前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示
  • 単位上等!爆走数取団

    単位上等!爆走数取団から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    相撲に関しては素人のメンバーが元力士(火の竜)にかなう筈はないが、4人だけ勝利したゲストがいる。元横綱の武蔵丸親方兄貴は元横綱だけあってまともな相撲で勝利した(武蔵丸は現役時代にも火の竜に勝利している)。飯島直子姉貴(火の竜がわざと負けた)と雛形あきこ姉貴(Sの姉貴がMの関取団をビンタし戦意喪失)も勝利した。マー坊兄貴(中居正広)は前衛に後輩の関ジャニ∞達と9人(通称:関ジャニ9)で勝負したが、後輩に投げ飛ばされて実質関ジャニ∞だけで関取団を追い払い勝利した。単位上等!爆走数取団 フレッシュアイペディアより)

  • 魁皇博之

    魁皇博之から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新入幕場所こそ4勝11敗と大きく負け越してしまい十両陥落となるものの、同年11月場所に再入幕後は日の出の勢いで番付を上げ、1994年(平成6年)3月場所には横綱曙を下し初金星を獲得、他若ノ花、武蔵丸(のち67代横綱・現武蔵川)の2大関を下すなどで初の三賞受賞(殊勲賞)、翌夏場所には早くも新小結となる。1995年(平成7年)1月場所の新関脇場所からは、実に13場所も連続して関脇に在位(史上最長)し、その後も度々三役に上がり、有力な大関候補として期待を寄せられた。しかし1997年(平成9年)5月場所11日目、貴ノ浪(元大関・現音羽山)戦で左太股を大怪我してしまい、そのケガの回復が遅れて3場所連続休場するなど、足踏みする時期が長く続いた。それでも大関昇進までに2度の優勝同点、4度の優勝次点、史上3位の15回の三賞受賞などを記録し、強豪力士の一人として曙・貴乃花全盛の1990年代の土俵に在った。魁皇博之 フレッシュアイペディアより)

  • 貴乃花光司

    貴乃花光司から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年(平成13年)1月場所は初日から14連勝したが、千秋楽で横綱武蔵丸に敗れて14勝1敗。武蔵丸と同点となり優勝決定戦に廻るも、その一番では武蔵丸に雪辱勝利を果たし、14場所ぶり21度目の復活優勝を遂げた。一度変貌した相撲内容は更に変貌し、嘗ての自在の内容に代わり、完全に腰を固め、充分に捕まえて逡巡せず勝負に出るようになって新生貴乃花を印象付けた。安定感はやや低下したものの、力強さは逆に最盛期以上とも思える相撲振りを印象付けた。貴乃花光司 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    千秋楽は実に4年10か月振りとなる横綱同士の対戦(2002年9月場所の武蔵丸 - 貴乃花以来)で朝青龍に寄り切りで敗れ、3連敗を喫し、11勝4敗に終わった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃和歌清隆

    栃乃和歌清隆から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    当初は突き押し相撲だったが力が強く、四つ相撲に変えてからは左上手を取ると力を発揮した。一時は三役に定着し、1992年3月場所には小結の地位で12勝3敗の好成績を挙げ、千秋楽まで優勝戦線に残ったこともある。大関も期待されたが、攻めが遅いうえにさらに体が固く、怪我にも泣かされて結局大関昇進はならなかった。特に武蔵丸(第67代横綱)が前頭〜三役時代に、対戦した際に全敗(結局23連敗、後述)してしまったのが痛かった。引退まで常に幕内上位で相撲を取り続け、幕内在位は76場所を数えた。栃乃和歌清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎勇気

    尾崎勇気から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年5月場所 - 横綱武蔵丸を破って初金星を獲得尾崎勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年(平成13年)1月場所、西正横綱・武蔵丸?東2(枚目)横綱・貴乃花との優勝決定戦で貴乃花の優勝時には、翌3月場所の番付は東正横綱に優勝の貴乃花が挙がり、西正横綱に優勝同点の武蔵丸が据え置かれ、前場所との位置が逆転する形式となった。それ以降、同じ横綱(又は大関)の地位の力士同士が優勝決定戦となった場合、必ず翌場所は優勝力士が東正位横綱(又は大関)の地位に置かれ、優勝同点の力士は西正位横綱(又は大関)以下の位置に廻される事となっている。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のスポーツ

    1999年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    5月26日 - 大相撲の武蔵丸光洋、横綱昇進。1999年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    前2003年11月場所限りで武蔵丸が引退した事により、2004年1月場所の番付で朝青龍は史上8人目の一人横綱となる。なお同1月場所は千秋楽に栃東を押し出しで下し、自身初の全勝優勝を達成した。続く3月場所では、千秋楽に1敗で追う千代大海を引き落としで破り、2場所連続全勝優勝(30連勝)を果たした。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす土俵入りで、大多数の横綱がこちらを選択している。2代梅ヶ谷藤太郎が完成したとされ、以降、栃木山守也・双葉山定次・大鵬幸喜・北の湖敏満・千代の富士貢といった大横綱も多くこの雲龍型である。平成以降では曙太郎・貴乃花光司・武蔵丸光洋・朝青龍明徳が選択しているが、4人は全て幕内優勝を10回以上果たし、横綱の地位も4年以上に渡って務めていた。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
126件中 1 - 10件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード