93件中 71 - 80件表示
  • 須賀 貴匡

    須賀貴匡から見た武富士武富士

    武富士(2009年) - 所属事務所が同じである内田有紀と共演。須賀貴匡 フレッシュアイペディアより)

  • バブル時代

    バブル時代から見た武富士武富士

    また、当時日本国内のモータースポーツのトップカテゴリーだった、全日本F3000選手権や全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 (JSPC)・全日本ツーリングカー選手権 (JTC) 等には、サントリーや日本たばこ、ミノルタやワコールなどの大手企業から、CHERENAや三和都市開発、VIPバケーションなど、不動産取引で大金を手にした不動産業者をはじめとする中小企業、さらに武富士やプロミス、アコムなどの消費者金融業者まで、多くの企業がスポンサーに名乗りを上げ、豊富な資金を得たことを背景に、1990年の全日本F3000選手権には、40台近くがエントリーするなど空前の参戦台数を記録した。バブル時代 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本

    2003年の日本から見た武富士武富士

    12月2日 - 武富士盗聴事件で自ら指示を出していたとして同社の会長を逮捕。2003年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • クレジット・デフォルト・スワップ

    クレジット・デフォルト・スワップから見た武富士武富士

    武富士(2010年10月28日)14.75%:破産クレジット・デフォルト・スワップ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見た武富士武富士

    1992年のロッテ千葉移転後、外野席にプリズムビジョン形式の広告両サイド6枚ずつの12枚を設置している(2016年に外野サブスクリーン設置のため、両サイドから2枚ずつ撤去され現在は計8枚)。2005年には、武富士との契約期間満了をもって、消費者金融の広告を外した。2006年からロッテ球団が指定管理者になり、内外野フェンスの広告が設置され(外野は白一色、内野はカラー広告)、2008年にはバックスクリーンにプリズムビジョンが設置された。千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 箱島信一

    箱島信一から見た武富士武富士

    2005年、同社が発行する「週刊朝日」において、武富士から名目の立たない広告費5000万円を「ただもらい」(本人が週刊文春の取材に対して語ったコメント)したことが引き金となり同社社長を辞任。報道と広告、営業の境界線がまったく頭にないメディア経営者だったことが明るみに出た。この事件が発覚したのは、反箱島派からのリークがあったからといわれている。箱島信一 フレッシュアイペディアより)

  • 1月4日

    1月4日から見た武富士武富士

    1930年 - 武井保雄、元武富士会長(+ 2006年)1月4日 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊文春

    週刊文春から見た武富士武富士

    2005年4月7日号(3月31日発売)で、2000年に『週刊朝日』で紀行を内容とするグラビア記事の連載企画の編集協力費として武富士が5000万円を支払ったものの、その連載企画にはスポンサーの表記が一切出ず(→大森千明、週刊朝日)、武富士のマスコミ対策の裏金であるとした記事の題名を「人はそれをブラックジャーナリズムと言う 朝日新聞が武富士から受け取った『ウラ広告費』5000万円」とした。これを大見出しとした本誌の新聞広告について、朝日新聞掲載分に限って同社の広告ガイドラインに接触するとして「人はそれをブラックジャーナリズムと言う」の語句のみ担当の広告代理店で黒塗りに編集した上で掲載された。週刊文春 フレッシュアイペディアより)

  • 東京経営短期大学

    東京経営短期大学から見た武富士武富士

    アイフル・青森銀行・朝日生命保険・アドバンス・イトーヨーカ堂・イトキン・茨城銀行・城北信用金庫・オリックス・アルファ・オンワード樫山・柏木工機・関東天然瓦斯開発・清原・クボタ・軽急便・京葉銀行・楽天KC・コジマ・小松川信用金庫・桜井グラフィックスシステムズ・三協アルミニウム工業・システムコンサルタント・新日本建設・ジャックス・新光証券・住信ビジネスサービス・住友不動産販売・セントラル警備保障・みずほ銀行・だいこう証券ビジネス・日本製紙・大日本商事・太平紙業・みずほ情報総研・高島屋クレジット・武富士・メトロコマース・千葉銀行・千葉興業銀行・ダイハツ千葉販売・千代田生命保険・中央三井信託銀行・東急リバブル・めいらくグループ・東京リーガルマインド・東芝機械・東洋冷蔵・トランスコスモス・ドコモエンジニアリング・トヨタレンタリース埼玉・トヨタレンタリース千葉・ナルミヤ・インターナショナル・西川産業・日研工作所・日産自動車・日本航空インターナショナル・日本食研・三菱UFJニコス・日本生命保険・日本通運・日本テクノ開発・橋本総業・白十字・八戸信用金庫・東日本旅客鉄道・ヒゲタ醤油・日立製作所・ビックカメラ・ファイブフォックス・アルフレッサ・富国生命保険・プルデンシャル生命保険・藤倉商事・富士通システムソリューションズ・フレック・平和不動産・丸井・ミツワ電機・NECグループ・モリト・八洲電機・豊商事・ヨネックス・ヨドバシカメラ・淀川製鋼所・菱光産業・菱食・ランドロームジャパンほか多数あり。東京経営短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • みずほフィナンシャルグループ

    みずほフィナンシャルグループから見た武富士武富士

    一方、こうした再建スキームを株式市場は評価しなかった。みなし5万円額面のみずほ株は連日安値を更新し、2003年4月には額面割れ寸前の一時5万8,300円を付け、破綻や公的資金による国有化も噂された。週刊新潮には「竹中(平蔵)失言 "みずほはシティバンクに売却"」と書き立てられたり、一般各紙でもみずほに対して悲観的な見方が大勢を占めた。株式時価総額で、消費者金融大手の武富士を下回る日もあった。みずほフィナンシャルグループ フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示