69件中 21 - 30件表示
  • うまなで〜UMA to NADESHIKO〜

    うまなで〜UMA to NADESHIKO〜から見た武幸四郎武 幸四郎

    皐月賞前の突撃取材では、栗東トレセン所属で本命視されていたフサイチホウオーを担当。厩舎に訪れて馬に直接触れるなどして熱心に応援していたが、本番では同馬が3着に敗退。それ以後東原が本命印を打った馬がことごとくレースで敗れてしまう事態が続いたため、競馬界の大御所の一人・杉本清に代わって「本命キラー」と呼ばれている。5月27日放送分の第74回東京優駿予想特集では、ヒラボクロイヤルに騎乗する武幸四郎騎手のVTRインタビューにおいてヴィクトリアマイルで東原が本命にし本番でも断然の1番人気に押されていたカワカミプリンセスで惨敗したことを持ち出され「亜希ちゃんが本命にするから負けた」とまで口にされたように既に競馬サークル内でも都市伝説化している。この言葉を聞いた東原は、急遽買い目フリップにヒラボクロイヤルを追加。その行為はうまなでさんから「DEATH NOTEに書かれた」と揶揄された。春シーズンは第48回宝塚記念まで予想は全敗、秋のGIシリーズになってからもずっと連敗が続いていたが11月11日の第32回エリザベス女王杯でダイワスカーレットを本命に推奨、結果は見事1着で自身の誕生日についに番組開始以来の連敗を38で止めた。しかし結果的には番組自体を1年で終わらせ、さらには途中から出演した『スーパー競馬』の幕も引くこととなった。うまなで〜UMA to NADESHIKO〜 フレッシュアイペディアより)

  • コスモヴァレンチ

    コスモヴァレンチから見た武幸四郎武 幸四郎

    新馬戦を5馬身差で圧勝すると、連闘で臨んだ第24回小倉2歳ステークスでは武幸四郎を鞍上に迎え、好位からの競馬で2着ケイアイフウジンに3/4馬身の差をつけて優勝、勝ちタイムの1:08.2はレースレコードであった。また、この勝利は、マイネルラヴ産駒の重賞初制覇でもあった。コスモヴァレンチ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見た武幸四郎武 幸四郎

    正月を厩舎で過ごして出走した日経新春杯では、再びスウィフトカレントや、故障明けのインティライミらとの対戦となった。ここでも前走で見せた先行からの抜け出しを披露し、自身初の連勝で待望の重賞初勝利を挙げた。しかしその後、胸椎棘突起骨折を発症し、春から夏にかけて休養することになった。復帰戦は翌年との話もあったが、結局武幸四郎に乗り替わって第51回有馬記念に出走。クラシックで苦杯をなめた同期のディープインパクトの引退レースでもあり、14頭立ての12番人気だったが、後方からのレースで8着というまずまずの結果を残した。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    菊花賞(京都競馬場・10月22日) 優勝 :ソングオブウインド(騎手 :武幸四郎2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡康太

    藤岡康太から見た武幸四郎武 幸四郎

    1988年、調教師である藤岡健一の二男として生まれる。兄・佑介に影響され乗馬を始め、その後父の影響で競馬の騎手を志す。2004年に競馬学校第23期生として入学、同期生には浜中俊らがいた。2007年に平地・障害の免許を取得する。同年、宮徹厩舎の所属となり、3月3日に中京競馬場で行われた3歳未勝利戦にて初騎乗を果たす。このレースで、父・健一の管理馬で1番人気に推されたヤマニンプロローグに騎乗した藤岡は、2着に1/2馬身差をつけ勝利、JRA史上42人目となる初騎乗・初勝利を達成した。また、この日の騎乗回数8回は1996年の福永祐一、1997年の武幸四郎と並ぶデビュー日最多騎乗回数タイ記録であった。藤岡康太 フレッシュアイペディアより)

  • ファストタテヤマ

    ファストタテヤマから見た武幸四郎武 幸四郎

    ファストタテヤマは日本の競走馬。おもな勝ち鞍はデイリー杯2歳ステークス、京都新聞杯。後方からの追い込みを武器に、しばしば波乱を起こす穴馬として人気を博した。主戦騎手は安田康彦と武幸四郎ファストタテヤマ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本競馬

    2016年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    8日 - JRAは平成29年度の調教師試験合格者を発表し、現役騎手の武幸四郎(栗東)と田中博康(美浦)を含む7名が合格した。これにより両騎手は2017年2月28日付で騎手を引退することになる。2016年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • JRAジョッキーDay

    JRAジョッキーDayから見た武幸四郎武 幸四郎

    第4回: 2010年8月23日(月)開催。武豊が今回初参戦となる。第1回から出場は打診していたが、交流重賞への参戦などでスケジュールの都合がつかず、今回ようやく参戦の運びとなった。この年は「中高年の星」として一躍有名となったゴールデンバージが出走した。出走した時に装着していた蹄鉄は帯広競馬場の「ゴールデンバージ特設コーナー」へ展示された。武幸四郎がエキシビションレースで落橇(らくそり)する一幕もあった。JRAジョッキーDay フレッシュアイペディアより)

  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年はヴィクトリアマイルから始動。2007年2月をもって調教師へ転向するために引退したこれまでの主戦騎手・本田優に替わり武幸四郎が騎乗。1番人気に支持されたが、馬体が絞りきれていなかった上に、久々の出走が響いたのかスタートで出遅れ、直線でも伸びを欠き10着と大敗、デビュー以来初めて他馬に先着を許した。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • ティコティコタック

    ティコティコタックから見た武幸四郎武 幸四郎

    2000年3月26日の阪神競馬で、鞍上に藤井正輝を迎えデビュー、5戦目に初勝利をあげた。8月6日の札幌競馬では、四位洋文の騎乗で5番人気を覆し500万下条件を勝ち上がった。続くHBC賞では松永幹夫が、HTB賞では武幸四郎が手綱を取るが勝ちきれなかった。しかし次の大倉山特別で横山典弘を鞍上に迎え勝利した。次走は武幸四郎が騎乗し初の重賞、しかもGIである秋華賞に出走、10番人気の低評価を覆し重賞初勝利を挙げた。武幸四郎にとってもこれが初のGI勝利となった。しかしこの勝利が本馬にとって生涯で最後の勝ち鞍となる。ティコティコタック フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード