194件中 21 - 30件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た中村勘三郎 (17代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た名題

    「外題」という語は「芸題」(げいだい)が詰まって「げだい」になったとする説もあるが、古代から中世にかけては絵巻物の外側に書かれた短い本題を「外題」、内側に書かれた詳題を「内題」と言っており、これが起源だとする説もある。外題はもともと上方歌舞伎の表現で、江戸歌舞伎では名題(なだい)といっていた。こちらにも「内題」(ないだい)が詰まって「なだい」になったとする説があり、上方の「外題」と江戸の「名題」で対になることが、絵巻物起源説の根拠となっている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た川添裕

    川添裕 『江戸の大衆芸能――歌舞伎・見世物・落語』 青幻舎 ISBN 4-86152-145-9歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た河合雪之丞

    役者と音楽奏者は、世襲以外では国立劇場が研修生を募集している。歌舞伎とは無関係な家に生まれながらも研修を経て役者となった例としては、二代目市川笑也や市川月乃助、二代目市川春猿らが知られる。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た福地桜痴

    劇場の面では明治22年(1889年)には演劇改良会の会員であった福地桜痴が金融業者の千葉勝五郎と共同経営で歌舞伎座を設立。歌舞伎座には九代目市川團十郎、五代目尾上菊五郎、初代市川左團次らの名優が舞台に立ち、いわゆる「團菊左」の時代をもたらした。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た河原崎國太郎 (6代目)

    その一方では、従前からの梨園の封建的なあり方に疑問を呈する形で二代目市川猿之助の春秋座結成に始まり、ついに歌舞伎界での封建制的な部分に反発して昭和6年(1931年)には四代目河原崎長十郎、三代目中村翫右衛門、六代目河原崎國太郎らによる前進座が設立された。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た中村勘九郎 (6代目)

    平成中村座:十八代目中村勘三郎と演出家の串田和美らが中心となって浅草の隅田公園内に江戸時代の中村座を模した仮設の芝居小屋で行われる。勘三郎逝去後は長男の六代目中村勘九郎が座主を引き継ぎ、2014年7月にニューヨークで復活公演を行った。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た古井戸秀夫

    河竹登志夫 監修 古井戸秀夫編 『歌舞伎登場人物事典』白水社 ISBN 4-560-03596-2歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市川團十郎 (11代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市川團十郎 (7代目)

    天保3年 (1832)には七代目市川團十郎(当時は五代目市川海老蔵)が歌舞伎十八番の原型となる「歌舞妓狂言組十八番」を贔屓客に配り、天保11年 (1840)に 松羽目物の嚆矢となった『勧進帳』を初演した際に現在の歌舞伎十八番に固定した。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

194件中 21 - 30件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード