159件中 111 - 120件表示
  • 大砂嵐金崇郎

    大砂嵐金崇郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    かち上げについては特に2014年7月場所に積極使用したことと顔面目がけて横殴りに見舞うその変則の形から物議をかもしたことがある。、以降、立合いのかちあげは基本的に控えていたが、上述の通り2017年11月場所11日目の剱翔戦でもかち上げを行い脳震盪を起こさせた。武蔵川には「自分の形になった方がいいんだけど、相手の形になってから無理をしてるんだ。だからケガしちゃうんだよね。自分の形になるまで時間が掛かってしまうという、この欠点が直れば、きっと三役まで行けるよ」と評されていた。大砂嵐金崇郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豪風旭

    豪風旭から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    横綱・稀勢の里には5勝21敗。稀勢の里の大関在位中は1勝9敗。横綱昇進後は1敗。直近の勝利は2014年7月場所で、決まり手は叩き込み。稀勢の里の兄弟子の若の里には18勝7敗(勝率.720)と大きく勝ち越している。2010年7月場所から2013年9月場所にかけて10連勝。豪風の若の里戦の勝率は武蔵丸(10勝5敗・勝率.667)、朝青龍(19勝10敗・勝率.655)、白鵬(11勝6敗・勝率.647)、鶴竜(6勝4敗・勝率.600)、武双山(17勝8敗・勝率.680)、魁皇(21勝13敗・勝率.618)、栃東(14勝10敗・勝率.583)、琴光喜(18勝15敗・勝率.545)、琴奨菊(6勝5敗・勝率.545)ら若の里戦に勝ち越している横綱・大関陣を上回っている。豪風旭 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新十両となった2006年9月場所では9勝6敗と勝ち越し、西十両2枚目の位置まで大きく番付を上げた翌2007年1月場所では10勝5敗の好成績を挙げ、霜鳥と豊響との優勝決定戦に進出した。優勝決定戦は豊響が制して十両優勝はならなかったものの、翌3月場所において新入幕を果たした。初土俵から13場所での新入幕は旭富士・貴花田・武蔵丸・豊真将に続き史上9位タイのスピード記録となった。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ポリネシア人

    ポリネシア人から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    他のスポーツと比べてもとりわけ肉体を酷使するプロレスにあっても、サモア・ジョー、ワイルド・サモアンズ、キング・ハク、ジミー・スヌーカ、ジャマール、ロージー、ザ・ロックなど、ポリネシア人の血を引く選手が数多く活躍を見せている。「究極の重量級スポーツ」と称される日本の相撲にあっても、その最高級の選手に相当する横綱にまで昇った曙太郎(母方がポリネシア人)や武蔵丸光洋、外国出身者初の入幕を成した高見山大五郎をはじめ、六代目小錦八十吉や南海龍太郎など優れた力士らを多く輩出してきた。ポリネシア人 フレッシュアイペディアより)

  • 阿武咲奎也

    阿武咲奎也から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    短躯肥満を活かした速攻の突き押しを得意とする。基本的に組みも引きもせず一直線に出る相撲を取り、下半身のバネの強さを利用して相手を一気に土俵外へ出す相撲もままある。一方でバネが強いということは股関節が固いということであり、体重が重いこともあって簡単に落ちる相撲も目立ち、負ける時は大抵引き技で負ける。両足首が悪い場所は前に出る力も弱くなり、元々落ちやすいのがさらに落ちやすくなる。2017年5月場所で敢闘賞を受賞した際には「いいところも悪いところもあって課題が見つかった。立ち合いを磨いていきたい」と自身の相撲ぶりについてコメントしている。2017年5月場所などは相手を見過ぎて得意の速攻が見られず、武蔵川(元横綱・武蔵丸)もそれを指摘している。同場所では15番中10秒以内に終わった取組が13番、5秒以内が10番と、相手を見過ぎたとはいえ相撲は速い。2017年11月場所前の座談会で、阿武松は基本的に叩かれてもいなされても突き押しに徹するように阿武咲に指導しており、突き押しを交えながら相手の内側に入っていく方向で相撲を教えている、という趣旨の発言をしており、舞の海は同座談会で「阿武咲は一七六センチとあまり長身ではないので、絞ってこられたらなかなか下手は差せないし、上手を取ろうとすると押されてしまう。あの体型は武器だと思います」とコメントしている。同時期の別のコラムではそれに加えて「ある程度馬力があって動きも速い」「引き足も速く、廻しを取ってもいい。相手にしても見れば絞りきれない部分もあってやりづらいことでしょう」と絶賛している。タレントで好角家の山根千佳は2017年秋巡業のレポートで「突き押しはもちろん武器ですが、それ以上に判断力が素晴らしいと思ってます。押し相撲だけでなく組んでも相撲が取れるところも魅力ですね(中略)十両の時は見ていて力を持て余しているような感じで、前に出過ぎて負けてしまうような相撲もありましたので」と話している。一方、2018年1月場所の相撲を14代二子山は、貴景勝、御嶽海、北勝富士とまとめて「自分はこれが強いというものがあまりないですね」と指摘しており、御嶽海以外の共通点として「押し込んですぐに叩きに行く」と相撲のワンパターンさを突っ込んでいる。阿武咲奎也 フレッシュアイペディアより)

  • 逸ノ城駿

    逸ノ城駿から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2018年1月場所は前頭筆頭で迎える。初日から連敗してしまうが横綱・稀勢の里を倒しこの場所初白星。その後連敗してしまうが6日目から7連勝し10勝5敗で場所を終えた。これにより翌3月場所は16場所ぶりとなる三役の地位で迎えることが確定した。3日目のインタビュールームでは、筋肉をつけるために減量をやめたことを話している。この場所の相撲内容は武蔵川から「前半に星を落とさなければ優勝もできたのでは?」と評価されるほどであった。また、12日目の取組後の支度部屋では比較的体の動きが良い場所であることを自覚するようなコメントを残している。逸ノ城駿 フレッシュアイペディアより)

  • 阿炎政虎

    阿炎政虎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    スピード十分の突っ張りと相撲勘を主軸とした取り口を持っている。2015年3月場所前には師匠から「突っ張って両手で引く取り口が一番似ている」と言われた。喉輪なども強く、土俵中央で繰り出してそのまま流れで出すパターンもある。一方で腰高なので入られやすく、組まれるとあまり残すことはできない。調子の悪い場所であれば引き技が裏目に出ることが多くなりがちである。2017年に入ってからは食事と睡眠を増やしたことで体重が増え、安易に引く場面が減って勝負に対する我慢強さも出るようになった。とはいえ新入幕した頃になっても気持ちが載った時に突っ走るのを除いて基本的には突いては叩く相撲なのでやくみつるはそれほど評価しておらず、始めて敢闘賞を受賞したのを見てようやく「光明が差してきた」と2018年1月場所のコラムで見直している。同じ時期のコラムでは武蔵川は軽量を指摘しており、もっと増量すべきだと話していた。勝つためには変化も厭わない性格であり、2018年1月場所中、本人は変化をしたことについて「自分の勘を信じた」「勝てばいい」という趣旨のコメントを支度部屋で残している。2018年1月場所6日目に黒星を喫した相撲を、師匠の錣山は「足を出していないんじゃなく、手が回転してないから足が出ない。短距離走でも手を振れば足がついてくるでしょう」とNHK大相撲中継の解説で厳しく指摘。阿炎政虎 フレッシュアイペディアより)

  • 哀川 翔

    哀川翔から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    妻(元女優・青地公美)とは六本木のカラオケ屋「弐壱」にて武蔵丸光洋の大関昇進パーティーに参加した際に出会った。青地はその日、矢沢永吉の妻とパーティーに来ていた。哀川翔 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1992年11月場所、番付通りなら千秋楽結びの一番は東大関小錦に西大関曙となるはずだったが、小錦が2日目から休場。そのままでは史上初の外国出身力士同士の千秋楽結びの一番は見送りとなるはずだったが、西張出大関霧島も中日8日目から休場(翌場所で関脇に陥落)、結果的に曙と東関脇武蔵丸(現・武蔵川)によって実現することになった。なお、小錦と曙はこれ以前にも同年7月場所で千秋楽結びの一番を取るはずだったがこの場所では曙が全休、また翌1993年1月場所では優勝を争う曙と貴花田の一番を千秋楽に組むために割がくずされ、結果的にこの両者による千秋楽結びの一番は一度も実現せずに終わってしまった。取組 フレッシュアイペディアより)

  • アームレスリング

    アームレスリングから見た武蔵丸武蔵丸光洋

    大森友紀 ・・・元アームレスリング日本王者。118kgのダンベルを軽々と持ち上げる。テレビ番組で、当時腕っ節の強さは角界一と言われた武蔵丸(当時大関)と対戦した際、3本勝負の対戦方式で2勝1敗(○●○)で勝利した。アームレスリング フレッシュアイペディアより)

159件中 111 - 120件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード