126件中 51 - 60件表示
  • 武田 修宏

    武田修宏から見た東京モーターショー

    ディスコ(クラブ)好きで有名で、夜な夜な六本木や西麻布などで目撃されており、そのことがテレビのトーク番組などでよくネタにされている。また、水内猛に自分は木村拓哉よりかっこ良いと力説していたことを暴露されていた。レースクイーンが大好きで、1995年の東京モーターショーでは、出演レースクイーン全員にグッチのバンブーバックをプレゼントしていたという伝説もある。(但し、この件については写真週刊誌FLASH2012年3月20日号で否定している)武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本サッカー協会

    引退後は日本テレビでサッカー解説者を務めるほか、バラエティ番組や旅番組などに出演している。NHK教育テレビ『スペイン語会話』の生徒役(2004年度)としてもレギュラー出演している。2004年からは日本サッカー協会が認定するJFAアンバサダーとしてサッカーの普及に貢献している。2005年日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た現役引退

    2001年、武田は川崎から本拠地を移転した東京ヴェルディ1969へ3度目の復帰を果たし、チームでの活躍と日本代表復帰を目指したが、同年を最後に現役引退。引退は相談したホリプロの会長に勧められたという。よみうりランドで行った引退会見では涙ながらに心情を吐露し(「できれば、辞めたくなかったです」の台詞)、その場にいた記者から拍手が湧き上がり、チーム本拠地の東京スタジアムで行われた第81回天皇杯準々決勝の後で引退セレモニーが行われた。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た全国高等学校サッカー選手権大会

    中学卒業後は地元の浜松を離れ、静岡県立清水東高等学校へ進学した。当時越境進学するケースは少なく「故郷を捨てる裏切り者」と新聞に叩かれた。1年時からセンターフォワードのポジションを獲得すると全国高等学校サッカー選手権大会静岡県予選では9得点を挙げる活躍で得点王とMVPを獲得。本大会では5得点を挙げる活躍で準優勝に貢献、大会優秀選手に選ばれ高校選抜の一員としてヨーロッパ遠征に参加した。国体には1年時から出場し、1年時と2年時には準優勝、3年時には中山雅史らと共に参加、準決勝の三重県選抜戦にて7得点を挙げる活躍などで優勝に貢献した。しかし、清水東高では3年時に主将を務めたものの、冬の高校選手権予選では準決勝で敗退した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たサッカーパラグアイ代表

    パラグアイでは、「日本のマラドーナが来た」と騒がれた。その名付けは元パラグアイ代表GK・チラベルトであり、歓迎試合として所属クラブのルケーニョ対パラグアイ代表のゲームが行われた。当時は「一人部屋に戻ると、病気になると誰にも気づかれずに死んでしまうのではないか」と考えるほど孤独に耐えていたことを、後に明かしている。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たジェフユナイテッド市原・千葉

    1996年、武田は出身地の浜松に隣接する磐田市のジュビロ磐田に移籍したのを皮切りに、一旦ヴェルディに復帰後、京都パープルサンガ、ジェフユナイテッド市原と移籍した。。磐田ではDFの右サイドバックとして起用される事が多く(後述)、ラモスの存在が決断を促した京都移籍はシーズン途中にラモスがヴェルディに復帰したため武田が取り残される形となり、市原では2年間のリーグ戦で19ゴールと活躍したがチームはJ2降格の危機にさらされるなどの苦難も味わった。ヴェルディで出番を与えられなかった2000年の途中にはパラグアイのスポルティボ・ルケーニョに移籍して活動の場を求めたが、3か月後に監督が交代、退団した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たジュビロ磐田

    1996年、武田は出身地の浜松に隣接する磐田市のジュビロ磐田に移籍したのを皮切りに、一旦ヴェルディに復帰後、京都パープルサンガ、ジェフユナイテッド市原と移籍した。。磐田ではDFの右サイドバックとして起用される事が多く(後述)、ラモスの存在が決断を促した京都移籍はシーズン途中にラモスがヴェルディに復帰したため武田が取り残される形となり、市原では2年間のリーグ戦で19ゴールと活躍したがチームはJ2降格の危機にさらされるなどの苦難も味わった。ヴェルディで出番を与えられなかった2000年の途中にはパラグアイのスポルティボ・ルケーニョに移籍して活動の場を求めたが、3か月後に監督が交代、退団した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た日本文化出版

    『ゼロからのキックオフ』(日本文化出版、1993年) ISBN 978-4931033962武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見た読売新聞東京本社

    高校卒業後の1986年に、静岡第一テレビ(NNN・NNS系列で、読売新聞東京本社や日本テレビ放送網などの読売グループが株主)の子会社静岡第一ビデオ(現・SDTエンタープライズ)に入社。当時の中平公彦社長(当時、静岡第一テレビ副社長を兼任。故人)の取り計らいもあって社員として勤務する傍ら、静岡第一ビデオからSDT東京支社への出向社員という扱いで日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団した。この頃は午前中に一般業務を行ってから、小田急線でよみうりランドまで通った。入団初年度からポジションを獲得すると、1986-87シーズンに11得点を挙げる活躍で2シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。この活躍により武田は新人王とベスト11、日本年間最優秀選手賞を受賞した。また1987年には日本代表にも選出され、ソウルオリンピック予選に出場、第1戦のインドネシア戦で代表デビューを飾ると、この試合で代表初得点を記録した。武田修宏 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 修宏

    武田修宏から見たアクアハウス (出版社)

    『スタイル ─ 武田流ポジティブの貫き方』(アクアハウス、2002年6月)武田修宏 フレッシュアイペディアより)

126件中 51 - 60件表示

「武田修宏」のニューストピックワード