1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 西郷隆盛

    西郷隆盛から見た武幸四郎武 幸四郎

    3度目の妻は慶応元年(1865年)、39歳のときに岩山八郎太の23歳の娘、糸子と結婚。寅太郎(侯爵)・午次郎・酉三の3人の子供をもうけ、先の妻、愛加那の二人の子・菊次郎、お菊を引き取った。第2次佐藤内閣第2次改造内閣の法務大臣・西郷吉之助は寅太郎の子。ちなみに、寅太郎は武豊・武幸四郎の曾祖父の兄弟である園田実徳の娘・ノブと結婚しているため、彼らは遠縁に当たる。またチェリストの大藤桂子も子孫である。西郷隆盛 フレッシュアイペディアより)

  • 京都競馬場

    京都競馬場から見た武幸四郎武 幸四郎

    2007年(平成19年):池添謙一シート(10月6日)、角田晃一シート(10月13日)、渡辺薫彦シート(10月20日)、武豊シート(11月3日)、熊沢重文シート(11月10日)、武幸四郎シート(11月17日)京都競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • ソングオブウインド

    ソングオブウインドから見た武幸四郎武 幸四郎

    2006年1月29日、京都競馬のダート1800メートルの新馬戦でデビュー。鞍上に武豊を迎え単勝1番人気に推されるも、2着に敗れる。その後勝ち切れないレースが続くが、5戦目の未勝利戦、4戦目から手綱を取った武幸四郎を鞍上に初勝利を挙げた。ソングオブウインド フレッシュアイペディアより)

  • 秋山真一郎

    秋山真一郎から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年栗東の野村彰彦厩舎所属騎手としてデビュー。同期には武幸四郎、勝浦正樹、村田一誠らがいる。秋山真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た武幸四郎武 幸四郎

    1997年度(第13期)武幸四郎競馬学校 フレッシュアイペディアより)

  • 安田伊佐夫

    安田伊佐夫から見た武幸四郎武 幸四郎

    子息の康彦が厩舎の主戦騎手であったが、彼の引退後は武幸四郎への依頼が比較的多かった。その後はベテランから新人まで幅広く依頼していた。なお、武の騎手デビュー初戦のメイショウユリヒメは伊佐夫の管理馬であった。安田伊佐夫 フレッシュアイペディアより)

  • 池添謙一

    池添謙一から見た武幸四郎武 幸四郎

    本人曰く「太りにくい体質」のため、他の騎手の多くが負担重量の関係で減量に苦しむ中、ほとんど減量の必要がないという。「サウナに入りながら『ガリガリ君』を食べるのが楽しみ」とのことだが、同じサウナで他の騎手が汗取りを行っている中で食べるため、1期先輩の武幸四郎によく怒られている。池添謙一 フレッシュアイペディアより)

  • サクラプレジデント

    サクラプレジデントから見た武幸四郎武 幸四郎

    2003年の初戦はスプリングステークスで、田中が騎乗停止期間中であったため武幸四郎を鞍上に迎えての出走となった。1番人気に支持されたが、後方から伸びを見せたネオユニヴァースに1馬身4分の1離された2着に終わる。皐月賞では騎手が田中に戻り、ネオユニヴァースと差のない2番人気での出走となった。道中は中団に位置取り、最後の直線で外から鋭い脚で伸び、コースの内を回って抜けてきたネオユニヴァースと馬体を併せて2頭で他馬を突き放したが、ネオユニヴァースの鞍上・ミルコ・デムーロと田中の激しい叩き合いの末にアタマ差敗れて皐月賞の戴冠を逃した。その後東京優駿(日本ダービー)へと駒を進めるが、スタート後から折り合いがつかず7着に敗れた。サクラプレジデント フレッシュアイペディアより)

  • ミニストップ

    ミニストップから見た武幸四郎武 幸四郎

    武幸四郎 プリンパフェ(2008年3月)ミニストップ フレッシュアイペディアより)

  • ジュライカップ

    ジュライカップから見た武幸四郎武 幸四郎

    2000年 日本調教馬のアグネスワールドが優勝、武幸四郎騎手はウイニングヴェンチャー(Winning Venture)に騎乗して7着に終わるジュライカップ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示