69件中 41 - 50件表示
  • 佐野量子

    佐野量子から見た武幸四郎武 幸四郎

    義弟は元JRA騎手・現調教師の武幸四郎佐野量子 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た武幸四郎武 幸四郎

    11月3日 - 武幸四郎(滋賀県、競馬)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • サクラプレジデント

    サクラプレジデントから見た武幸四郎武 幸四郎

    2003年の初戦はスプリングステークスで、田中が騎乗停止期間中であったため武幸四郎を鞍上に迎えての出走となった。1番人気に支持されたが、後方から伸びを見せたネオユニヴァースに1馬身4分の1離された2着に終わる。皐月賞では騎手が田中に戻り、ネオユニヴァースと差のない2番人気での出走となった。道中は中団に位置取り、最後の直線で外から鋭い脚で伸び、コースの内を回って抜けてきたネオユニヴァースと馬体を併せて2頭で他馬を突き放したが、ネオユニヴァースの鞍上・ミルコ・デムーロと田中の激しい叩き合いの末にアタマ差敗れて皐月賞の戴冠を逃した。その後東京優駿(日本ダービー)へと駒を進めるが、スタート後から折り合いがつかず7着に敗れた。サクラプレジデント フレッシュアイペディアより)

  • コスモバルク

    コスモバルクから見た武幸四郎武 幸四郎

    続く札幌日経オープンは、JRAの競走では初めて地元北海道での出走となった。オープンクラスの別定戦のため、負担重量が62キログラムという過酷な条件となり、また騎乗予定だった五十嵐がレース当日に落馬負傷したため急遽武幸四郎に乗り替わりとなった。それでも単勝1番人気に支持され、レースでは1周目のスタンド前で先頭に立ち、最後の直線も先頭で迎えたが、トウショウナイトに交わされて4馬身差の2着に敗れた。勝利したトウショウナイトの負担重量はコスモバルクより6キログラム軽い56キログラムで、天皇賞(秋)を目指して3週間後に出走するオールカマーの前哨戦であったので、陣営のコメントは「今日はすべて斤量」「手応え十分」などと、前向きなものであった。そのオールカマーでは中団やや後方からレースを進め、馬群のなかで気負うところも見られたが、直線では内ラチ沿いを鋭く伸びて、バランスオブゲームのハナ差の2着に入り、2着以内に与えられる天皇賞(秋)の出走権を獲得した。コスモバルク フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦正樹

    勝浦正樹から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年にデビュー。同期には武幸四郎や秋山真一郎らがいる。初騎乗は1997年3月2日、中山競馬第2競走で、14頭立ての14着だった。初勝利は6月14日、福島競馬第1競走。勝浦正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年度(第13期)武幸四郎競馬学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上村洋行

    上村洋行から見た武幸四郎武 幸四郎

    2年目には53勝を挙げ、若手ながら相当な実力を持った騎手として認知されるようになる。1994年には東京優駿でデビュー3年目ながら2番人気のナムラコクオーに騎乗している(6着)。なお、デビュー3年以内で100勝を達成している騎手は他には武豊、蛯名正義、角田晃一、藤田伸二、福永祐一、武幸四郎、秋山真一郎、池添謙一、北村宏司、藤岡佑介、川田将雅、鮫島良太、三浦皇成らがいるが、競馬学校騎手過程8期生以降に適用された「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」対象となった最初の騎手である。上村洋行 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本競馬

    1997年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    3月2日:武幸四郎騎手がマイラーズカップをオースミタイクーンで初勝利、初重賞制覇。デビューした週の重賞制覇は史上初。また、武豊騎手が同日の弥生賞をランニングゲイルで勝利し、兄弟同日重賞制覇となった。1997年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 武永祥

    武永祥から見た武幸四郎武 幸四郎

    武 永祥(たけ ながよし、1948年9月22日 - )は、JRAの栗東トレーニングセンターに所属する調教助手で元騎手。長男は調教師で元騎手・調教助手の武英智、父は元調教師の武平三、兄は元調教師の武宏平、義理の弟は調教師の作田誠二、従兄弟に元調教師の武邦彦、従甥に騎手の武豊、調教師で元騎手の武幸四郎がいる。武永祥 フレッシュアイペディアより)

  • 武士沢友治

    武士沢友治から見た武幸四郎武 幸四郎

    その後、高校を1年で中途退学。競馬学校騎手課程を経て、1997年中野渡清一厩舎所属騎手としてデビュー。以後2010年10月の厩舎解散まで、同厩舎に所属し続けた。競馬学校では13期生で、同期には美浦には勝浦正樹、村田一誠、板倉真由子、栗東には秋山真一郎、武幸四郎、松田大作らがいる。武士沢友治 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード