194件中 91 - 100件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た仮名手本忠臣蔵

    終戦後、GHQは日本の民主化と軍国主義化の払拭との理由から「仇討ち物」や「身分社会を肯定する」の演目の上演を禁止した。しかし、マッカーサーの副官バワーズの進言で、古典的な演目の制限が解除され、昭和22年(1947年)11月、東京劇場で東西役者総出演による『仮名手本忠臣蔵』の通し興行が行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た三味線

    その後、「かぶき踊」は遊女屋で取り入れられ(遊女歌舞伎)、当時各地の城下町に遊里が作られていた事もあり、わずか10年あまりで全国に広まった。今日でも歌舞伎の重要要素の一つである三味線が舞台で用いられるようになったのも、遊女歌舞伎においてである。当時最新の楽器である三味線をスターが弾き、五六十人の遊女を舞台へ登場させ、虎や豹の毛皮を使って豪奢な舞台を演出し、数万人もの見物を集めたという。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た国性爺合戦

    国性爺合戦』二段目「獅子ヶ城楼門の場」→『楼門』(ろうもん)歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た浅草

    平成中村座:十八代目中村勘三郎と演出家の串田和美らが中心となって浅草の隅田公園内に江戸時代の中村座を模した仮設の芝居小屋で行われる。勘三郎逝去後は長男の六代目中村勘九郎が座主を引き継ぎ、2014年7月にニューヨークで復活公演を行った。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た新派

    また歌舞伎以外では劇団新派の公演に歌舞伎役者が登場する事が多い。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た顔見世

    1975年(昭和50年)11月の歌舞伎座顔見世興行から導入された。邪道と言う者もいるが、イヤホンガイド登場以前も、歌舞伎観劇では、歌舞伎通が歌舞伎初心者に客席でひそやかに解説することがあった。歌を聞くオペラやミュージカルと違い台詞を聞く歌舞伎だから許された観劇習慣だった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た嘉穂劇場

    歌舞伎のみが演じられる劇場としては歌舞伎座があるが、その他にも歌舞伎が一定の頻度で行われる劇場として関東では新橋演舞場、国立劇場、明治座、日生劇場、浅草公会堂(新春浅草歌舞伎)等がある。他の地域では大阪松竹座、南座、御園座、博多座、旧金毘羅大芝居(金丸座)、内子座、永楽館、康楽館 などがある。その他にも「松竹大歌舞伎」等の名称で全国に地方巡業を行っている。ほかに福岡県嘉穂劇場、熊本県八千代座で行われることがある。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た清元節

    共に浄瑠璃の一つ。大坂で発展した義太夫節に対し、これらは江戸で発展したもので「江戸浄瑠璃」と呼ばれる。重厚な義太夫節に比べて軽妙洒脱な芸風が特徴で、清元節は更に繊細な持ち味を備える。舞踊劇や舞踊で演奏される。それぞれ、常磐津節・清元節を参照(常磐津節『関の扉』『戻駕』、清元節『落人』『保名』など)。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た浄瑠璃

    歌舞伎には、多彩な音楽が用いられる。これは「歌舞伎」が本来、最初から劇として作られた演目、人形浄瑠璃を原作とした演目、さらには舞踊といったさまざまの種類の舞台を総合したものであり、各分野に適応した音楽が存在するためである。大きく分けて(1) 歌物である長唄と、(2) 語り物である浄瑠璃がある。演奏家たちを地方(じかた)という。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た曳山

    専門の演者による公演の他、地域住民が祭礼の奉納行事などとして江戸時代以来の伝統に則った芝居が日本各地で上演されている。これらを地芝居と呼び、歌舞伎と人形浄瑠璃のどちらかかが演じられる事が多い。歌舞伎では農村で行なわれる芝居(農村歌舞伎)や都市における曳山の上で芝居(曳山祭り)等がある。地芝居における演目の多くは専業の演者による公演と重なり、その影響が強く見られる。しかし中にはその地域独自の演目を備えるなど、個性的な発展を見せている公演も存在する。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

194件中 91 - 100件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード