武蔵丸光洋 ニュース&Wiki etc.

武蔵丸 光洋(むさしまる こうよう、1971年(昭和46年)5月2日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身(生まれは東サモア)で武蔵川部屋所属の元大相撲力士・タレント。第67代横綱。本名同じ、旧名・米国名:フィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)。身長192cm、体重237kg。現在は年寄・武蔵川… (出典:Wikipedia)

「武蔵丸光洋」最新ニュース

「武蔵丸光洋」Q&A

  • Q&A

    大相撲で今までに一番好きな力士を一人教えてください♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年4月5日 09:37

  • Q&A

    元横綱武蔵丸は帰化する際、確か四股名をそのまま日本名にしましたよね。 ですから本名が…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月25日 18:04

  • Q&A

    「えー長い間、本当に、大変お世話になりました。 まあ尽きのみの引退なんですが・・・・…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年11月25日 21:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「武蔵丸光洋」のつながり調べ

  • 大善尊太

    大善尊太から見た武蔵丸光洋

    高校時代は野球部にいたが控え選手で、麒麟児に「相撲ならいつでも試合に出場できるぞ」と勧誘され、実父が力士であったこともあり二所ノ関部屋へ入門した。1981年3月場所に初土俵、1988年3月場所新十両、1991年9月場所に貴ノ浪と12勝3敗で十両優勝を争い、翌11月場所に貴ノ浪・武蔵丸・鬼雷砲らと共に新入幕を果たす。その後十両へ陥落したものの2度目の入幕で幕内に定着し、1994年3月場所で小結に昇進。同年11月場所には横綱・曙を破り初金星を獲得。1995年5月場所に十両に落ちてからしばらく低迷が続いたが、精進を怠らず1999年5月場所、25場所ぶりとなる再入幕を果たした。これは当時における入幕間隔最長記録であった(後に和歌乃山が更新)。2001年5月場所では36歳4ヶ月で再入幕。これは戦後4位の記録(当時)だった。同年11月場所10日目、この日まで全勝の横綱・武蔵丸を寄り切って2個目の金星を挙げた。このとき大善は36歳10カ月、年6場所制度が確立して以降では最年長での金星であった。インタビューでは「今が全盛期です」という名言を残した。2002年3月場所には千秋楽に勝って10勝目を挙げれば敢闘賞受賞が決まっていたが、敗れて受賞はならなかった。2000年7月場所および2001年7月場所から2002年9月場所までの間は、幕内における最年長力士であった。(大善尊太 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年代

    1990年代から見た武蔵丸光洋

    大相撲で武蔵丸光洋が史上2人目の外国人横綱となる。(1990年代 フレッシュアイペディアより)

「武蔵丸光洋」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード