘭洲は妓楼の主であったといわれる。河東節 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵屋の辻の決闘

    鍵屋の辻の決闘から見た歌舞伎歌舞伎

    この仇討ちは江戸時代から歌舞伎、浄瑠璃、講談などの題材となり大衆の人気を集めた。近現代になってからも映画、テレビドラマ、時代小説などで数多く題材として取り上げられている。鍵屋の辻の決闘 フレッシュアイペディアより)

  • 権三助十

    権三助十から見た歌舞伎歌舞伎

    『権三助十』(ごんざすけじゅう)は、 18世紀以降に成立したとされる講談『大岡政談』の一挿話である。『小間物屋彦兵衛』のエピソードの登場人物、駕籠舁(かごかき)の権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)を主人公にしたスピンオフ作品であり、歌舞伎、浪曲、映画として多く題材に取り上げられ、上演あるいは製作・公開された。映画化の際のタイトルを中心に『権三と助十』(ごんざとすけじゅう)とも呼ばれるが、これはもっぱら、この挿話を下敷きにした岡本綺堂の戯曲を指す。権三助十 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勘三郎 (17代目)

    中村勘三郎 (17代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    十七代目 中村 勘三郎(じゅうしちだいめ なかむら かんざぶろう、1909年(明治42年)7月29日 - 1988年(昭和63年)4月16日)は、昭和に活躍した歌舞伎役者。屋号は中村屋。定紋は角切銀杏、替紋は丸に舞鶴。本名は波野 聖司(なみの せいじ)。中村勘三郎 (17代目) フレッシュアイペディアより)

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎・人形浄瑠璃(文楽)の演目『仮名手本忠臣蔵』(假名手本忠臣藏)の通称。忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 地歌

    地歌から見た歌舞伎歌舞伎

    三味線を用いた音楽としては、初期に上方(京阪地方)で成立していた地歌は、元禄頃までは江戸でも演奏されていた。その後、江戸では歌舞伎舞踊の伴奏音楽としての長唄へと変化、また河東節などの浄瑠璃音楽の普及によって、本来の地歌そのものはしだいに演奏されなくなっていった。地歌 フレッシュアイペディアより)

  • 印南高一

    印南高一から見た歌舞伎歌舞伎

    1962年(昭和37年)3月29日、東京体育館での日本俳優協会主催の俳優祭にて、河竹繁俊監修、市川猿之助演出、坪内逍遙翻訳による『ジュリアス・シーザー』の脚本を担当し、NHKが録画放送をした。出演は、歌舞伎役者、劇団新派、劇団新国劇の総出演。大矢市次郎(ジュリアスシーザー役)、八代目 松本幸四郎(ブルータス役)、八代目 市川中車(アントニー役)、霧立のぼる(ポーシャ役)、伊志井寛(予言者役)、三代目 市川左團次(リューシリヤス役)、七代目 中村芝翫(フレービアス役)、二代目尾上九朗右衛門(カスカ役)、十代目 市川高麗蔵(シンナー役)、十六代目 市村家橘(メデラス役)、九代目 市川八百蔵(ライゲリヤス役)、五代目 市川九蔵(パブリヤス役)、三代目 市川猿之助(シーザーの従者役)、二代目 中村芝鶴(ナレーター)他。印南高一 フレッシュアイペディアより)

  • 玉藻前

    玉藻前から見た歌舞伎歌舞伎

    玉藻前の物語は最も早くには史書の『神明鏡』の鳥羽院の条に見られる。次いで能の『殺生石』、御伽草子の『玉藻の草子』がある。近世には浄瑠璃に仕組まれ、紀海音の『殺生石』、 浪岡橘平・浅田一鳥・安田蛙桂の『玉藻前曦袂』(たまものまえあさひのたもと)が知られる。 高井蘭山の『絵本三国妖婦伝』では、それまで簡略に片付けられていた唐土・天竺の条が拡張された。これが好評を博したことで、玉藻前の物語が流行し、歌舞伎や小説が盛んに作られた。玉藻前 フレッシュアイペディアより)

2399件中 61 - 70件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード