126件中 91 - 100件表示
  • 舞の海秀平

    舞の海秀平から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    現役時代最も思い出に残る一番として、1991年11月場所の曙戦を挙げている。立合いの突きをしゃがんで避け、腰に食らいつき、内掛けを狙うまでは作戦通り。それでも曙は倒れないため、もう一方の足を足取りで攻め、最後には頭で相手の腹を押す「三所攻め」でようやく曙を転がすことが出来たという(なお、決まり手は「内掛け」となった)。また、「平成の牛若丸対弁慶」とも称された1992年3月場所での武蔵丸戦でも、腰に食らいつき外掛けと足取りを併用した攻めで勝利している(決まり手は「外掛け」)。舞の海秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 若乃花幹士 (2代)

    若乃花幹士 (2代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    甘いマスクで人気があり蔵間と女性ファンの人気を二分していたが、横綱昇進後は北の湖全盛期と重なってどうしても二番手という印象が拭えず(優勝次点は輪島と並ぶ14回で史上1位、他に優勝決定戦での敗退が2回ある)、優勝回数は4回と少なく、初代若乃花ほどの活躍はできなかった。また、富士櫻を大の苦手としていた(横綱として最初の一番に敗れている)。それでも成績と相撲内容は安定しており、当時北の湖に次いで歴代2位(現在は武蔵丸・北の湖・白鵬に次ぎ、旭富士と並ぶ歴代4位タイ)の記録にあたる通算(幕内)28場所連続勝ち越しの成績を挙げた。また幕内連続2桁勝利も23場所を記録している(当時歴代3位、現在北の湖・白鵬・大鵬に次ぎ歴代4位)。 北の湖との対戦成績は横綱昇進前は11勝11敗と五分だったが、昇進後は7勝14敗と差がついてしまった。一方輪島は逆で、昇進前は6勝14敗と大きく負け越していたが、昇進後は8勝5敗と勝ち越している。若乃花幹士 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 哀川 翔

    哀川翔から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    妻(元女優・青地公美)とは六本木のカラオケ屋「弐壱」にて武蔵丸光洋の昇進パーティーに参加した際に出会った。青地はその日、矢沢永吉の妻とパーティーに来ていた。哀川翔 フレッシュアイペディアより)

  • 八百長

    八百長から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1992年3月場所6日目:武蔵丸光洋(相手の小錦八十吉は対象外)八百長 フレッシュアイペディアより)

  • 小錦 八十吉

    小錦八十吉 (6代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    入門すると高砂親方(元横綱朝潮)に押し相撲の基礎を教え込まれる。入門当初は兄弟子からいじめを受けたこともあったが、翌日の稽古でいじめた兄弟子をさんざんに打ち負かすと、以来部屋内で彼をいじめる者は誰もいなくなった。若い頃は?見山に稽古をつけられ言葉や習慣の違いについても相談相手になってもらうなどいろいろと世話になったという。また、水戸泉もよき理解者で、水戸泉が優勝した場所では自ら優勝旗手を務めた。小錦も昇進後は後輩の外国出身力士の面倒をよく見たといい、部屋の後輩南海龍の酒癖を大層心配して、飲みに行った際南海龍が席を立った隙に酒とウーロン茶をすり替えてしまったというエピソードなどが伝わっている。後の横綱武蔵丸は入門当初から目をかけられており、ウエイトトレーニング器具を買ってもらうなどしたこともあるという。小錦八十吉 (6代) フレッシュアイペディアより)

  • 5月27日

    5月27日から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年 - 大相撲夏場所の千秋楽優勝決定戦で貴乃花が武蔵丸を破り22回目の優勝。小泉純一郎総理は「痛みに耐えてよく頑張った、感動した」と貴乃花を表彰。5月27日 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでしたから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    など収録外に関することや、とんねるずが仕組んだ冤罪であっても執行されてしまう。なお、ハワイ大会では、武蔵丸の従兄弟である「ヴィリ」が特別ゲストとしてケツバット執行人として登場したが、何の意味もなく無差別でケツバットを仕掛ける等、終始暴走気味であった。また、熊本大会では熊の着ぐるみが、石川大会では白クマの着ぐるみがケツバット執行人として登場した。場合によっては清原が男気のない言動をした出演者にケツバットもしくは浣腸の制裁を加えることもある。とんねるずのみなさんのおかげでした フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内連続勝ち越し:50場所(歴代1位・通算では武蔵丸の55場所に次いで歴代2位、1973年7月場所 - 1981年9月場所)北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 旭富士正也

    旭富士正也から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    翌7月場所は優勝候補筆頭と言われたが、初日で新小結・貴花田にいきなり黒星発進。その後も膵臓炎の再発で大きく崩れてしまい8勝7敗。なお、この場所千秋楽の北勝海戦が、日本人横綱同士による最後の対戦となっている(帰化した曙、武蔵丸は除く)。9月場所は若花田に右手一本の上手投げで吹っ飛ばされる等散々で途中休場、平幕時代の1987年1月場所から続いた連続勝ち越し記録も、28場所でストップした。翌11月場所も慢性膵臓炎と脊椎分離症のため全休した。旭富士正也 フレッシュアイペディアより)

  • 改名

    改名から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    力士の場合、日本人も外国人も、本名とは異なる四股名を貰う。この四股名を帰化した時の本名とする場合がある(例:KONISHIKI(小錦八十吉)、武蔵丸光洋)。長年用いてきた四股名であればアイデンティティーの一部となっている事がほとんどなのでこの方法を用いる力士は多い。また、日本人と結婚した外国人力士の場合、帰化する際妻の名字を本名とするケースもある。改名 フレッシュアイペディアより)

126件中 91 - 100件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード