75件中 21 - 30件表示
  • 武富士

    武富士から見たサラ金

    1966年(昭和41年)1月に、武井保雄によって創業された富士商事が前身である。団地金融をきっかけとして高利貸しをしていき、芸能人を多用したテレビCMの大量出稿やル・マン24時間レースへのスポンサーなどで注目を集めるなど、「サラ金」に対するイメージ向上戦略などを行い、創業者である武井が一代で消費者金融業界のトップの座まで築きあげた。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た消費者金融

    武富士(たけふじ、)は、TFK株式会社の旧商号の株式会社武富士およびTFK株式会社より事業を引き継いだ株式会社日本保証が2013年3月まで使用していた消費者金融のサービス名である。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た配当

    2011年(平成23年)10月31日に、東京地方裁判所は更生計画の認可決定を行った。これにより、武富士は、消費者金融事業等について1ヶ月以内に会社分割(吸収分割)を行い、約282億円でA&Pフィナンシャル社のグループ会社であるアプロ株式会社に承継させるとともに、会社の商号をTFK株式会社に変更して、会社分割による事業譲渡代金、法人税の更正還付金、旧経営者・証券会社からの損害賠償金などから、債権者に対して配当を行うことに特化することとなった。その後、会社分割は、2011年(平成23年)12月31日までの間において管財人が定める日に延期された。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た弁護士法

    2000年代後半には、他の大手消費者金融同様に過払い請求の増加などによる業績と資金繰りの悪化が伝えられ、2010年(平成22年)9月28日には東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請し、受理された(詳細は年表参照)。過払いとなった同社の顧客は推計で約200万人、その過払い額は2兆4000億円とされた。また、同社から債務譲渡を受けた富士クレジットが、同社の顧客の一部に対し、(過払金返還請求など)一切の金銭的請求をしないことなどを条件とする「和解書」を送付し、署名も要求していたことが判明する。事実上、返還請求を封じようとする動きであるとの指摘が出ており、金融庁などは、弁護士法やサービサー法などに抵触する可能性があるとして問題視している。その後、韓国の消費者金融A&Pフィナンシャル社(「ラッシュ・アンド・キャッシュ」)がスポンサーとなり、買収することが発表された。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た週刊文春

    2005年(平成17年)3月 - 2000年(平成12年)7月から翌年8月にかけて週刊朝日において武富士がスポンサーとして紀行もののグラビア記事を連載し、「編集協力費」として5000万円を支払ったにも関わらず記事においては武富士の表記が一切されず、不自然な金銭の収受であると週刊文春がスクープ記事で報じ、公に発覚。朝日新聞社側は編集協力費の返還と社内処分を実施。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見たロンドン証券取引所

    2000年(平成12年)3月 - ロンドン証券取引所上場武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た2009年

    2009年(平成21年)12月 - 資金繰り悪化により貸し付けがほとんど停止し、資金調達を急いでいると報じられる。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見たヴァーン・シュパン

    チーム・シュパン(メインスポンサーとしてル・マン24時間レースに出場した)武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た東京証券取引所

    2010年(平成22年)9月27日 - 東京地方裁判所に会社更生法適用を申請する方向で調整を進めているとする報道が、第一報の日本経済新聞を初め報道各社よりあった。武富士側は会社更生法の申請決定を行った事実はないと発表している。その報道により、東京証券取引所は、同日(日本時間)8:20から報道の真偽等の確認のため武富士株を売買停止にした。その後武富士から報道の真偽に関する発表が行われたことを受け、東京証券取引所が14:51に武富士株を売買再開すると同時に監理銘柄(確認中)に指定した。また、そのことで日経株価指数300銘柄及び日経500種平均株価銘柄(→株価指数)から同年9月29日に除外されることになった。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た継続企業の前提

    2010年(平成22年)2月 - 開示された2009年12月期四半期決算短信から、資金調達の困難等により、継続企業の前提に関する重要事象等の注記がなされている。武富士 フレッシュアイペディアより)

75件中 21 - 30件表示