60件中 31 - 40件表示
  • コスモバルク

    コスモバルクから見た武幸四郎武 幸四郎

    続く札幌日経オープンは、JRAの競走では初めて地元北海道での出走となった。オープンクラスの別定戦のため、負担重量が62キログラムという過酷な条件となり、また騎乗予定だった五十嵐がレース当日に落馬負傷したため急遽武幸四郎に乗り替わりとなった。それでも単勝1番人気に支持され、レースでは1周目のスタンド前で先頭に立ち、最後の直線も先頭で迎えたが、トウショウナイトに交わされて4馬身差の2着に敗れた。勝利したトウショウナイトの負担重量はコスモバルクより6キログラム軽い56キログラムで、天皇賞(秋)を目指して3週間後に出走するオールカマーの前哨戦であったので、陣営のコメントは「今日はすべて斤量」「手応え十分」などと、前向きなものであった。そのオールカマーでは中団やや後方からレースを進め、馬群のなかで気負うところも見られたが、直線では内ラチ沿いを鋭く伸びて、バランスオブゲームのハナ差の2着に入り、2着以内に与えられる天皇賞(秋)の出走権を獲得した。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • ビービーガルダン

    ビービーガルダンから見た武幸四郎武 幸四郎

    主戦安藤勝己のドバイ騎乗により武幸四郎に乗替となった高松宮記念では4番人気に推されたが初の左回りに終始苦戦、4角では外に膨らむ等左手前で走ることができないまま16着と大敗を喫した。その後、4月18日のマイラーズカップでは直線で一旦先頭に立つも失速し8着に敗れた。ビービーガルダン フレッシュアイペディアより)

  • ブルーショットガン

    ブルーショットガンから見た武幸四郎武 幸四郎

    2001年、デビュー戦では武幸四郎騎手が騎乗し2着となり、2戦目で初勝利を挙げる。初の重賞となった函館2歳ステークスでは、5番人気だったが最下位となる13着という結果に終わった。続く2歳500万下のレースでは横山典弘騎手が騎乗するも10着、続く2歳500万下では武英智騎手が騎乗するも6着と2勝目を挙げられず2歳を終えた。ブルーショットガン フレッシュアイペディアより)

  • ティコティコタック

    ティコティコタックから見た武幸四郎武 幸四郎

    2000年3月26日の阪神競馬で、鞍上に藤井正輝を迎えデビュー、5戦目に初勝利をあげた。8月6日の札幌競馬では、四位洋文の騎乗で5番人気を覆し500万下条件を勝ち上がった。続くHBC賞では松永幹夫が、HTB賞では武幸四郎が手綱を取るが勝ちきれなかった。しかし次の大倉山特別で横山典弘を鞍上に迎え勝利した。次走は武幸四郎が騎乗し初の重賞、しかもGIである秋華賞に出走、10番人気の低評価を覆し重賞初勝利を挙げた。武幸四郎にとってもこれが初のGI勝利となった。しかしこの勝利が本馬にとって生涯で最後の勝ち鞍となる。ティコティコタック フレッシュアイペディアより)

  • メジロマイヤー

    メジロマイヤーから見た武幸四郎武 幸四郎

    2004年、5歳となっての緒戦である新春ステークス(1600万下)こそ16着と大敗してしまうが、その後の1600万下クラスのレースを3着、2着、2着と好走し、鞍上に武豊を迎えた道頓堀ステークス(1600万下)で約2年振りの勝利を挙げた。そして次走のオーストラリアトロフィーも勝利し、2連勝で約2年振りのGI挑戦となった第54回安田記念では武幸四郎が騎乗し、大逃げの走りを見せるも12番人気で最下位の18着と大敗してしまった。その後長期休養となる。メジロマイヤー フレッシュアイペディアより)

  • メイショウトウコン

    メイショウトウコンから見た武幸四郎武 幸四郎

    2006年8月12日、札幌競馬場での3歳上500万下のレースでは初のダートで4番人気だったが見事勝利した。この時は2度目の騎乗となる武幸四郎騎手が騎乗しており、以降主戦騎手となり、ダートを中心に出走するようになる。その後、1000万下クラスの大雪ハンデで2着になり、次のアカシヤ特別で勝利し連敗することなく1600万下クラスに昇級し、花園ステークスでは昇級緒戦ながら勝利しオープン馬となり2006年を終えた。メイショウトウコン フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルステークス

    ファイナルステークスから見た武幸四郎武 幸四郎

    当日はこのレースに騎乗しなかった武幸四郎がカウントダウンをしたほか、国歌斉唱と、かつて有馬記念で使用された旧式のファンファーレの演奏も行われた。また、当時は重賞競走以外では行われていなかった勝馬投票券への競走名の印字が行われた(後に重賞競走のほか、特別競走・メイクデビューでも印字されるようになった)。ファイナルステークス フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た武幸四郎武 幸四郎

    11月3日 - 武幸四郎(滋賀県、競馬)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見た武幸四郎武 幸四郎

    正月を厩舎で過ごして出走した日経新春杯では、再びスウィフトカレントや、故障明けのインティライミらとの対戦となった。ここでも前走で見せた先行からの抜け出しを披露し、自身初の連勝で待望の重賞初勝利を挙げた。しかしその後、胸椎棘突起骨折を発症し、春から夏にかけて休養することになった。復帰戦は翌年との話もあったが、結局武幸四郎に乗り替わって第51回有馬記念に出走。クラシックで苦杯をなめた同期のディープインパクトの引退レースでもあり、14頭立ての12番人気だったが、後方からのレースで8着というまずまずの結果を残した。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • ローマンエンパイア

    ローマンエンパイアから見た武幸四郎武 幸四郎

    明けて2002年、東京競馬場の重賞GIII京成杯に挑戦。母にヤマニンパラダイスを持つ良血馬ヤマニンセラフィムと、父サクラローレルの初年度産駒として注目されたローマンエンパイアの両頭に人気が集中。レースは先に抜け出したヤマニンセラフィムを大外からローマンエンパイアが追い込み、際どい一騎討ちの末に1着同着となった。次に出走したのは3月、ヤマニンセラフィムと再度対戦となった中山競馬場のGII弥生賞で、ヤマノブリザードやバランスオブゲームら素質馬が集まる一戦となった。レースは逃げたバランスオブゲームを、大外を回っての直線一気で捕らえ切れず2着に敗退。騎乗した武幸四郎の仕掛けの遅さを非難する声もあったが、「負けてなお強し」という印象を観衆に焼き付けた(この弥生賞ではヤマニンセラフィムが骨折して6着と大敗、その後両者の対戦はない)。その後はクラシック第1弾GI皐月賞へ進み、タニノギムレットら強力メンバーが集ったなか、2番人気に支持されるが体調不良もあり、やや出遅れて後方のまま14着に大敗。さらに左肩跛行の症状を見せたため、長期休養に入った。ローマンエンパイア フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード