194件中 31 - 40件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た芳澤あやめ (初代)

    千両役者(せんりょうやくしゃ) - 名優と呼ばれる歌舞伎役者の収入は1000両を超えたことから、転じて素晴らしく活躍した人の意味。女形では初代芳澤あやめが正徳年間(1711年 - 1715年)に、立役では二代目市川團十郎が享保6年(1721年)に、初の年給1000両を得たという。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た出雲阿国

    歌舞伎の元祖は、「お国」という女性が創始した「かぶき踊」であると言われている。「かふきをとり」という名称が初めて記録に現れるのは『慶長日件録』、慶長8年(1603年)5月6日の女院御所での芸能を記録したものである。お国達の一座が「かぶき踊」という名称で踊りはじめたのはこの日からそう遡らない時期であろうと考えられている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た河竹登志夫

    河竹登志夫 監修 古井戸秀夫編 『歌舞伎登場人物事典』白水社 ISBN 4-560-03596-2歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市川團十郎 (初代)

    この時代の特筆すべき役者として、荒事芸を演じて評判を得た江戸の市川團十郎 \(初代\)と、「やつし事」(高貴な人が一時的に零落して苦難を経験する場面)を得意として評判を得た京の坂田藤十郎 (初代)がいる。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た尾上松緑 (2代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た藤田洋

    藤田洋 『歌舞伎の事典 演目ガイド181選』カラー版 新星出版社 2008年 ISBN 9784405071070歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た尾上梅幸 (7代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た豊臣秀吉

    また江戸時代には(当時における)現代の人物や事件やをそのまま演劇で用いる事が幕府により禁止されていたので、規制逃れのため登場人名を仮名にした上で無理やり過去の出来事として物語が描かれるという特徴もある。しかし仮名といっても羽柴秀吉の事を「真柴久吉」と呼ぶ程度のものなので、このように歪曲された演目の内容から真に描きたい事件を読み解くのは容易であった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た岡本綺堂

    松井松葉の『悪源太』(明治38/1899年)や坪内逍遥の『桐一葉』(明治43/1904年)を皮切りに、以後さまざまな背景を持つ作者によって数々の作品が書かれた。それまでは各劇場に所属する座付きの狂言作者が、立作者を中心に共同作業で狂言をこしらえていたが、次第に外部の劇作家の作品が上演されるようになったのである。これが「黄金時代」と呼ばれた明治後期から大正にかけての東京歌舞伎により一層の厚みを与えることにつながった。他にも岡本綺堂の『修善寺物語』『鳥辺山心中』、真山青果の『元禄忠臣蔵』十部作などが著名である。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た河竹黙阿弥

    幕末から明治の初めにかけては、二代目河竹新七(黙阿弥)が『小袖曾我薊色縫』(十六夜清心)、『三人吉三廓初買』(三人吉三)、『青砥稿花紅彩画』(白浪五人男)、『梅雨小袖昔八丈』(髪結新三)、『天衣紛上野初花』(河内山)などの名作を次々に世に送り出し、これが明治歌舞伎の全盛へとつながった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

194件中 31 - 40件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード