2399件中 81 - 90件表示
  • 義経=ジンギスカン説

    義経=ジンギスカン説から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代になると、『義経記』は元和木活字本により広く流布し、寛永年間(1624年-1643年)の流布本によって本格的に読まれるようになり、浄瑠璃、歌舞伎、狂言、読本などにもさかんに取り入れられていくが、こうしたなかで、義経不死伝説と「御曹子島渡」説話が互いに結びつき、義経は自刃したとみせかけて、実は蝦夷地にわたったという伝説(源義経北行伝説)となって成立した。義経=ジンギスカン説 フレッシュアイペディアより)

  • 市川猿翁 (2代目)

    市川猿翁 (2代目)から見た歌舞伎歌舞伎

    二代目 市川 猿翁(にだいめ いちかわ えんおう、1939年(昭和14年)12月9日 - )は、日本の俳優、演出家、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。俳名に華果(かか)がある。また、紫派藤間流二代目家元として二代目藤間紫を名乗る。「猿翁」は隠居名で、49年間にわたって使い続けた三代目 市川 猿之助(さんだいめ いちかわ えんのすけ)としても広く知られる。本名は喜熨斗 政彦(きのし まさひこ)。市川猿翁 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 望月朴清

    望月朴清から見た歌舞伎歌舞伎

    望月 朴清(もちづき ぼくせい)は、歌舞伎の長唄囃子方の名跡。本来は3代目望月太左衛門の俳名。望月朴清 フレッシュアイペディアより)

  • にほんごであそぼ

    にほんごであそぼから見た歌舞伎歌舞伎

    歌舞伎のコーナーに登場。片目だけ歌舞伎の化粧をして着物を着ている(内容によっては女形で登場)。2010年から登場。にほんごであそぼ フレッシュアイペディアより)

  • 津田雅美

    津田雅美から見た歌舞伎歌舞伎

    日本の歴史や文化が好きで、中でも相撲・柔道・歌舞伎を好む。特に相撲は、力士は安美錦、実況アナウンサーは吉田賢に心酔している。本人のこの嗜好は「ちょっと江戸まで」で生かされており、「歌舞伎好きで相撲好きったら江戸だろうって気も」と記している。ただし、同作連載前は「江戸だけはありえない」と言っていた。津田雅美 フレッシュアイペディアより)

  • 日本文学

    日本文学から見た歌舞伎歌舞伎

    江戸時代。お伽草子の流れを汲み、仮名草子や井原西鶴らの浮世草子がうまれた。また、歌舞伎や浄瑠璃が興り人気を博した。俳諧が盛んになり、松尾芭蕉、小林一茶といった人々が活躍した。日本文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2月18日

    2月18日から見た歌舞伎歌舞伎

    1903年 - 尾上菊五郎 (5代目)、歌舞伎役者(* 1844年)2月18日 フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見た歌舞伎歌舞伎

    だだんだんのボディをベースに作成した歌舞伎役者型のロボット。だだんだんの顔の上に隈取が施されており、パワーアップすると鬼面になる。真っ赤な長い髪の毛を触手のように操ってお祭りのご馳走を横取りしたり、向かってくる相手を捕まえたりする。両腕のロケットパンチも強力。アンパンマン、メロンパンナ、おむすびまんを苦戦させたが、おむすびまん直伝のおむすびを頭に入れてパワーアップしたどんぶりまんトリオの活躍で逆転された。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • 1927年

    1927年から見た歌舞伎歌舞伎

    8月8日 - 岩井半四郎 (10代目)、俳優・歌舞伎役者(+ 2011年)1927年 フレッシュアイペディアより)

  • 1946年

    1946年から見た歌舞伎歌舞伎

    8月6日 - 市川團十郎 (12代目)、俳優・歌舞伎役者(+ 2013年)  1946年 フレッシュアイペディアより)

2399件中 81 - 90件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード