69件中 31 - 40件表示
  • ソングオブウインド

    ソングオブウインドから見た武幸四郎武 幸四郎

    2006年1月29日、京都競馬のダート1800メートルの新馬戦でデビュー。鞍上に武豊を迎え単勝1番人気に推されるも、2着に敗れる。その後勝ち切れないレースが続くが、5戦目の未勝利戦、4戦目から手綱を取った武幸四郎を鞍上に初勝利を挙げた。ソングオブウインド フレッシュアイペディアより)

  • オースミタイクーン

    オースミタイクーンから見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年マイラーズカップにて戦線復帰も、休み明け・重賞未勝利等不安要素から11番人気と人気を下げていた。だが、周りをあざ笑うかのように直線鋭く抜け出し優勝、鞍上の武幸四郎は前日にデビューしたばかりで、初勝利が初重賞制覇として当時のメディアで話題になる。同馬の手綱は以後全て武幸四郎により取られ、この年の秋にセントウルステークスも制し2つ目の重賞タイトルを獲得、有馬記念では5着に入り健闘した1年となる。オースミタイクーン フレッシュアイペディアより)

  • メイショウマンボ

    メイショウマンボから見た武幸四郎武 幸四郎

    前2戦で騎乗した飯田祐史が調教師試験に合格し2月末での引退が決定した事から、主戦騎手が武幸四郎に変更となる。メイショウマンボ フレッシュアイペディアより)

  • 安田伊佐夫

    安田伊佐夫から見た武幸四郎武 幸四郎

    子息の康彦が厩舎の主戦騎手であったが、康彦の引退後は武幸四郎への依頼が比較的多かった。その後はベテランから新人まで幅広く依頼していた。なお、武の騎手デビュー初戦のメイショウユリヒメは伊佐夫の管理馬であった。安田伊佐夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松田大作

    松田大作から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年競馬学校第13期生として栗東・崎山博樹厩舎所属の騎手としてデビュー。同期には秋山真一郎、勝浦正樹、武幸四郎、武士沢友治、村田一誠、押田純子らがいる。松田大作 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    19日 - 騎手の武幸四郎が京都市東山区内の飲食店で男に殴打され、左ほおを骨折。20日と21日に小倉競馬場で騎乗予定だった5鞍が乗り替わりとなった。殴打した36歳の男は22日午後に京都府警東山署に自ら出頭し、傷害容疑で逮捕。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルステークス

    ファイナルステークスから見た武幸四郎武 幸四郎

    当日はこのレースに騎乗しなかった武幸四郎がカウントダウンをしたほか、国歌斉唱と、かつて有馬記念で使用された旧式のファンファーレの演奏も行われた。また、当時は重賞競走以外では行われていなかった勝馬投票券への競走名の印字が行われた(後に重賞競走のほか、特別競走・メイクデビューでも印字されるようになった)。ファイナルステークス フレッシュアイペディアより)

  • ビービーガルダン

    ビービーガルダンから見た武幸四郎武 幸四郎

    主戦安藤勝己のドバイ騎乗により武幸四郎に乗替となった高松宮記念では4番人気に推されたが初の左回りに終始苦戦、4角では外に膨らむ等左手前で走ることができないまま16着と大敗を喫した。その後、4月18日のマイラーズカップでは直線で一旦先頭に立つも失速し8着に敗れた。ビービーガルダン フレッシュアイペディアより)

  • スマートレイアー

    スマートレイアーから見た武幸四郎武 幸四郎

    夕月特別に勝利し3勝目をあげ、秋華賞に出走した。後方からの競馬になり最後の直線で追い上げたが2着に敗れた。なお、優勝したメイショウマンボの鞍上は武幸四郎であり、スマートレイアーには武豊が騎乗していたことから、兄弟でのGIワンツーフィニッシュとなった。スマートレイアー フレッシュアイペディアより)

  • 西郷寅太郎

    西郷寅太郎から見た武幸四郎武 幸四郎

    長男・隆幸は夭折。家督は次男の隆輝が継ぐが、隆輝に継嗣がいなかったため、その後を寅太郎の三男・吉之助が継ぐ。吉之助は貴族院議員・参議院議員となり法務大臣を務める。ちなみに、妻・ノブ(信子 隆幸・隆輝・吉之助の母)の父・園田実徳は武豊・武幸四郎の曾祖父・武彦七の兄にあたるため、彼らは遠縁関係となる。西郷寅太郎 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード