69件中 11 - 20件表示
  • 五十嵐冬樹

    五十嵐冬樹から見た武幸四郎武 幸四郎

    コスモバルクとのコンビでの斜行に関しては、普段は温厚な武豊でさえ、自身の出演するTV番組で「他の騎手が気をつけてくれているからいいけど、(斜行癖を)知らない騎手がいたら危ない」「ルメールや幸四郎が乗っている時はまっすぐ走ってるんですけどね」「(斜行は)お決まりですからね」等のコメントを残している。五十嵐冬樹 フレッシュアイペディアより)

  • エイシンテンダー

    エイシンテンダーから見た武幸四郎武 幸四郎

    2004年9月19日、阪神競馬第5競走の新馬戦(芝1200m)でデビュー。2着シゲルコイコイにクビ差競り勝つ。2戦目は年が明けた2005年1月22日、中山競馬第9競走の菜の花賞で、1番人気のペニーホイッスルを直線一気で差し切る。3戦目は3月5日、阪神競馬場での重賞(GIII)チューリップ賞。ここでは直線インコースから抜け出し勝利。この勝利で騎手武幸四郎が通算400勝を達成した。その後の桜花賞では5番人気も6着に敗れ、優駿牝馬(オークス)では、予想に反しての逃げで4着に粘った。エイシンテンダー フレッシュアイペディアより)

  • ブルーショットガン

    ブルーショットガンから見た武幸四郎武 幸四郎

    2001年、デビュー戦では武幸四郎騎手が騎乗し2着となり、2戦目で初勝利を挙げる。初の重賞となった函館2歳ステークスでは、5番人気だったが最下位となる13着という結果に終わった。続く2歳500万下のレースでは横山典弘騎手が騎乗するも10着、続く2歳500万下では武英智騎手が騎乗するも6着と2勝目を挙げられず2歳を終えた。ブルーショットガン フレッシュアイペディアより)

  • メイショウトウコン

    メイショウトウコンから見た武幸四郎武 幸四郎

    2006年8月12日、札幌競馬場での3歳上500万下のレースでは初のダートで4番人気だったが見事勝利した。この時は2度目の騎乗となる武幸四郎騎手が騎乗しており、以降主戦騎手となり、ダートを中心に出走するようになる。その後、1000万下クラスの大雪ハンデで2着になり、次のアカシヤ特別で勝利し連敗することなく1600万下クラスに昇級し、花園ステークスでは昇級緒戦ながら勝利しオープン馬となり2006年を終えた。メイショウトウコン フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルロック

    オリエンタルロックから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年、7月8日に函館競馬場で行われた2歳新馬戦で武幸四郎が騎乗してデビューし、5番人気で3着。その後デビュー3戦目の未勝利戦を制し初勝利。初の重賞挑戦となった札幌2歳ステークスでは、武豊に乗り替わり、6番人気ながら豪快な追い込みで制し重賞初勝利を挙げ、10月3日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、102ポンドの評価を得た。この勝利は父マンハッタンカフェにとっても産駒のJRA重賞初制覇となった。札幌2歳ステークス後は東京スポーツ杯2歳ステークスに出走登録を行っていたが、11月13日に左前脚の挫石が判明したため回避。ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで復帰。しかし11着に敗れた。オリエンタルロック フレッシュアイペディアより)

  • メジロマイヤー

    メジロマイヤーから見た武幸四郎武 幸四郎

    2004年、5歳となっての緒戦である新春ステークス(1600万下)こそ16着と大敗してしまうが、その後の1600万下クラスのレースを3着、2着、2着と好走し、鞍上に武豊を迎えた道頓堀ステークス(1600万下)で約2年振りの勝利を挙げた。そして次走のオーストラリアトロフィーも勝利し、2連勝で約2年振りのGI挑戦となった第54回安田記念では武幸四郎が騎乗し、大逃げの走りを見せるも12番人気で最下位の18着と大敗してしまった。その後長期休養となる。メジロマイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 江田勇亮

    江田勇亮から見た武幸四郎武 幸四郎

    同期には秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、板倉真由子、押田純子、武士沢友治、松田大作らがいる。デビュー当時の夢は「名馬の子で勝ちたい」。江田勇亮 フレッシュアイペディアより)

  • 村田一誠

    村田一誠から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年に美浦の松永勇厩舎所属騎手としてデビュー。同期には秋山真一郎、武幸四郎、勝浦正樹、松田大作、武士沢友治、押田純子らがいる。村田一誠 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷泰造

    杉谷泰造から見た武幸四郎武 幸四郎

    小学2年生の時に、日本中央競馬会の役員から騎手への転向を打診されたこともあったが、杉谷は「ボクは乗馬の発展に尽くしたい」として断ったいきさつがある。父の昌保は武邦彦と親交があり、武幸四郎は過去に実家である杉谷乗馬クラブを訪れた事もある。杉谷泰造 フレッシュアイペディアより)

  • ローマンエンパイア

    ローマンエンパイアから見た武幸四郎武 幸四郎

    明けて2002年、東京競馬場の重賞GIII京成杯に挑戦。母にヤマニンパラダイスを持つ良血馬ヤマニンセラフィムと、父サクラローレルの初年度産駒として注目されたローマンエンパイアの両頭に人気が集中。レースは先に抜け出したヤマニンセラフィムを大外からローマンエンパイアが追い込み、際どい一騎討ちの末に1着同着となった。次に出走したのは3月、ヤマニンセラフィムと再度対戦となった中山競馬場のGII弥生賞で、ヤマノブリザードやバランスオブゲームら素質馬が集まる一戦となった。レースは逃げたバランスオブゲームを、大外を回っての直線一気で捕らえ切れず2着に敗退。騎乗した武幸四郎の仕掛けの遅さを非難する声もあったが、「負けてなお強し」という印象を観衆に焼き付けた(この弥生賞ではヤマニンセラフィムが骨折して6着と大敗、その後両者の対戦はない)。その後はクラシック第1弾GI皐月賞へ進み、タニノギムレットら強力メンバーが集ったなか、2番人気に支持されるが体調不良もあり、やや出遅れて後方のまま14着に大敗。さらに左肩跛行の症状を見せたため、長期休養に入った。ローマンエンパイア フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード