前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示
  • 藤島部屋

    藤島部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    14代武蔵川はハワイ出身の横綱・武蔵丸のほか、大学相撲部出身者の勧誘を積極的に行い、出島・武双山・雅山の3大関など数多くの関取を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。14代武蔵川は「二子山勢に対抗できる部屋を作れたことで、相撲ファンにサービスできたと思う」と当時を振り返っている。藤島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新横綱で迎えた1995年1月場所は初日に武双山に敗れ、1994年9月場所初日から続いた連勝は30でストップした。8日目に魁皇にも敗れたが、14日目に1敗の武蔵丸を破り、千秋楽は13勝2敗で並んだ武蔵丸との優勝決定戦を制し、自身初の3連覇を達成。新横綱の優勝は15日制になってからは、大鵬・隆の里以来史上3人目。3月場所は曙との13勝1敗同士の相星決戦となり、惜しくも敗れて4連覇は逃したが、翌5月場所でも2場所連続で曙との相星決戦となり、雪辱を果たして14勝1敗で優勝した。7月場所では14日目に優勝を決めたが、千秋楽に曙に敗れ、13勝2敗で終えた。翌9月場所でも14日目に優勝を決め、千秋楽は曙を押し出しで破り、自身2度目の3連覇を全勝優勝で飾った。11月場所は初日に琴稲妻、7日目に土佐ノ海に取りこぼして早くも2敗。中日以降は順調に白星を重ね、14日目まで12勝2敗で兄の若乃花と共に優勝争いのトップに立った。千秋楽では若乃花が武双山に敗れ、自身も武蔵丸の注文相撲に屈したため12勝3敗同士の史上初の兄弟優勝決定戦が実現。若乃花の右四つからの下手投げで敗れ、4連覇を逃した。この年1995年(23歳)、プライベートでは8歳年上の河野景子と妊娠6ヶ月でできちゃった婚約(のち結婚)をし、世間を驚かせた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新入幕場所こそ4勝11敗と大きく負け越してしまい十両陥落となるものの、同年11月場所に再入幕し10勝を挙げるとその後は日の出の勢いで番付を上げ、1994年(平成6年)3月場所には対横綱戦初挑戦で曙を下し初金星を獲得、他若ノ花、武蔵丸の2大関を下すなどで初の三賞受賞(殊勲賞)、翌5月場所には早くも新小結となる。1995年(平成7年)1月場所の新関脇場所からは、実に13場所も連続して関脇に在位(豪栄道に次ぐ歴代2位)し、その後も度々三役に上がり、有力な大関候補として期待を寄せられた。しかし1997年(平成9年)5月場所11日目、貴ノ浪戦で左太股を大怪我してしまい、そのケガの回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。それでも大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 単位上等!爆走数取団

    単位上等!爆走数取団から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    相撲に関しては素人のメンバーが元力士(火の竜)にかなう筈はないが、4人だけ勝利したゲストがいる。元横綱の武蔵丸親方兄貴は元横綱だけあって相撲の実力で勝利した(武蔵丸は現役時代にも火の竜と対戦し勝利している)。飯島直子姉貴(火の竜がわざと負けた)と雛形あきこ姉貴(Sの姉貴がMの関取団をビンタし戦意喪失)も勝利した。マー坊兄貴(中居)は前衛に事務所の後輩である関ジャニ∞達と9人(通称:関ジャニ9)で勝負したが、後輩に投げ飛ばされて実質関ジャニ∞だけで関取団を追い払い勝利した。単位上等!爆走数取団 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    千秋楽は2002年9月場所の武蔵丸 - 貴乃花以来、実に4年10か月振りとなる横綱同士の対戦で朝青龍に寄り切りで敗れ、3連敗を喫し11勝4敗に終わった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1990年代は力士の平均体重が増加して大相撲の力士の大型化が進んだ。ハワイ勢で大型力士の小錦・曙や武蔵丸を中心とする武蔵川部屋勢・若貴(若乃花・貴乃花)を中心とする二子山部屋勢時代が1990年代中期から2000年代初頭まで続く。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    5月26日 - 大相撲の武蔵丸光洋、横綱昇進。1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    部屋の指導者としては横綱・武蔵丸のほか、武双山・出島・雅山という3大関を含めた12人の関取を育て上げ、一時期は角界最多数の関取を擁して一時代を築いた。往年は稽古場において平気で竹刀を振るうスパルタぶりで知られていた反面、土俵外では明るく気さくな人物であったという。一方で書籍によっては「"喜怒哀楽"の"怒"の顔しか見せることのなかった『昭和のオヤジ』」と親方時代を評する声も掲載されている。協会員としては役員待遇・監事(現:副理事)・理事と出世していき、2006年2月からは事業部長を務めた。その後、大相撲力士大麻問題を始めとした不祥事が相次ぎ、その処遇を巡って北の湖理事長が辞任したことを受け、2008年9月8日に第10代日本相撲協会理事長に就任した。同年、前2007年の時津風部屋力士暴行死事件を受けてそれまで閉鎖的だった協会に外部役員を招聘し、2015年1月現在でも外部役員の招聘は継続されている。三重ノ海剛司 フレッシュアイペディアより)

  • 八百長

    八百長から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1992年3月場所6日目:武蔵丸光洋(相手の小錦八十吉は対象外)八百長 フレッシュアイペディアより)

  • 琴龍宏央

    琴龍宏央から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    中学卒業後、呼び出し琴二に伴われ佐渡ヶ嶽部屋へ。琴中野の四股名で1987年3月場所初土俵。初土俵から4年で幕下に昇進したが、初めて幕下上位に進出した1993年5月場所を7戦全敗を喫し、直後に髷を切り落として脱走してしまった。父の説得により翻意し、翌1994年7月場所には十両に昇進した。新十両の場所はざんぎり頭であった。1996年7月場所、10年かけて入幕した後は時折見せる豪快な吊りを披露した。力士の大型化が進み昭和と比べ吊りを得意とする力士は減りつつあるが、ぽこりと腹が出た体型がそれを可能としていた。1998年3月場所14日目、対敷島戦では二枚蹴りという珍しい決まり手で勝利した。2004年11月場所頃から肝臓を悪くし、2005年3月場所は「肝機能障害、高血圧、糖尿病」で途中休場。場所後も体調の回復が思わしくなく、体重は20kgも落ちたという。最後は立っているのも辛かったといい、師匠に自ら申し入れて五月場所前の同年4月22日、体力の限界を理由に引退した。引退後の会見で、思い出に残る取組として2000年1月場所2日目、横綱武蔵丸に2分半近い相撲で勝った一番を挙げた。この時を含め3度前頭筆頭まで上がっているが三役はならなかった。琴龍宏央 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
159件中 1 - 10件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード