163件中 71 - 80件表示
  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た人形浄瑠璃

    安土桃山時代から江戸時代後期の文化文政時代までは、京・大坂が歌舞伎の中心だった。それは上方が中心だった人形浄瑠璃から書き換えられた演目の数からもわかる。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た義経千本桜

    人形浄瑠璃は、義太夫節(浄瑠璃の一種)の演奏に合わせて劇が進行する構成であり、歌舞伎でも人形浄瑠璃から移入した演目(『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』など)は同様に義太夫節が演奏される。人形浄瑠璃では登場人物の台詞と状況説明を全て義太夫節の太夫(語り手)が行うが、歌舞伎での台詞は基本的に役者が担当し、太夫は状況の説明のみを語ることになる。このため、歌舞伎における義太夫節を「竹本」(チョボ)といって区別することがある。義太夫狂言での義太夫節は主に舞台上手上部にある専用の場所で演奏される。この場所を「床(ゆか)」または「チョボ床」と呼ぶ。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た仮名手本忠臣蔵

    終戦後、GHQは日本の民主化と軍国主義化の払拭との理由から「仇討ち物」や「身分社会を肯定する」の演目の上演を禁止した。しかし、マッカーサーの副官バワーズの進言で、古典的な演目の制限が解除され、昭和22年(1947年)11月、東京劇場で東西役者総出演による『仮名手本忠臣蔵』の通し興行が行われた。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た国性爺合戦

    国性爺合戦』二段目「獅子ヶ城楼門の場」→『楼門』(ろうもん)歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た踊り

    歌舞伎の元祖は、慶長8年(1603年)に北野天満宮で興行を行い、京都で評判となった出雲阿国といわれている。阿国は出雲大社の巫女だったとも河原者でもあったというが、定かではない。阿国はその時代の流行歌に合わせて、踊りを披露し、また、男装して当時のかぶき者の振る舞いを取り入れて、当時最先端の演芸を生み出した。この頃の歌舞伎は能舞台で演じられており、現在の歌舞伎座をはじめとする劇場で見られる花道はまだ設置されていなかった。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た清元節

    共に浄瑠璃の一つ。大坂で発展した義太夫節に対し、これらは江戸で発展したもので「江戸浄瑠璃」と呼ばれる 。重厚な義太夫節に比べて軽妙洒脱な芸風が特徴で、清元節は更に繊細な持ち味を備える。舞踊劇や舞踊で演奏される。それぞれ、常磐津節・清元節を参照(常磐津節『関の扉』『戻駕』、清元節『落人』『保名』など)。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た浄瑠璃

    歌舞伎には、多彩な音楽が用いられる。これは「歌舞伎」が本来、最初から劇として作られた演目、人形浄瑠璃を原作とした演目、さらには舞踊といったさまざまの種類の舞台を総称したものであり、各分野に適応した音楽が存在するためである。大きく分けて(1) 歌物である長唄と、(2) 語り物である浄瑠璃がある。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た曳山

    専門の演者による公演の他、地域住民が祭礼の奉納行事などとして江戸時代以来の伝統に則った芝居が日本各地で上演されている。これらを地芝居と呼び、歌舞伎と人形浄瑠璃のどちらかかが演じられる事が多い。歌舞伎では農村で行なわれる芝居(農村歌舞伎)や都市における曳山の上で芝居(曳山祭り)等がある。地芝居における演目の多くは専業の演者による公演と重なり、その影響が強く見られる。しかし中にはその地域独自の演目を備えるなど、個性的な発展を見せている公演も存在する。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た義経千本櫻

    外題には縁起を担いで伝統的に「割りきれない」奇数の字数が好まれる。このため『義経』や『四谷怪談』のようにどうやっても割れてしまう字数には、あえて「千本櫻」や「東海道」などの奇数の字を付け足して『東海道四谷怪談』や『義経千本櫻』などいった長い外題とした。しかも作者や興行主は当て字や当て読みを駆使して粋を競ったので、外題には凝った漢字5文字か7文字のものに長大な読みを無理に付けたものが多く、今日のわれわれから見ると字面だけでは何と読めば良いのか分らないようなものある。このため5文字以上の外題がついた演目には、より親しみやすい通称がついていることが多い。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 歌舞伎

    歌舞伎から見た富本節

    上記の他、大薩摩節、河東節、新内節などが使われる演目がある。江戸浄瑠璃の一つである富本節(常磐津節と清元節の系譜の中間に位置する)は江戸時代に盛んに用いられたが、近代以降は衰退し、現在では歌舞伎の伴奏として演奏されることはない。歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

163件中 71 - 80件表示

「歌舞伎」のニューストピックワード