75件中 41 - 50件表示
  • 武富士

    武富士から見た賭博黙示録カイジ

    賭博黙示録カイジ(主要人物として、消費者金融を主体とする日本最大規模のコンツェルン「帝愛グループ」の総帥である老人「兵藤和尊」ならびに和尊の息子である「兵藤和也」(武→兵、富士→藤のもじり)が登場する)武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見たコマーシャルメッセージ

    1966年(昭和41年)1月に、武井保雄によって創業された富士商事が前身である。団地金融をきっかけとして高利貸しをしていき、芸能人を多用したテレビCMの大量出稿やル・マン24時間レースへのスポンサーなどで注目を集めるなど、「サラ金」に対するイメージ向上戦略などを行い、創業者である武井が一代で消費者金融業界のトップの座まで築きあげた。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た警視総監

    1991年(平成3年) - 元警視総監の福田勝一を非常勤顧問として迎え、警察人脈を広げる。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た整理銘柄

    2010年(平成22年)9月28日 - 前日とは一転して、午後に行われた取締役会で会社更生手続きを行う事を決定。同日に東京地方裁判所に申請し受理された。負債額は約4336億円。また、責任の明確化のために、代表取締役社長執行役員の清川昭と創業家出身で代表取締役副社長執行役員の武井健晃は退任。DIP型の会社更生手続きを採用し、同社出身の吉田純一が代表取締役社長に就任した。そのことで、東証は整理銘柄に指定し、東証1部を同年10月29日付で上場廃止することが決まった。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た電気通信事業法

    2003年(平成15年)12月 - ジャーナリスト宅盗聴事件により電気通信事業法違反(盗聴)容疑で武井保雄逮捕。会長を辞任。この逮捕以降、CMは自粛されることになる。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た週刊朝日

    2005年(平成17年)3月 - 2000年(平成12年)7月から翌年8月にかけて週刊朝日において武富士がスポンサーとして紀行もののグラビア記事を連載し、「編集協力費」として5000万円を支払ったにも関わらず記事においては武富士の表記が一切されず、不自然な金銭の収受であると週刊文春がスクープ記事で報じ、公に発覚。朝日新聞社側は編集協力費の返還と社内処分を実施。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た上場廃止

    2010年(平成22年)9月28日 - 前日とは一転して、午後に行われた取締役会で会社更生手続きを行う事を決定。同日に東京地方裁判所に申請し受理された。負債額は約4336億円。また、責任の明確化のために、代表取締役社長執行役員の清川昭と創業家出身で代表取締役副社長執行役員の武井健晃は退任。DIP型の会社更生手続きを採用し、同社出身の吉田純一が代表取締役社長に就任した。そのことで、東証は整理銘柄に指定し、東証1部を同年10月29日付で上場廃止することが決まった。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た福田勝一

    1991年(平成3年) - 元警視総監の福田勝一を非常勤顧問として迎え、警察人脈を広げる。武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見たサーキット

    サーキットでのイメージCM(ル・マン24時間レースでの映像。武富士ダンサーズの前年)武富士 フレッシュアイペディアより)

  • 武富士

    武富士から見た法人税

    2011年(平成23年)10月31日に、東京地方裁判所は更生計画の認可決定を行った。これにより、武富士は、消費者金融事業等について1ヶ月以内に会社分割(吸収分割)を行い、約282億円でA&Pフィナンシャル社のグループ会社であるアプロ株式会社に承継させるとともに、会社の商号をTFK株式会社に変更して、会社分割による事業譲渡代金、法人税の更正還付金、旧経営者・証券会社からの損害賠償金などから、債権者に対して配当を行うことに特化することとなった。その後、会社分割は、2011年(平成23年)12月31日までの間において管財人が定める日に延期された。武富士 フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示