163件中 41 - 50件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た歌舞伎踊り

    江戸時代の歌舞伎は、その成立の過程からは歌舞伎踊りと科白劇(狂言)に分けられる。歌舞伎踊りは若衆歌舞伎までの歌舞伎を指す。この頃はレビュー式の総踊が中心だった。若衆歌舞伎ではさらに飛躍した軽業なども見せていた。一方その後の歌舞伎に見られるようになった狂言は、踊りの要素を備えながらも科白劇が主体となった。これは若衆歌舞伎が禁止される際に、江戸町奉行所から「物真似狂言づくし」を義務付けられたことがその一因ともなっている。演目の内容は史実や物語などを題材にした狂言が主流となり、現在の歌舞伎狂言となった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市村羽左衛門 (17代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た片岡仁左衛門 (13代目)

    そのような社会の変動の中、昭和37年(1962年)の十一代目市川團十郎襲名から、歌舞伎は人気を回復する。役者も團十郎のほか、六代目中村歌右衛門、二代目尾上松緑、二代目中村鴈治郎、十七代目中村勘三郎、七代目尾上梅幸、八代目松本幸四郎、十三代目片岡仁左衛門、十七代目市村羽左衛門などの人材が活躍。国内の興行も盛んとなり、欧米諸国での海外公演も行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た渡辺保

    渡辺保の歌舞伎劇評 - 演劇評論家渡辺保による毎月の劇評歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た看板役者

    二枚目(にまいめ)・三枚目(さんまいめ) - 一座を構成する配役の番付の上で、思慮分別をわきまえた貫禄のある役を務める立役の看板役者を「一枚目」、美男で人気が高い若衆役を務める役者を「二枚目」、面白おかしい役を務める道外方を「三枚目」に掲げていたことが語源。現代でも日常的に用いられる言葉として残っている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市川團十郎 (9代目)

    また、明治の名優九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎が古典の型を整備。大正には二代目市川左團次が埋もれていた古典の復活を行い、上方では初代中村鴈治郎が和事の芸を大成するなど、従来の作品の見直しも行なわれた。昭和には六代目尾上菊五郎・初代中村吉右衛門、十五代目市村羽左衛門、二代目實川延若、三代目中村梅玉など多くの名優が活躍し、今日の歌舞伎に大きな影響を与えた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た太平洋戦争

    太平洋戦争(大東亜戦争)の激化に伴い、劇場の閉鎖や上演演目の制限など規制が行なわれ、歌舞伎の興行も困難になり、戦災による物的・人的な被害も多かった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た南座

    毎年5月の国立劇場公演を中心に、京都南座での初春公演、2月大阪国立文楽劇場公演、初春と秋の前進座劇場公演、秋の名古屋公演など都市部のみならず、地方での巡業公演も積極的に行なっている。公演は歌舞伎のみならず、歴史劇、現代劇や子ども向けミュージカルなど多彩。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た演劇

    歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定)。世界無形遺産(2009年9月登録)。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見たフォービアン・バワーズ

    終戦後、GHQは日本の民主化と軍国主義化の払拭との理由から「仇討ち物」や「身分社会を肯定する」の演目の上演を禁止した。しかし、マッカーサーの副官バワーズの進言で、古典的な演目の制限が解除され、昭和22年(1947年)11月、東京劇場で東西役者総出演による『仮名手本忠臣蔵』の通し興行が行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

163件中 41 - 50件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード