前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 武邦彦

    武邦彦から見た武幸四郎武 幸四郎

    中央競馬の通算最多勝記録を保持する騎手の武豊は三男、元JRA騎手・現調教師の武幸四郎は四男である。義娘 (豊の妻) に佐野量子がいる。武邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 武家 (家族)

    武家 (家族)から見た武幸四郎武 幸四郎

    武家は薩摩国の出身で、江戸時代には薩摩藩士であった。薩摩の武氏は禰寝氏(同氏直系は江戸時代半ばに小松氏と改名)から出た氏族で、15代当主の禰寝清年の次男、武重俊を初代とする。武清武が島津常久に臣従し、以後武氏は後に薩摩藩の家老家格となる日置島津家に仕えた。武彦七の兄である園田実徳の娘・ノブ(または信子)が、西郷隆盛の嫡男・寅太郎に嫁いでおり、西郷家と縁戚関係にある。隆盛の弟・西郷従道は日本の近代競馬における最初の日本人馬主としても著名である。太平洋戦争前後からは数々の騎手や調教師を輩出し、その多くは近畿に移っている。それぞれ中央競馬騎手の武邦彦、武豊、武幸四郎が著名である。武家 (家族) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本競馬

    2017年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    28日 - 騎手の武幸四郎(栗東)と田中博康(美浦)が引退。両者は翌3月1日付で調教師に転身。また調教師の菅原泰夫、成島英春(いずれも美浦)、長浜博之(栗東)が定年引退、坪憲章(栗東)が健康上の理由により勇退。2017年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • シンクバンク

    シンクバンクから見た武幸四郎武 幸四郎

    東国原英夫、片山右京、小林至、田嶋陽子、岩山健一、武幸四郎、田中勝春といったスポーツ選手・文化人が多く在籍。シンクバンク フレッシュアイペディアより)

  • 武豊

    武豊から見た武幸四郎武 幸四郎

    曽祖父の彦七は函館大経の弟子で、祖父芳彦は馬主協会元会長、現役騎手邦彦、の三男として生まれる京都府で生まれるものの、すぐ現在の栗東市へ引っ越す。なお、四男の幸四郎もJRA所属の騎手(1999年3月?2017年2月)・調教師(2017年3月?)である。10歳の時乗馬を始める。栗東市立金勝小学校・栗東市立栗東中学校を経て1984年(昭和59年)JRA競馬学校入学。同級生に調教師の池江泰寿がいる。武豊 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉真由子

    板倉真由子から見た武幸四郎武 幸四郎

    翌年再受験し合格。騎手課程第13期生として入学した。同期には武豊の実弟・武幸四郎や、勝浦正樹、板倉と同世代の武士沢友治、同じく女性の押田純子らがいる。また、この時は板倉や武士沢と同世代の柴山雄一も2度目の入学試験を受けていたが、不合格となった。板倉真由子 フレッシュアイペディアより)

  • 山田和広

    山田和広から見た武幸四郎武 幸四郎

    坪との師弟関係は競馬界での美しい師弟関係の象徴として示されることが多いが、この厩舎は基本的に山田の選択いかんでそのほかを決めていた。ほかに乗っていた騎手は、野元昭嘉、太宰啓介、武幸四郎、福永祐一と二世騎手が多かった反面、小屋敷昭や田面木博公という、山田所属以前に積極的に使っていた騎手も多かった。山田和広 フレッシュアイペディアより)

  • 今村康成

    今村康成から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年、2月にJRA競馬学校騎手課程を第13期生として卒業し騎手免許を取得する。同期は武幸四郎、武士沢友治、板倉真由子、松田大作らがいる。今村康成 フレッシュアイペディアより)

  • 押田純子

    押田純子から見た武幸四郎武 幸四郎

    競馬学校に13期生として入学。同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、松田大作、武士沢友治らがいる。押田純子 フレッシュアイペディアより)

  • ナリタセンチュリー

    ナリタセンチュリーから見た武幸四郎武 幸四郎

    2002年1月に京都競馬場でデビューし、同年の皐月賞に勝利するノーリーズンの4着に入る。この時の鞍上は武幸四郎騎手であったが、2戦目以降は本馬所属の藤沢則雄厩舎に所属する田島裕和が騎乗するようになり、連続2着を経て、4戦目で初勝利を挙げる。なお、現役生活での8勝は全て田島の騎乗で挙げたものである。ナリタセンチュリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード