69件中 51 - 60件表示
  • 武英智

    武英智から見た武幸四郎武 幸四郎

    武 英智(たけ ひでのり、1980年12月31日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の調教師、元騎手・調教助手。父は同じく元騎手・調教助手武永祥。祖父は元調教師武平三。元調教師武宏平は伯父、調教師作田誠二は義理の叔父にあたる。元調教師武邦彦は叔従父、武豊、武幸四郎兄弟とは再従兄弟(曾祖父は共に武彦七)の関係。武英智 フレッシュアイペディアより)

  • ウインバリアシオン

    ウインバリアシオンから見た武幸四郎武 幸四郎

    初戦の日経賞では岩田康誠が騎乗し、2011年の青葉賞以来1064日ぶりに勝利した。そして天皇賞(春)では、当初騎乗予定であった岩田が騎乗停止のためにアンドレアシュ・シュタルケに乗り替わりとなるはずだったが、シュタルケが当日の第5Rで落馬負傷したために武幸四郎が急遽騎乗することとなった。レースでは直線良く追い込むも先に抜け出したフェノーメノを捕らえきれず、GIでは4度目の2着に惜敗した。ウインバリアシオン フレッシュアイペディアより)

  • 秋山真一郎

    秋山真一郎から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年栗東の野村彰彦厩舎所属騎手としてデビュー。同期には武幸四郎、勝浦正樹、村田一誠らがいる。秋山真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柴山雄一

    柴山雄一から見た武幸四郎武 幸四郎

    しかし、12期生入学試験のときから競馬学校を受験するも、3年連続で不合格となった。最初の受験時には福永祐一や細江純子らと一緒になり、次の年には武幸四郎や勝浦正樹らと、最後の年には酒井学や池添謙一らと一緒に受験した。柴山雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本競馬

    2012年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    武幸四郎(JRA阪神、4月15日)2012年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本競馬

    2013年の日本競馬から見た武幸四郎武 幸四郎

    4月7日に行われた桜花賞ではクリスチャン・デムーロが1着、兄のミルコ・デムーロが2着となり、GIでは初の兄弟騎手による1・2着独占となった。次いで10月13日の秋華賞では武幸四郎が1着、兄の武豊が2着となった。2013年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ブロードアピール

    ブロードアピールから見た武幸四郎武 幸四郎

    鞍上にシルクロードステークスで騎乗した武幸四郎を起用してのレースは最後方からのスタートとなり、先頭が残り400メートルの標識を通過する直前まで最後方に位置していたが、そこから後に鬼脚と呼ばれる末脚を見せる。直線だけで7馬身以上離れ、更に残り200メートル標識通過時点で5馬身ほど離れた先頭を差し切り、逆に2着のエイシンサンルイスに1 1/4差をつけて重賞2勝目を飾った。ブロードアピール フレッシュアイペディアより)

  • リトルアマポーラ

    リトルアマポーラから見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年12月8日、ミルコ・デムーロを鞍上に迎えた新馬戦でディープインパクトの半妹ヴェルザンディらを破り初勝利を飾る。2戦目では武幸四郎に乗り替わり、17頭中9番人気となったが最後の直線で外から豪快に差し切り2勝目を挙げた。リトルアマポーラ フレッシュアイペディアより)

  • オグリローマン

    オグリローマンから見た武幸四郎武 幸四郎

    第1子オグリロマンスが1999年3月28日に武幸四郎の騎乗でデビューし3着。同年4月11日に2戦目で初勝利を挙げた。8戦目の雲仙特別(900万下)では武豊が騎乗したが6着に終わった。オグリローマン フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た武幸四郎武 幸四郎

    8月12日 - 武邦彦(京都府、競馬(競馬評論家、元日本中央競馬会騎手・調教師。日本中央競馬会騎手武豊・武幸四郎兄弟の実父)、* 1938年)2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「武幸四郎」のニューストピックワード