159件中 101 - 110件表示
  • 錦戸親方

    水戸泉政人から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    続く1992年7月場所、西前頭筆頭に下がった水戸泉は、場所前のヨーロッパ遠征を腰痛により休場したことで、ハードスケジュールと時差ボケに苦しんで調整不足のまま場所を迎えたほとんどの力士と異なり好調の状態で土俵に上がった。場所前の稽古で曙が稽古中に左足小指を痛めて全休したのもチャンスであった。幕内昇進後初日から自身初の7連勝の快進撃で白星をどんどん積み重ねていく。達中日で小結・貴花田(当時、のち貴乃花)に初黒星、10日目に大関・霧島に敗れ2敗はしたものの、それ以降も優勝争いの単独首位を走っていた。終盤戦、13日目の関脇・琴錦戦では立合いの頭突き一発で突き落とし、14日目には前頭12枚目の貴ノ浪にも上手投げで勝って12勝2敗とした。その貴ノ浪との相撲では、若さに任せた相手の寄りをギリギリで残し、さらに左外掛けにくる貴ノ浪を吊り上げるような上手投げで逆転。その後10勝3敗と1差で追っていた小結の武蔵丸、大関の小錦と霧島の3力士全員が負けて、その瞬間水戸泉初めての平幕優勝が決まった。水戸泉は支度部屋で、14日目で優勝が決まる可能性があったため待機はしていたが、まさかその3敗陣の3人が総崩れとは自身全く想像もしなかったため、3敗勢最後の1人である霧島が負けた瞬間には思わず「ウソーっ!?」と驚いた後、弟の梅の里と二人して抱き合って涙ぐんだ。奇しくも当時の高砂親方である富士錦が現役時代、1964年に平幕優勝した時と同じ名古屋の土俵だった。千秋楽も勝って13勝2敗の成績を収めた。なお平幕優勝者は、1909年に優勝制度が確立して以降水戸泉が史上24人目であるが、前年の1991年7月場所に琴富士、同年9月場所に琴錦、同1992年1月場所には貴花田と、わずか1年の間に4人もの平幕優勝者が出るという非常に珍しい出来事となった。水戸泉政人 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸乃島勝巳

    安芸乃島勝巳から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    同様に「1度は優勝したい」と公言して、1992年(平成4年)3月場所は14日目を終えて12勝2敗と優勝争いをしたが、千秋楽には琴錦との割が組まれてこれに敗れて優勝を逃した。三賞19回、金星16個の各最多記録を保持しており、現役時代には「これだけあったら誰か賜杯1ツと取り替えてよ」とこぼした事もある。引退後、三賞受賞と金星の多さについて「大関なれず、平幕在位が多かったということ」と本人は恥に思っている。最後の16個目の金星は武蔵丸からであるが、その金星は武蔵丸が新横綱の1999年(平成11年)7月場所だった。なお、朝青龍が横綱昇進した2003年(平成15年)3月場所以降は幕内下位に低迷し、結局横綱になった朝青龍との対戦は実現しなかった。引退時には大関になれなかった悔しさをにじませており「後腕が5cm長かったら、上がってたと思う」と言い残していた。安芸乃島勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • 青地公美

    青地公美から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    芸能界を一旦引退した後、力士の武蔵丸の昇進パーティーに出席した際、哀川翔に一目ぼれされ、翌年1995年に、哀川と結婚(青地にとっては3度目の結婚)。その後、哀川のマネージャーおよび所属事務所の社長となる。2009年4月11日に、哀川と『2009 よい夫婦の日 ナイス・カップル大賞』を受賞する。青地公美 フレッシュアイペディアより)

  • 力士

    力士から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    高見山(先代・東関親方)が外国出身外国人力士として初めて十両に昇進、関脇にまで到達したのを皮切りに、小錦が大関まで昇進して人気を集め、曙が外国人初の横綱昇進を果たした。これに武蔵丸が続き、その以後、外国出身力士の横綱昇進が続いていた。2008年初場所の時点ではともにモンゴル出身の朝青龍と白鵬が東西横綱をつとめた。また、2014年には、大相撲史上初めて、3人(白鵬・日馬富士・鶴竜)の外国(いずれもモンゴル)出身力士が横綱に在位することになった。一方、日本人横綱は2003年1月場所で貴乃花が引退したのち、2017年3月場所で稀勢の里が昇進するまで14年間いなかった。力士 フレッシュアイペディアより)

  • はなわ

    はなわから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    弟と共に野球のほか「好角家」と公言しており相撲に詳しい。元々柔道をやっていたため相撲も得意で、息子と相撲を取ったりもしている。特に武蔵丸光洋のモノマネを始めてから、武蔵丸の断髪式に呼ばれたり、武蔵丸とともに大相撲中継に出演するなど何かと武蔵丸とは縁が広がり、武双山正士、琴ノ若晴將の断髪式にも出ている。さらに、アルバム「HANAWA PACK」発売時期にCDの宣伝を兼ね懸賞旗を6本出している。ちなみに弟の宣之も野球及び相撲ファンである。また、千代大海龍二が角界に入門する前のヤンキーぶりは、「『大分の龍二』と言えば僕でも知っている位大変有名人だった」という。その影響で長男の元気も相撲を行うようになった。はなわ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    大相撲の貴乃花光司・武蔵丸光洋両横綱が引退。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 若の里忍

    若の里忍から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年1月場所 - 関脇昇進、横綱・武蔵丸を倒して2場所連続殊勲賞受賞若の里忍 フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後は1993年9月場所から6場所連続、1995年11月場所から4場所連続で関脇を保つなど常に三役から幕内上位で活躍する。このころから貴乃花や曙には力負けすることが多くなったが、若乃花に対しては1995年1月場所から4連勝するほか、武蔵丸や貴ノ浪の大関陣をたびたび破り大関陣には互角に近い力を発揮(対・若乃花の対戦成績は16勝25敗、対・武蔵丸の対戦成績は18勝26敗、対・貴ノ浪の対戦成績は19勝21敗である)また次の大関を狙う魁皇や武双山などに対しても重要なところで痛い黒星をつけるなど存在感を示し、たびたび三賞を受賞した。1998年1月場所では武双山に対して、同年5月場所では貴闘力に対して八艘飛びの奇襲を仕掛けともに勝利するなどファンを驚かせ楽しませる相撲を見せた。正攻法の速攻相撲が基本だが、このような奇襲戦法もたびたび用いて成功させることがあった。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 栃東大裕

    栃東大裕から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    金星:4個(曙1個、貴乃花2個、武蔵丸1個)栃東大裕 フレッシュアイペディアより)

  • TEAM 2000

    TEAM 2000から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その他に前述の草彅剛、ユースケ・サンタマリア、鈴木尚典、三浦大輔、中山雅史、岡野雅行、武蔵丸光洋、千代大海龍二、SEX MACHINEGUNSなど業界外にもメンバーがいる。これは、チームのモチーフであるnWoが取っていた手法(NBAのスター選手をnWoのメンバーに加入させる)を踏襲している。TEAM 2000 フレッシュアイペディアより)

159件中 101 - 110件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード