98件中 21 - 30件表示
  • 聖和短期大学

    聖和短期大学から見た武富士武富士

    英語科:一般企業への就職者が多く、実績の一例として以下のものがある。日本航空インターナショナル・コクヨ・そごう・三菱重工業・ワールド・三井住友銀行・尼崎信用金庫・大和銀行・日本生命保険・武富士・そごうほか聖和短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 記事広告

    記事広告から見た武富士武富士

    記事広告はしばしば一種の「裏金」作りに利用されることもある。代表的な例としては、2000年から2001年にかけて朝日新聞社が『週刊朝日』誌上における連載企画について、武富士から「編集協力費」名目で5000万円を受け取っていたにも関わらず、誌上では「武富士」のクレジットが一回も出されなかったケースが挙げられる。記事広告 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎太郎

    岡崎太郎から見た武富士武富士

    4月 消費者金融の武富士(株)に入社する岡崎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 箱島信一

    箱島信一から見た武富士武富士

    2005年、同社が発行する週刊朝日」において、武富士から名目の立たない広告費5000万円を「ただもらい」(本人が週刊文春の取材に対して語ったコメント)したことが引き金となり同社社長を辞任。報道と広告、営業の境界線がまったく頭にないメディア経営者だったことが明るみに出た。この事件が発覚したのは、反箱島派からのリークがあったからといわれている。箱島信一 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2006年 8月

    訃報 2006年 8月から見た武富士武富士

    10日 - 武井保雄、武富士創業者、元会長訃報 2006年 8月 フレッシュアイペディアより)

  • 宮内和之

    宮内和之から見た武富士武富士

    LOVE JAIL(LOVE JAIL/1995年11月25日) ※武富士CM宮内和之 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤組

    後藤組から見た武富士武富士

    五代目山口組の東京進出時にはいち早く行動を起こし、確固たる地盤を築いた。1990年に起きた「八王子抗争」の後、八王子に傘下の正東会が地位を確立した。その後、世間を騒がせた武富士問題の結果、日本航空の個人筆頭株主となった。後藤組傘下企業舎弟及びフロント企業が東京都内に多数進出。後藤組 フレッシュアイペディアより)

  • 中国短期大学

    中国短期大学から見た武富士武富士

    英語コミュニケーション学科:一般企業への就職者が多いものとなっている。実績として、オンワード樫山・日本通運・白十字・天満屋・百十四銀行・武富士などがある。ほか、県内の各中学校や幼稚園英会話教師など教育職員に就いている人もいる。中国短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本信用情報機構

    日本信用情報機構から見た武富士武富士

    従来は一部の例外を除き原則として専業(武富士、アイフル、アコム、プロミス、レイクなど)のみが会員であったが、1990年代前半からは入会資格が改められ、非専業の信販にも門戸が開けられ、ライフ、セントラルファイナンス(現・セディナ)、アプラス、ソニーファイナンスインターナショナルが加盟し、2005年以降、貸付枠が大型のカードローンを導入したオリエントコーポレーション、クレディセゾン、三菱UFJニコス(旧日本信販)、イオンクレジットサービスも加盟した。但し、イオンクレジットサービス、クレディセゾン、三菱UFJニコス(子会社を含む)などはローンカードのみ全情連を利用し、クレジットカードには利用していない(その他の各社(専業を含む)はクレジットカードにも利用している。日本信用情報機構 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚万吉

    大塚万吉から見た武富士武富士

    消費者金融会社武富士に内部資料を1億円で買い取らせようと恐喝未遂事件を起こして逮捕され、裁判で懲役1年8カ月の実刑判決が2004年に確定している。大塚万吉 フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「武富士」のニューストピックワード