2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 武田 修宏

    武田修宏から見たシンガポール

    静岡県浜松市中区で、トラック運転手の父と看護師の母との間に生まれる。小学校1年の頃にサッカーを始めた。少年時代から静岡県内では天才サッカー少年と呼ばれ、浜松市立丸塚中学校2年時には東海選抜に選出され全日本選抜中学生サッカー大会で優勝、3年時には日本ジュニアユース代表に選出されシンガポールで開催されたライオンシティカップに出場し得点王となった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たクラブ

    ディスコ(クラブ)好きで、バブル景気の頃はマハラジャ、エムザ有明、ジュリアナ東京などへ通い、毎晩をパーティのように過ごしていた。レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチのバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本テレビ系列

    これらの活躍で武田は、1987-88シーズンのJSLのPRポスターのモデルに選ばれるなど新たなスター選手として扱われるようになった。またルックスの良さやファッションセンスからサッカー以外の雑誌やテレビで紹介されるようになり、1988年1月15日の成人の日には日本テレビ系列で『サッカー青春賛歌「ストライカーへの道」武田修宏20歳からの挑戦』と題したドキュメンタリー番組が放送されるなど、異例の扱いを受けた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た布団乾燥機

    性格は几帳面な方で、朝起きたら必ず布団を乾燥機にかけ、また次の日着ていく服と履いていく靴は全部前夜のうちに用意しておくほど。部屋も机の上も散らかっていると落ち着かないので常に掃除、整頓をしている。また、前夜どれだけ酒を飲んでも次の朝は必ず8時に起きるという規則正しい生活を送っていた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た静岡第一テレビ

    高校卒業後の1986年に、静岡第一テレビ(NNN・NNS系列で、読売新聞東京本社や日本テレビ放送網などの読売グループが株主)の子会社静岡第一ビデオ(現・SDTエンタープライズ)に入社。当時の中平公彦社長(当時、静岡第一テレビ副社長を兼任。故人)の取り計らいもあって社員として勤務する傍ら、静岡第一ビデオからSDT東京支社への出向社員という扱いで日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団した。ちなみに、進学校として名高い清水東から高卒で実業団入りするのは当時としては異例であった。この頃は午前中に一般業務を行ってから、小田急線でよみうりランドまで通った。入団初年度からポジションを獲得すると、1986-87シーズンに11得点を挙げる活躍で2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。この活躍により武田は新人王とベスト11、日本年間最優秀選手賞を受賞した。また1987年には日本代表にも選出され、ソウルオリンピック予選に出場、第1戦のインドネシア戦で代表デビューを飾ると、この試合で代表初得点を記録した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本年間最優秀選手賞

    高校卒業後の1986年に、静岡第一テレビ(NNN・NNS系列で、読売新聞東京本社や日本テレビ放送網などの読売グループが株主)の子会社静岡第一ビデオ(現・SDTエンタープライズ)に入社。当時の中平公彦社長(当時、静岡第一テレビ副社長を兼任。故人)の取り計らいもあって社員として勤務する傍ら、静岡第一ビデオからSDT東京支社への出向社員という扱いで日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団した。ちなみに、進学校として名高い清水東から高卒で実業団入りするのは当時としては異例であった。この頃は午前中に一般業務を行ってから、小田急線でよみうりランドまで通った。入団初年度からポジションを獲得すると、1986-87シーズンに11得点を挙げる活躍で2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。この活躍により武田は新人王とベスト11、日本年間最優秀選手賞を受賞した。また1987年には日本代表にも選出され、ソウルオリンピック予選に出場、第1戦のインドネシア戦で代表デビューを飾ると、この試合で代表初得点を記録した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たドーハの悲劇

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た外国人タレント

    番組出演をきっかけにイタリア人の外国人タレントのベリッシモ・フランチェスコと仲が良い。街で二人で遊ぶ姿が目撃される。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たジュリアナ東京

    ディスコ(クラブ)好きで、バブル景気の頃はマハラジャ、エムザ有明、ジュリアナ東京などへ通い、毎晩をパーティのように過ごしていた。レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチのバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た1994 FIFAワールドカップ

    日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)創設に伴い読売クラブがヴェルディ川崎と改組された後も、三浦、ラモス瑠偉、北澤豪らと共に中心選手としてチームを支え黄金時代を築いた。当時の武田の年俸は1億2千万円と言われ、JSL時代よりも多くの収入を手に入れると共に人気選手として注目を集めた。日本代表にも引き続き選出されたが、ハンス・オフト監督の下では高木琢也や中山雅史といった同年代の選手に比べ出場機会は少なく、控え選手としてベンチを温めることが多かった。後に「ドーハの悲劇」と呼ばれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選・イラク戦では試合終盤の81分に中山と交代で出場するも、試合終了間際の致命的な判断ミスがロスタイムでの失点につながり非難を浴びた。その後、1994年のパウロ・ロベルト・ファルカン体制での出場を最後に、日本代表に招集されなくなった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「武田修宏」のニューストピックワード