60件中 21 - 30件表示
  • 押田純子

    押田純子から見た武幸四郎武 幸四郎

    競馬学校に13期生として入学。同期には秋山真一郎、板倉真由子、勝浦正樹、武幸四郎、村田一誠、松田大作、武士沢友治らがいる。押田純子 フレッシュアイペディアより)

  • 板倉真由子

    板倉真由子から見た武幸四郎武 幸四郎

    翌年再受験し合格。騎手課程第13期生として入学した。同期には武豊の実弟・武幸四郎や、勝浦正樹、板倉と同世代の武士沢友治、同じく女性の押田純子らがいる。また、この時は板倉や武士沢と同世代の柴山雄一も2度目の入学試験を受けていたが、不合格となった。板倉真由子 フレッシュアイペディアより)

  • 武周雄

    武周雄から見た武幸四郎武 幸四郎

    なお、競馬騎手・武豊、武幸四郎らとの直接のかかわりはない。武周雄 フレッシュアイペディアより)

  • うまなりクン

    うまなりクンから見た武幸四郎武 幸四郎

    1回中山・1回東京開催迄の冬やローカル開催の夏はロケ録画がメイン。1月は忘年会がメイン。珠緒の下着が色かを当てる「うまなり杯アンダーウェア大賞典」や珠緒が鍋の中の何を食べるかを当てる「鍋グランプリ」、顔を隠した写真の中から誰が珠緒かを当てる「珠緒27歳牝馬ステークス」などが行われた。2000年の夏には後藤浩輝と武幸四郎がメインの現役騎手を招いての屋形船でロケ、2000年の16番勝負で負けた福原・田中の2人が有馬記念後の中山競馬場の清掃手伝いをしたこともある(2001年1月13日放送)。うまなりクン フレッシュアイペディアより)

  • 今村康成

    今村康成から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年、2月にJRA競馬学校騎手課程を第13期生として卒業し騎手免許を取得する。同期は武幸四郎、武士沢友治、板倉真由子、松田大作らがいる。今村康成 フレッシュアイペディアより)

  • オグリローマン

    オグリローマンから見た武幸四郎武 幸四郎

    第1子オグリロマンスが1999年3月28日に武幸四郎の騎乗でデビューし3着。同年4月11日に2戦目で初勝利を挙げた。8戦目の雲仙特別(900万下)では武豊が騎乗したが6着に終わった。オグリローマン フレッシュアイペディアより)

  • オースミタイクーン

    オースミタイクーンから見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年マイラーズカップにて戦線復帰も、休み明け・重賞未勝利等不安要素から11番人気と人気を下げていた。だが、周りをあざ笑うかのように直線鋭く抜け出し優勝、鞍上の武幸四郎は前日にデビューしたばかりで、初勝利が初重賞制覇として当時のメディアで話題になる。同馬の手綱は以後全て武幸四郎により取られ、この年の秋にセントウルステークスも制し2つ目の重賞タイトルを獲得、有馬記念では5着に入り健闘した1年となる。オースミタイクーン フレッシュアイペディアより)

  • オリエンタルロック

    オリエンタルロックから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年、7月8日に函館競馬場で行われた2歳新馬戦で武幸四郎が騎乗してデビューし、5番人気で3着。その後デビュー3戦目の未勝利戦を制し初勝利。初の重賞挑戦となった札幌2歳ステークスでは、武豊に乗り替わり、6番人気ながら豪快な追い込みで制し重賞初勝利を挙げ、10月3日に発表された重賞・オープン特別競走レーティングでは、102ポンドの評価を得た。この勝利は父マンハッタンカフェにとっても産駒のJRA重賞初制覇となった。札幌2歳ステークス後は東京スポーツ杯2歳ステークスに出走登録を行っていたが、11月13日に左前脚の挫石が判明したため回避。ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで復帰。しかし11着に敗れた。オリエンタルロック フレッシュアイペディアより)

  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年はヴィクトリアマイルから始動。2007年2月をもって調教師へ転向するために引退したこれまでの主戦騎手・本田優に替わり武幸四郎が騎乗。1番人気に支持されたが、馬体が絞りきれていなかった上に、久々の出走が響いたのかスタートで出遅れ、直線でも伸びを欠き10着と大敗、デビュー以来始めて他馬に先着を許した。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡競馬場

    盛岡競馬場から見た武幸四郎武 幸四郎

    サンセイアールアンドディのパチンコ機『CR GI DREAM』の武豊・幸四郎兄弟によるマッチレースのリーチ「ドリームマッチリーチ」は当競馬場で撮影された。盛岡競馬場 フレッシュアイペディアより)

60件中 21 - 30件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード