60件中 11 - 20件表示
  • 栗田勝

    栗田勝から見た武幸四郎武 幸四郎

    飲酒関係のエピソードが少なくない栗田であるが、今では武豊・武幸四郎の父として有名な武邦彦とは違い、『酒豪』と言う訳では無い。深酒する事が多かったが、武邦彦の様に『浴びる様に飲んでも酔わない』と言うタイプでは無く、泥酔する事も少なく無かった。事実、有馬記念前週に五冠馬・シンザンのオープン競走(1965年12月18日中山競馬)出走を巡って武田師と対立。押し切られた腹いせにレース前日にも関わらず小料理屋でヤケ酒をし泥酔した結果、翌日のレースをすっぽかしてしまい翌週からの騎乗停止処分を受け、肝心の有馬記念には弟弟子の松本善登が急遽騎乗する原因となっている。栗田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本競馬

    1997年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    3月2日、武幸四郎騎手がマイラーズカップをオースミタイクーンで初勝利、初重賞制覇。デビューした週の重賞制覇は史上初。また、武豊騎手が同日の弥生賞をランニングゲイルで勝利し、兄弟同日重賞制覇となった。1997年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    菊花賞(京都競馬場・10月22日) 優勝 :ソングオブウインド(騎手 :武幸四郎2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアマポーラ

    リトルアマポーラから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年12月8日、ミルコ・デムーロを鞍上に迎えた新馬戦でディープインパクトの半妹ヴェルザンディらを破り初勝利を飾る。2戦目では武幸四郎に乗り替わり、17頭中9番人気となったが最後の直線で外から豪快に差し切り2勝目を挙げた。リトルアマポーラ フレッシュアイペディアより)

  • 西郷寅太郎

    西郷寅太郎から見た武幸四郎武 幸四郎

    家督は次男の隆輝が継ぐが、隆輝に継嗣がいなかったため、その後を寅太郎の三男・吉之助が継ぐ。吉之助は貴族院議員・参議院議員となり法務大臣を務める。ちなみに、妻・ノブ(信子・隆輝、吉之助の母)の父・園田実徳は武豊・武幸四郎の曾祖父・武彦七の兄にあたるため、彼らは遠縁関係となる。西郷寅太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柴山雄一

    柴山雄一から見た武幸四郎武 幸四郎

    しかし、12期生入学試験のときから競馬学校を受験するも、3年連続で不合格となった。最初の受験時には福永祐一や細江純子らと一緒になり、次の年には武幸四郎や勝浦正樹らと、最後の年には酒井学や池添謙一らと一緒に受験した。柴山雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 武永祥

    武永祥から見た武幸四郎武 幸四郎

    武 永祥(たけ ながよし、1948年9月22日 - )は、JRAの栗東トレーニングセンター・田中章博厩舎に所属する元騎手の調教助手。長男は武英智騎手、父は武平三元調教師、兄は武宏平調教師、義理の弟は作田誠二調教師、従兄弟に武邦彦元調教師、従甥に武豊騎手、武幸四郎騎手がいる。武永祥 フレッシュアイペディアより)

  • 松田大作

    松田大作から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年競馬学校第13期生として栗東・崎山博樹厩舎所属の騎手としてデビュー。同期には村田一誠、秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、武士沢友治、押田純子らがいる。松田大作 フレッシュアイペディアより)

  • 村田一誠

    村田一誠から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年に美浦の松永勇厩舎所属騎手としてデビュー。同期には武幸四郎、勝浦正樹、松田大作、武士沢友治、押田純子らがいる。村田一誠 フレッシュアイペディアより)

  • 山田和広

    山田和広から見た武幸四郎武 幸四郎

    坪との師弟関係は競馬界での美しい師弟関係の象徴として示されることが多いが、この厩舎は基本的に山田の選択いかんでそのほかを決めていた。ほかに乗っていた騎手は、野元昭嘉、太宰啓介、武幸四郎、福永祐一と二世騎手が多かった反面、小屋敷昭や田面木博公という、山田所属以前に積極的に使っていた騎手も多かった。山田和広 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード