2399件中 71 - 80件表示
  • 片岡仁左衛門 (13代目)

    片岡仁左衛門 (13代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    十三代目 片岡 仁左衛門(じゅうさんだいめ かたおか にざえもん、1903年(明治36年)12月15日 - 1994年(平成6年)3月26日)は歌舞伎役者。本名:片岡千代之助(かたおか ちよのすけ)。片岡仁左衛門 (13代目) フレッシュアイペディアより)

  • 仮名手本忠臣蔵

    仮名手本忠臣蔵から見た歌舞伎歌舞伎

    『仮名手本忠臣蔵』(かなでほん ちゅうしんぐら、旧字体:假名手本忠臣藏)は、元禄赤穂事件を題材とした人形浄瑠璃および歌舞伎の代表的な演目。仮名手本忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た歌舞伎歌舞伎

    職業においても薬売りや読売り(瓦版)などの物売りと、米屋や材木屋など糠や木屑をかぶる職種などでもその手拭を利用した被り方に差異が生まれ、また古典芸能の落語や日本舞踊の見立てとしての小道具としても使用されたり、祭りなどの衣装として、その特徴付けや役割によって被り方などが、多岐になっていった。歌舞伎で被り物や衣装としても、様々な場面や役柄で使われ、庶民に与えた影響も大きく、名称のない被り方が、歌舞伎に由来して名付けられたり、また歌舞伎の演目で使われた被り方が、その演目の話(心中、駆け落ちもの)と同じことが世相に反映した結果、被り方(道行など)までが流行ったとされている。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 手拭

    手拭から見た歌舞伎役者歌舞伎

    そのほかには、お年玉など時節や節句の縁起物としての贈答や、餞別や心付けから大入りや興行の景気付けの祝儀や見舞いの不祝儀としても配られ、特に人気商売であった歌舞伎役者や大相撲の力士や落語家などが、贔屓筋や客に名入りや自身を表す紋の入った手拭を名刺代わりに配った。その他にも大店などの商店が、宣伝を兼ねて屋号の入ったものを顧客に配っただけでなく、屋台などの暖簾などに使用されたり、本来の汗や水の吸水の目的だけでなく様々な用途の広がりをみせていった。手拭 フレッシュアイペディアより)

  • 大衆演劇

    大衆演劇から見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎や通常の商業演劇と比べ)安い料金で観劇できること。大衆演劇 フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿之助

    市川猿之助から見た歌舞伎歌舞伎

    市川 猿之助(いちかわ えんのすけ)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三つ猿。市川猿之助 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た歌舞伎歌舞伎

    マキノ光雄とともに美空ひばりを引き抜いた時、最終的な交渉の席にいたのがひばりの母・加藤喜美枝ともう一人の親代わりだった山口組の田岡一雄組長。田岡は「ひばりをタイトル・ロールの常に一番右におくこと(書き出し)」を条件の一つに付けた。「それはできません」と岡田が答えると、田岡は「なんでや!」と語気を強め、じろりと岡田の目を凝視した。岡田はとっさに「いつも右だと他のスターが共演しません。中村錦之助や大川橋蔵は、なにしろ歌舞伎界の出だから序列には特別うるさい。これはケース・バイ・ケースでいきましょう」と切り返すと、田岡は「ケース・バイ・ケース? ええ言葉出たな。どうするお母さん、それでええか?」その時、ひばりが『いいわよ。岡田さんの言い方が当たり前よ。私は東映の看板俳優の人たちと共演したくて契約したのだから』と言い、母親も賛成してくれた。ひばりの毅然とした態度で最大の難関を通過できた。マキノは恐くてたまらなかったという。高岩淡の証言では、この時の料亭での話し合いには、ひばりとマキノはおらず、岡田と田岡、加藤喜美枝の三者による話し合いで、田岡、加藤が「ひばりの名前を出演者のトップに出せ」と言って聞かないので、「歌舞伎界の御曹司(中村錦之助)をトップにしないわけにはいかない。今回はひばりさんはトメ(出演者の最後)にしてください。ひばりさんをトップにするなら、相手役は里見浩太朗になりますよ」と、岡田がはっきり言い返したので、田岡が感心して「この人の言うとおりや」と逆に加藤を論したという。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 死神 (日本)

    死神 (日本)から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代後期の随筆作者・三好想山による嘉永3年(1850年)の随筆『想山著聞奇集』のうちの「死に神の付たると云は嘘とも云難き事」は、死神の取り憑いた女郎が男を心中に誘う話であり、河竹黙阿弥による明治19年(1886年)上演の歌舞伎『盲長屋梅加賀鳶』も、人間の思考の中に死神が入り込み、その者が自分の犯した悪事を思い起こして死にたくなるという話である。これらは神よりも幽鬼(ゆうき:亡霊や幽霊のこと)、または悪霊に近いものと考えられている。死神 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た歌舞伎歌舞伎

    物真似や軽業・曲芸、奇術、幻術、人形まわし、踊りなど、娯楽的要素の濃い芸能の総称として散楽が発達し、そのうちの物真似芸を起源とする猿楽は、後に観阿弥、世阿弥らによって能へと発展した。曲芸的な要素の一部は、後に歌舞伎に引き継がれた。滑稽芸は狂言や笑いを扱う演芸になり、独自の芸能文化を築いていった。奇術は近世初期に「手妻」となった。散楽のうち人形を使った諸芸は傀儡(くぐつ)となり、やがて人形浄瑠璃(文楽)へと引き継がれていった。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿方言

    近畿方言から見た歌舞伎歌舞伎

    上方言葉が権威ある言葉とされた江戸中期まで、江戸の上級武士・富裕層・教養層は上方言葉を真似て話していたとされる。その後江戸言葉の地位向上に伴って上方風の話し方は廃れたが、一方で上方風の言い回しは「老人の言葉」「権威者の言葉」として歌舞伎や戯作などでステレオタイプ化されていった。これが「わしは知らぬのじゃ」のような老人や古風な権威者(殿様など)の役割語の起源である(老人語も参照)。近畿方言 フレッシュアイペディアより)

2399件中 71 - 80件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード