2997件中 61 - 70件表示
  • 三幕構成

    三幕構成から見た歌舞伎歌舞伎

    日本における序破急 (三幕構成) は、雅楽の舞楽に起源があり、能、浄瑠璃および歌舞伎などにおいて、中近世より伝統的に用いられてきた脚本構成である。現代の日本において、しばしば脚本構成として教授される起承転結 (起承転合) は、漢詩における近体詩の構成法である。三幕構成 フレッシュアイペディアより)

  • 引幕

    引幕から見た歌舞伎歌舞伎

    引幕(ひきまく)とは、舞台などで、左右に引いて開閉する幕のこと。歌舞伎の定式幕もまた、引幕の一種である。引幕 フレッシュアイペディアより)

  • 大夫

    大夫から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎 : 江戸時代の歌舞伎の一座で座元のこと。座元の息子や跡継ぎを「若太夫」とも称した。立女形への尊称。大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 地歌

    地歌から見た歌舞伎歌舞伎

    三味線を用いた音楽としては、初期に上方(京阪地方)で成立していた地歌は、元禄頃までは江戸でも演奏されていた。その後、江戸では歌舞伎舞踊の伴奏音楽としての長唄へと変化、また河東節などの浄瑠璃音楽の普及によって、本来の地歌そのものはしだいに演奏されなくなっていった。地歌 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄1〜電車でバトル!〜

    鉄1〜電車でバトル!〜から見た歌舞伎歌舞伎

    登場する電車は各国の国旗などをモチーフにした架空の電車となり、実在の車両をモデルとしたものは登場しなくなった。ただし完全に架空のものとは言い切れない。詳細は後述。)。隠し電車には、ネコ電車や歌舞伎電車などがあり、海外で発売したバージョンを思わせる遊び要素が入っている。鉄1〜電車でバトル!〜 フレッシュアイペディアより)

  • 中村歌右衛門 (6代目)

    中村歌右衛門 (6代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    生涯を通じて歌舞伎に専念し、戦後の歌舞伎界における女形の最高峰と呼ばれた。歌舞伎と舞踊以外の演劇活動は行わず、映画やテレビドラマに出演することもなかった。中村歌右衛門 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 鶴屋南北 (4代目)

    鶴屋南北 (4代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    四代目 鶴屋 南北(よだいめ つるや なんぼく、宝暦5年(1755年) - 文政12年11月27日(1829年12月22日))は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎狂言の作者。鶴屋南北 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た歌舞伎歌舞伎

    職業においても薬売りや読売り(瓦版)などの物売りと、米屋や材木屋など糠や木屑をかぶる職種などでもその手拭を利用した被り方に差異が生まれ、また古典芸能の落語や日本舞踊の見立てとしての小道具としても使用されたり、祭りなどの衣装として、その特徴付けや役割によって被り方などが、多岐になっていった。歌舞伎で被り物や衣装としても、様々な場面や役柄で使われ、庶民に与えた影響も大きく、名称のない被り方が、歌舞伎に由来して名付けられたり、また歌舞伎の演目で使われた被り方が、その演目の話(心中、駆け落ちもの)と同じことが世相に反映した結果、被り方(道行など)までが流行ったとされている。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た歌舞伎役者歌舞伎

    そのほかには、お年玉など時節や節句の縁起物としての贈答や、餞別や心付けから大入りや興行の景気付けの祝儀や見舞いの不祝儀としても配られ、特に人気商売であった歌舞伎役者や大相撲の力士や落語家などが、贔屓筋や客に名入りや自身を表す紋の入った手拭を名刺代わりに配った。その他にも大店などの商店が、宣伝を兼ねて屋号の入ったものを顧客に配っただけでなく、屋台などの暖簾などに使用されたり、本来の汗や水の吸水の目的だけでなく様々な用途の広がりをみせていった。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 嵐徳三郎 (6代目)

    嵐徳三郎 (6代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    六代目 嵐 徳三郎(ろくだいめ あらし とくさぶろう、明治16年(1883年)3月24日 - 昭和30年(1955年)11月8日)は、大阪の歌舞伎役者、日本の映画俳優である。本名、「小林徳太郎」。嵐徳三郎 (6代目) フレッシュアイペディアより)

2997件中 61 - 70件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード