194件中 51 - 60件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た渡辺保

    渡辺保の歌舞伎劇評 - 演劇評論家渡辺保による毎月の劇評歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た看板役者

    二枚目(にまいめ)・三枚目(さんまいめ) - 一座を構成する配役の番付の上で、思慮分別をわきまえた貫禄のある役を務める立役の看板役者を「一枚目」、美男で人気が高い若衆役を務める役者を「二枚目」、面白おかしい役を務める道外方を「三枚目」に掲げていたことが語源。現代でも日常的に用いられる言葉として残っている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た市川團十郎 (9代目)

    時代は前後するが、こうした要求に応じて作られたのが活歴物と呼ばれる一連の作品群であり、役者として活歴物の芝居の中心となったのが九代目市川團十郎である。芝居の価値観が新政府のそれと一致していた彼は事実に即した演劇を演じ始め、彼の価値観に反した歌舞伎の特徴、例えば七五調の美文、厚化粧、定型の動きを拒否した。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た太平洋戦争

    太平洋戦争(大東亜戦争)の激化に伴い、劇場の閉鎖や上演演目の制限など規制が行なわれ、歌舞伎の興行も困難になり、戦災による物的・人的な被害も多かった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た演劇

    歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定)。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見たフォービアン・バワーズ

    終戦後、GHQは日本の民主化と軍国主義化の払拭との理由から「仇討ち物」や「身分社会を肯定する」の演目の上演を禁止した。しかし、マッカーサーの副官バワーズの進言で、古典的な演目の制限が解除され、昭和22年(1947年)11月、東京劇場で東西役者総出演による『仮名手本忠臣蔵』の通し興行が行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た幕末

    幕末から明治の初めにかけては、二代目河竹新七(黙阿弥)が『小袖曾我薊色縫』(十六夜清心)、『三人吉三廓初買』(三人吉三)、『青砥稿花紅彩画』(白浪五人男)、『梅雨小袖昔八丈』(髪結新三)、『天衣紛上野初花』(河内山)などの名作を次々に世に送り出し、これが明治歌舞伎の全盛へとつながった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見たBunkamura

    コクーン歌舞伎:渋谷のBunkamuraの劇場シアターコクーンで行われる歌舞伎公演で、古典歌舞伎の演目を新たな演出で上演し、例えば下座音楽の代わりにエレキギターやクラシック管弦楽を使う。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た日本プロ野球

    1950年代、人々の生活に余裕が生まれ、娯楽も多様化し始めた。プロ野球やレジャー産業の人気上昇、映画やテレビ放送の発達が見られるようになり、歌舞伎が従来のように娯楽の中心ではなくなってきた。そして歌舞伎役者の映画界入り、関西歌舞伎の不振、小芝居が姿を消すなど歌舞伎の社会にも変動の時代が始まった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た大相撲

    黒幕(くろまく) - 歌舞伎の黒幕は通常夜を表すために用いるが、人形浄瑠璃の黒幕は舞台を操る者をその陰に隠すために用いる。そこから歌舞伎でも、舞台裏から影響力を行使して舞台を操る興行主・金主(投資者)・芝居茶屋などのことを「黒幕」と呼ぶようになった。そもそも黒という色に悪の意味を絡ませるのは近代になってからの連想で、当時はむしろ御公議の「幕府」「幕閣」や大相撲の「幕内」などの語にみられるように、「幕」という語には「中に立ち入り難く、様子が見えにくい」という語感があった。ここから「外部の者には実情がよく分からない」という意味で、今日の「政界の黒幕」のような使われ方がされるようになったと考えられている。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

194件中 51 - 60件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード