前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本テレビ放送網

    高校卒業後の1986年に、静岡第一テレビ(NNN・NNS系列で、読売新聞東京本社や日本テレビ放送網などの読売グループが株主)の子会社静岡第一ビデオ(現・SDTエンタープライズ)に入社。当時の中平公彦社長(当時、静岡第一テレビ副社長を兼任。故人)の取り計らいもあって社員として勤務する傍ら、静岡第一ビデオからSDT東京支社への出向社員という扱いで日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団した。ちなみに、進学校として名高い清水東から高卒で実業団入りするのは当時としては異例であった。この頃は午前中に一般業務を行ってから、小田急線でよみうりランドまで通った。入団初年度からポジションを獲得すると、1986-87シーズンに11得点を挙げる活躍で2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。この活躍により武田は新人王とベスト11、日本年間最優秀選手賞を受賞した。また1987年には日本代表にも選出され、ソウルオリンピック予選に出場、第1戦のインドネシア戦で代表デビューを飾ると、この試合で代表初得点を記録した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た中山雅史

    中学卒業後は地元の浜松を離れ、静岡県立清水東高等学校へ進学した。当時越境進学するケースは少なく「故郷を捨てる裏切り者」と新聞に叩かれた。1年時からセンターフォワードのポジションを獲得すると全国高等学校サッカー選手権大会静岡県予選では9得点を挙げる活躍で得点王とMVPを獲得。本大会では5得点を挙げる活躍で準優勝に貢献、大会優秀選手に選ばれ高校選抜の一員としてヨーロッパ遠征に参加した。国体には1年時から出場し、1年時と2年時には準優勝、3年時には中山雅史らと共に参加、準決勝の三重県選抜戦にて7得点を挙げる活躍などで優勝に貢献した。しかし、清水東高では3年時に主将を務めたものの、冬の高校選手権予選では準決勝で敗退した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た三浦知良

    その後、選手として伸び悩み、代表からも外れたが、1989-90シーズンには13得点を挙げ復活を果たし、翌1990年に代表へ復帰。同年にブラジルから三浦知良が加入すると三浦とのコンビで1990-91、1991-92シーズンのリーグ連覇に貢献した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たホリプロ

    武田 修宏(たけだ のぶひろ、1967年5月10日 - )は、日本の元サッカー選手。現在はスポーツコメンテーター・タレント(ホリプロ所属)。浜松市立佐藤小学校・浜松市立丸塚中学校・静岡県立清水東高校卒業。元日本代表。Jリーグ通算94ゴール(8位タイ)、日本サッカーリーグ (JSL) 新人王・MVP、ベストイレブンはJSL時代3回・Jリーグ時代1回の記録を持つ。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た森光子

    森光子の国民栄誉賞を記念して和田アキ子が記念パーティーを開き、その際にホリプロ所属タレントの後輩である武田に盛り上げ役を頼んだ。パーティの席上、武田は下ネタ話を連発し、見かねた和田に(制止の意味で)テーブルの下で足を蹴られても、下ネタ話を続けた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た西川史子西川 史子

    西川史子を口説いたことがあるという。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たディエゴ・マラドーナ

    パラグアイでは、「日本のマラドーナが来た」と騒がれた。その名付けは元パラグアイ代表GK・チラベルトであり、歓迎試合として所属クラブのルケーニョ対パラグアイ代表のゲームが行われた。当時は「一人部屋に戻ると、病気になると誰にも気づかれずに死んでしまうのではないか」と考えるほど孤独に耐えていたことを、後に明かしている。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た都並敏史

    マルちゃん麺づくり(東洋水産) - 都並敏史、菊原志郎、藤川孝幸との共演武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た高木琢也

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「武田修宏」のニューストピックワード