159件中 91 - 100件表示
  • 小城錦康年

    小城錦康年から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    復調の兆しを見せたのが、東前頭4枚目で迎えた1996年11月場所である。6勝9敗と負け越しはしたものの、優勝した武蔵丸と若乃花、貴ノ浪の3大関に勝利した。幕尻(前頭15枚目)で迎えた1997年3月場所では、三賞こそ逃したものの11勝を挙げる。西前頭5枚目で迎えた5月場所にも11勝を挙げて技能賞を獲得し、完全復活を印象づけた。この頃から小城錦の左四つから一気に寄る相撲の取り口は「速攻相撲」と呼ばれるようになる。小城錦康年 フレッシュアイペディアより)

  • デイリースポーツ

    デイリースポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋(2010〜 武蔵川親方、大相撲評論担当)デイリースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    通算連続勝ち越し記録:50場所(武蔵丸の55場所・白鵬の51場所に次いで歴代3位、1973年7月場所 - 1981年9月場所)北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 琴光喜啓司

    琴光喜啓司から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    再入幕の2000年11月場所では、3日目から9連勝して優勝争いに加わり、1横綱(武蔵丸)3大関(出島・雅山・武双山)を次々に破る殊勲の星を挙げた。結果13勝2敗の好成績ながら惜しくも平幕優勝は逃した(幕内優勝は横綱曙の14勝1敗)ものの、三賞を総ナメにする。この場所西前頭9枚目の位置だったが、小結を飛び越して関脇に昇進した。琴光喜啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 小錦 八十吉

    小錦八十吉 (6代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    入門すると高砂親方(元横綱朝潮)に押し相撲の基礎を教え込まれる。稽古では廻しを取ったり変わったりすると竹刀で容赦なく殴られた。入門当初は兄弟子からいじめを受けたこともあった。兄弟子たちからの暴行や、身の回りの物を頻繁に隠されたり、故郷の親や友人から届いた手紙を捨てられたこともあったが、例え嫌がらせを受けても、その場で仕返しすることはしなかった。稽古で土俵に上がった時に相手を思い切り打ち負かすことで、兄弟子たちへの「復讐」をしていたという。それ以来部屋内で彼をいじめる者は誰もいなくなった。若い頃は?見山に稽古をつけられ言葉や習慣の違いについても相談相手になってもらうなどいろいろと世話になったという。また、水戸泉もよき理解者で、水戸泉が優勝した場所では自ら優勝旗手を務めた。小錦も昇進後は後輩の外国出身力士の面倒をよく見たといい、部屋の後輩南海龍の酒癖を大層心配して、飲みに行った際南海龍が席を立った隙に酒とウーロン茶をすり替えてしまったというエピソードなどが伝わっている。後の横綱武蔵丸は入門当初から目をかけられており、ウエイトトレーニング器具を買ってもらうなどしたこともあるといい、私生活でも上下関係を廃して接する間柄だったという。小錦八十吉 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 蒼樹山秀樹

    蒼樹山秀樹から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1998年1月場所千秋楽、西前頭5枚目でありながら『これより三役』に出場したことがある。これは、対戦相手の武蔵丸(西大関)が、本来であれば終盤に対戦するはずだった貴乃花(東横綱)の休場により上位に対戦する力士がいなくなったためである。なおこの場所の貴乃花は13日目からの休場であるが、前日の12日目は蒼樹山に押し出しで敗れ、2個目の金星を配給した。結果として、貴乃花の休場と、平幕力士としては異例の『これより三役』登場は蒼樹山自身が導いたことになる。『これより三役』は殆どの場合が関脇以上の力士で占められる為、制度上は平幕力士でも出場可能であるが、その機会は極めて稀である。蒼樹山秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 猫騙し

    猫騙しから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    主な幕内の取組では、1899年5月場所5日目、前頭4枚目の大見嵜が関脇梅ノ谷(のち横綱2代目梅ヶ谷)に対し、1943年1月場所9日目、前頭4枚目九州山が大関名寄岩に対し、1962年11月場所5日目、前頭4枚目出羽錦が横綱大鵬に対して仕掛けた。平成以降では舞の海(1991年9月場所6日目の前頭5枚目琴ヶ梅戦、同年11月場所千秋楽の前頭2枚目水戸泉戦など)や皇司(2001年7月場所9日目、横綱武蔵丸戦)などが比較的多く用いていた。猫騙し フレッシュアイペディアより)

  • 湊富士孝行

    湊富士孝行から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    右四つになると力を発揮した。柔軟な身体で、土俵際に攻め込まれても下手投げを打って逆転するといった粘りの相撲が持ち味で一部の好角家からは、「マシュマロマン」の愛称で親しまれた。三役を狙える場所も有ったが、攻めが遅いところがあり昇進できなかった。地味な存在ではあったが、金星は合計3度も獲得しており、1998年1月場所と同5月場所に貴乃花から、1999年9月場所には武蔵丸からそれぞれ殊勲の星を挙げ、地力の高さを示した。2000年に医師の女性と結婚。2001年7月場所を最後に十両に陥落すると、全盛期のような粘りの相撲が取れなくなり十両下位に低迷。2002年9月場所には幕下に陥落したため現役を引退し、所有していた(事実上、元敷島に貸していた)年寄株を使用して年寄・立田川を襲名し、湊部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっていた。2010年7月に師匠である先代の湊親方(元小結・豊山)と名跡を交換し、湊部屋を継承した。湊富士孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 寺尾常史

    寺尾常史から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    金星:7個(千代の富士1個、北勝海1個、大乃国3個、貴乃花1個、武蔵丸1個)寺尾常史 フレッシュアイペディアより)

  • 朝嵐大三郎

    朝嵐大三郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2008年10月22日 - 年寄「振分」の名跡を、武蔵川部屋の部屋付き年寄である、元横綱の武蔵丸親方に貸与していることが明らかとなった。朝嵐大三郎 フレッシュアイペディアより)

159件中 91 - 100件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード