前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • シンクバンク

    シンクバンクから見た武幸四郎武 幸四郎

    東国原英夫、前田幸長、武幸四郎、田中勝春といったスポーツ選手・文化人が多く在籍。シンクバンク フレッシュアイペディアより)

  • うまなで〜UMA to NADESHIKO〜

    うまなで〜UMA to NADESHIKO〜から見た武幸四郎武 幸四郎

    皐月賞前の突撃取材では、栗東トレセン所属で本命視されていたフサイチホウオーを担当。厩舎に訪れて馬に直接触れるなどして熱心に応援していたが、本番では同馬が3着に敗退。それ以後東原が本命印を打った馬がことごとくレースで敗れてしまう事態が続いたため、競馬界の大御所の一人・杉本清に代わって「本命キラー」と呼ばれている。5月27日放送分の第74回東京優駿予想特集では、ヒラボクロイヤルに騎乗する武幸四郎騎手のVTRインタビューにおいてヴィクトリアマイルで東原が本命にし本番でも断然の1番人気に押されていたカワカミプリンセスで惨敗したことを持ち出され「亜希ちゃんが本命にするから負けた」とまで口にされたように既に競馬サークル内でも都市伝説化している。この言葉を聞いた東原は、急遽買い目フリップにヒラボクロイヤルを追加。その行為はうまなでさんから「DEATH NOTEに書かれた」と揶揄された。春シーズンは第48回宝塚記念まで予想は全敗、秋のGIシリーズになってからもずっと連敗が続いていたが11月11日の第32回エリザベス女王杯でダイワスカーレットを本命に推奨、結果は見事1着で自身の誕生日についに番組開始以来の連敗を38で止めた。しかし結果的には番組自体を1年で終わらせ、さらには途中から出演した『スーパー競馬』の幕も引くこととなった。うまなで〜UMA to NADESHIKO〜 フレッシュアイペディアより)

  • 武家 (家族)

    武家 (家族)から見た武幸四郎武 幸四郎

    武家(たけけ)は、日本において近代から多くの競馬関係者を輩出する家族である。旧薩摩国に出自を持ち、明治維新後に北海道函館に渡って開拓事業に従事する傍ら、彼の地における洋式競馬の草創期に重きをなした。太平洋戦争前後からは数々の騎手や調教師を輩出し、その多くは近畿に移っている。それぞれ中央競馬騎手の武邦彦、武豊、武幸四郎が著名である。武家 (家族) フレッシュアイペディアより)

  • 東原 亜希

    東原亜希から見た武幸四郎武 幸四郎

    日本ダービー特集の放送でVTR取材に応じた騎手の武幸四郎は、その前のヴィクトリアマイルで1番人気だったカワカミプリンセスが敗北したことを引き合いに出して「亜希ちゃんが本命にしたから負けた」と発言し、それを見て怒った東原は日本ダービー予想の中に武幸四郎が騎乗するヒラボクロイヤルを急遽予想フリップに追加。この様子を番組マスコットの「うまなでさん」は「DEATH NOTEに書かれた」と表現し、「東原予想=DEATH NOTE」として広まる。結果は本命のフサイチホウオーともども敗北したことから、関係者の間でも話題となり、後に宝塚記念特集の放送では、武豊が「(自身の騎乗馬の)ポップロックには本命を打たないで欲しい」と発言。東原亜希 フレッシュアイペディアより)

  • 武豊

    武豊から見た武幸四郎武 幸四郎

    弟 (四男) の幸四郎も騎手。武豊 フレッシュアイペディアより)

  • 武邦彦

    武邦彦から見た武幸四郎武 幸四郎

    中央競馬の通算最多勝記録を保持する騎手の武豊は三男、同じくJRA騎手の武幸四郎は四男である。義娘 (豊の妻) に佐野量子がいる。武邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦正樹

    勝浦正樹から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年にデビュー。同期には武幸四郎や秋山真一郎らがいる。初騎乗は1997年3月2日、中山競馬第2競走で、14頭立ての14着だった。初勝利は6月14日、福島競馬第1競走。勝浦正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 江田勇亮

    江田勇亮から見た武幸四郎武 幸四郎

    同期には秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、板倉真由子、押田純子、武士沢友治、松田大作らがいる。デビュー当時の夢は「名馬の子で勝ちたい」。江田勇亮 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    19日 - 【JRA】 栗東所属の騎手武幸四郎(フリー)がこの日の朝、京都市東山区内の飲食店で男に殴打され、左ほおを骨折するけがを負い、20日と21日に小倉競馬場で騎乗予定だった5鞍が乗り替わりとなった。殴打したのは京都市北区の36歳の男で、22日午後に京都府警東山署に自ら出頭し傷害容疑で逮捕された。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 上村洋行

    上村洋行から見た武幸四郎武 幸四郎

    2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊、蛯名正義、角田晃一、藤田伸二、福永祐一、武幸四郎、秋山真一郎、池添謙一、北村宏司、藤岡佑介、川田将雅、鮫島良太、三浦皇成らがいるが「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である。上村洋行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード