103件中 51 - 60件表示
  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本プロサッカーリーグ

    武田 修宏(たけだ のぶひろ、1967年5月10日 - )は、日本の元サッカー選手。現在はスポーツコメンテーター・タレント(ホリプロ所属)。浜松市立佐藤小学校・浜松市立丸塚中学校・静岡県立清水東高校卒業。元日本代表。Jリーグ通算94ゴール(8位タイ)、日本サッカーリーグ (JSL) 新人王・MVP、ベストイレブンはJSL時代3回・Jリーグ時代1回の記録を持つ。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た浜松市立丸塚中学校

    武田 修宏(たけだ のぶひろ、1967年5月10日 - )は、日本の元サッカー選手。現在はスポーツコメンテーター・タレント(ホリプロ所属)。浜松市立佐藤小学校・浜松市立丸塚中学校・静岡県立清水東高校卒業。元日本代表。Jリーグ通算94ゴール(8位タイ)、日本サッカーリーグ (JSL) 新人王・MVP、ベストイレブンはJSL時代3回・Jリーグ時代1回の記録を持つ。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た静岡県立清水東高等学校

    武田 修宏(たけだ のぶひろ、1967年5月10日 - )は、日本の元サッカー選手。現在はスポーツコメンテーター・タレント(ホリプロ所属)。浜松市立佐藤小学校・浜松市立丸塚中学校・静岡県立清水東高校卒業。元日本代表。Jリーグ通算94ゴール(8位タイ)、日本サッカーリーグ (JSL) 新人王・MVP、ベストイレブンはJSL時代3回・Jリーグ時代1回の記録を持つ。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た京都サンガF.C.

    1996年、武田は出身地の浜松に隣接する磐田市のジュビロ磐田に移籍したのを皮切りに、一旦ヴェルディに復帰後、京都パープルサンガ、ジェフユナイテッド市原と移籍した。。磐田ではDFの右サイドバックとして起用される事が多く(後述)、ラモスの存在が決断を促した京都移籍はシーズン途中にラモスがヴェルディに復帰したため武田が取り残される形となり、市原では2年間のリーグ戦で19ゴールと活躍したがチームはJ2降格の危機にさらされるなどの苦難も味わった。1999年のシーズン終了後、市原から戦力外通告を受ける。その後、古巣のヴェルディに市原時代の1/4の年俸で移籍復帰する(ヴェルディ川崎としての最終年)。ヴェルディで出番を与えられなかった2000年の途中にはパラグアイのスポルティボ・ルケーニョに移籍して活動の場を求めたが、3か月後に監督が交代、退団した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たバブル景気

    ディスコ(クラブ)好きで、バブル景気の頃はマハラジャ、エムザ有明、ジュリアナ東京などへ通い、毎晩をパーティのように過ごしていた。レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチのバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たU-17サッカー日本代表

    静岡県浜松市中区で、トラック運転手の父と看護師の母との間に生まれる。小学校1年の頃にサッカーを始めた。少年時代から静岡県内では天才サッカー少年と呼ばれ、浜松市立丸塚中学校2年時には東海選抜に選出され全日本選抜中学生サッカー大会で優勝、3年時には日本ジュニアユース代表に選出されシンガポールで開催されたライオンシティカップに出場し得点王となった。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た布団

    性格は几帳面な方で、朝起きたら必ず布団を乾燥機にかけ、また次の日着ていく服と履いていく靴は全部前夜のうちに用意しておくほど。部屋も机の上も散らかっていると落ち着かないので常に掃除、整頓をしている。また、前夜どれだけ酒を飲んでも次の朝は必ず8時に起きるという規則正しい生活を送っていた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た成人の日

    これらの活躍で武田は、1987-88シーズンのJSLのPRポスターのモデルに選ばれるなど新たなスター選手として扱われるようになった。またルックスの良さやファッションセンスからサッカー以外の雑誌やテレビで紹介されるようになり、1988年1月15日の成人の日には日本テレビ系列で『サッカー青春賛歌「ストライカーへの道」武田修宏20歳からの挑戦』と題したドキュメンタリー番組が放送されるなど、異例の扱いを受けた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たパラグアイ

    1996年、武田は出身地の浜松に隣接する磐田市のジュビロ磐田に移籍したのを皮切りに、一旦ヴェルディに復帰後、京都パープルサンガ、ジェフユナイテッド市原と移籍した。。磐田ではDFの右サイドバックとして起用される事が多く(後述)、ラモスの存在が決断を促した京都移籍はシーズン途中にラモスがヴェルディに復帰したため武田が取り残される形となり、市原では2年間のリーグ戦で19ゴールと活躍したがチームはJ2降格の危機にさらされるなどの苦難も味わった。1999年のシーズン終了後、市原から戦力外通告を受ける。その後、古巣のヴェルディに市原時代の1/4の年俸で移籍復帰する(ヴェルディ川崎としての最終年)。ヴェルディで出番を与えられなかった2000年の途中にはパラグアイのスポルティボ・ルケーニョに移籍して活動の場を求めたが、3か月後に監督が交代、退団した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たレースクイーン

    ディスコ(クラブ)好きで、バブル景気の頃はマハラジャ、エムザ有明、ジュリアナ東京などへ通い、毎晩をパーティのように過ごしていた。レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチのバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「武田修宏」のニューストピックワード