2997件中 71 - 80件表示
  • 中村蝶之介

    中村蝶之介から見た歌舞伎歌舞伎

    中村 蝶之介(なかむら ちょうのすけ、1976年(昭和51年)9月24日 - )は俳優、歌舞伎役者。屋号は播磨屋、定紋は揚羽蝶。中村蝶之介 フレッシュアイペディアより)

  • 中村獅童 (初代)

    中村獅童 (初代)から見た歌舞伎役者歌舞伎

    初代 中村獅童(しょだい なかむら しどう、1929年(昭和4年)9月28日 - 2008年(平成20年)10月11日)は、歌舞伎役者、映画プロデューサー。中村獅童 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 日本文学

    日本文学から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代。お伽草子の流れを汲み、仮名草子や井原西鶴らの浮世草子がうまれた。また、歌舞伎や浄瑠璃が興り人気を博した。俳諧が盛んになり、松尾芭蕉、小林一茶といった人々が活躍した。日本文学 フレッシュアイペディアより)

  • 新国劇

    新国劇から見た歌舞伎歌舞伎

    1917年、芸術座(第1次。島村抱月主宰)を脱退した澤田正二郎らによって結成。歌舞伎よりもリアルな立ち回りを多用した時代物で男性客の人気を得た。また、この頃は野球部を保有していた。新国劇 フレッシュアイペディアより)

  • やつし

    やつしから見た歌舞伎歌舞伎

    俳諧は和歌や連歌を簡略化した、やつしの文学と言える。わびを志向する蕉風俳諧では、茶道と同様の意識的なみすぼらしさや、隠者的な暮らしぶりなどをテーマとした。また、寛文期には歌舞伎のやつし芸の流行を受け、和漢の古典を下敷きにして当世の風俗を詠む趣向も見られる。やつし フレッシュアイペディアより)

  • 紋付

    紋付から見た歌舞伎歌舞伎

    その形状は通常の小袖(長着)と特に異なるところはなく、背中の中央部、両袖の後側、両胸の部分に紋が入っているところが特徴である。以上の五箇所に紋があるものを五つ紋と呼び、これが正式の紋付小袖のかたちであるが(これは大紋の紋の入れ方を受継いだもの)、両袖を略した三つ紋、背中の紋のみの一つ紋の紋付もあり、準礼装として通用する。小袖の模様は熨斗目もしくは無地であるが、現在では無地のみが用いられ、熨斗目小袖の紋付は歌舞伎や時代劇の衣装として残るのみである。裃において無地の紋付小袖を用いることは江戸期においては略装であったが、現在では正式の着用方法として行われている。紋付 フレッシュアイペディアより)

  • 河東節

    河東節から見た歌舞伎歌舞伎

    初期には半太夫節に式部節などを加味した語り口を持味にし、庶民からひろく支持された浄瑠璃であったが、後には豊後節や常磐津節によって人気を奪われ、このため豊後節禁止を幕府に働きかけるなどの策を弄したことでも知られる。江戸中期以降は人気、歌舞伎の伴奏音楽の地位をともに奪われ、主にお座敷での素浄瑠璃として富裕層に愛好された。特に吉原との関係は深く、二代目(??1734)、三代目(??1745)の河東は吉原に暮らし、初代、二代、三代の蘭洲は妓楼の主であったといわれる。河東節 フレッシュアイペディアより)

  • 善福寺 (大阪市)

    善福寺 (大阪市)から見た歌舞伎歌舞伎

    平成19年(2007年)、どんどろ大師善福寺境内にある勝軍地蔵尊の建立100年と、2009年(平成21年)に、どんどろ大師善福寺中興當地開創百年を迎えることから、この2つの百年を記念して、平成21年(2009年)山門前に、歌舞伎「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師門前の場」に登場する「お弓 おつる」母子像の銅像が建立された。善福寺 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 大向う

    大向うから見た歌舞伎歌舞伎

    芝居小屋の向う桟敷の後方、舞台から最も遠い客席のこと(歌舞伎座では、構造上3階B席から幕見席あたりを指すものとして理解されている)。またそこに坐る客を指す隠語・通言。主として歌舞伎で用いられ、安価な席にたびたび通ってくる見巧者の客を指す。「大向うを唸らせる」といえば、そういった芝居通をも感心させるほどの名演であることを意味する。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 知るを楽しむ

    知るを楽しむから見た歌舞伎歌舞伎

    2009年4 - 5月:「極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)」松井今朝子知るを楽しむ フレッシュアイペディアより)

2997件中 71 - 80件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード