194件中 101 - 110件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た大向こう

    役者達は名跡とは別に家ごとにきまる屋号(やごう)も持っている(歌舞伎役者の屋号一覧参照)。歌舞伎では上演中に大向こう(≒後ろの方の席)等から役者に掛け声をかける習慣があるが、ここで呼び掛けるのは名跡ではなく屋号であるのが基本である。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見たミュージカル

    1975年(昭和50年)11月の歌舞伎座顔見世興行から導入された。邪道と言う者もいるが、イヤホンガイド登場以前も、歌舞伎観劇では、歌舞伎通が歌舞伎初心者に客席でひそやかに解説することがあった。歌を聞くオペラやミュージカルと違い台詞を聞く歌舞伎だから許された観劇習慣だった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た富本節

    上記の他、大薩摩節、河東節、新内節などが使われる演目がある。江戸浄瑠璃の一つである富本節(常磐津節と清元節の系譜の中間に位置する)は江戸時代に盛んに用いられたが、近代以降は衰退し、現在では歌舞伎の伴奏として演奏されることはない。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た義経記

    まず歌舞伎狂言は世界という類型に基づいて構成されている。「世界」とは物語が展開する上での時代・場所・背景・人物などの設定を、観客の誰もが知っているような伝説や物語あるいは歴史上の事件などの大枠に求めたもので、例えば「曾我物」「景清物」「隅田川物」「義経物(判官物)」「太平記物」「忠臣蔵物」などがあり、それぞれ特有の約束ごとが設定されている。当時の観客はこれらの約束事に精通していたので世界が設定されている事により芝居の内容が理解しやすいものになっていた。ただし世界はあくまで狂言を作る題材もしくは前提にすぎず、基本的な約束事を除けば原作の物語から大きく逸脱して自由に作られたものである事も多く、登場人物の基本設定すらも原作とかけ離れている事も珍しくない。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た連用形

    歌舞伎という名称の由来は、「傾く」(かたむく)の古語にあたる「傾く」(かぶく)の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれている。戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で流行した、派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを指した語で、特にそうした者たちのことを「かぶき者」とも言った。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た河東節

    上記の他、大薩摩節、河東節、新内節などが使われる演目がある。江戸浄瑠璃の一つである富本節(常磐津節と清元節の系譜の中間に位置する)は江戸時代に盛んに用いられたが、近代以降は衰退し、現在では歌舞伎の伴奏として演奏されることはない。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た出囃子 (歌舞伎)

    長唄は舞台の正面または上手に雛段を設け、そこに出囃子とともに並んで演奏する。義太夫節の床以外での演奏は出語りという。常磐津や清元は山台という台に上がって演奏するが、山台はふつう常磐津だと舞台下手に、清元は舞台上手に置かれる(ただし清元の山台も本来は舞台下手に置くものだったという)。各流派の演奏はひとつの演目の中で単独で行うとは限らず、異なる音曲が順番に演奏を担当する(掛け合い)ものや、合奏するものがある。たとえば『京鹿子娘道成寺』では初めに義太夫が語り、次に長唄が演奏する。また舞踊劇『紅葉狩』では常磐津節、長唄、義太夫節が掛け合いで演奏し、これを三方掛合(さんぼうかけあい)という。長唄や浄瑠璃各流派は、歌舞伎公演のほか日本舞踊の伴奏や単独での演奏会も行われている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た

    黒衣以外にも、紋付袴の後見(着付後見(きつけごうけん)もしくは袴後見という)やの後見(裃後見(かみしもごうけん)という)もいる。さらに海や水辺の場面に登場する青装束の波後見(なみごうけん)、雪の場面に登場する白装束の雪後見(ゆきごうけん、白衣(しろご)とも)などの後見がいるが、波後見は幕末、白衣はおそらく明治以降に考案されたものである。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た緞帳

    また現在ではさらに上に開く緞帳も用いており、緞帳をあけるとその奥に定式幕が見えるようになっている。開場直後や長い幕間では緞帳が下りているが、芝居がはじまるだいぶ前の段階で緞帳を上げ、その後定刻になると定式幕を下手から上手へ引き開けて芝居が始まる。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た前進座劇場

    前進座:公演は歌舞伎のみならず、歴史劇、現代劇や子ども向けミュージカルなど多彩。毎年5月の国立劇場公演を中心に、南座での初春公演、2月国立文楽劇場公演、初春と秋の前進座劇場公演、秋の名古屋公演など都市部のみならず、地方での巡業公演も積極的に行なっている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

194件中 101 - 110件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード