126件中 11 - 20件表示
  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後2005年前半辺りまでは幕内上位・三役に定着し続けたが、通算獲得金星が示すとおり上位に強いものの、格下相手への取りこぼしも多いなど安定感に欠け、結局大関昇進は果たせなかった。2003年11月場所では横綱武蔵丸(現振分)に引退の引導を渡す通算11個目の金星をあげるなどの活躍で二桁勝利を記録し、翌2004年1月場所を東関脇で迎えるも、この場所から3場所連続で負け越し、7月場所には自身初めて前頭2桁台まで番付を落としてしまった。しかしその場所では11番勝って格の違いを見せつけた。同年12月25日には、年寄名跡・立川を取得した。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 琴龍宏央

    琴龍宏央から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    中学卒業後、呼び出し琴二に伴われ佐渡ヶ嶽部屋へ。琴中野の四股名で1987年三月場所初土俵。初土俵から僅か4年で幕下に昇進したが、初めて幕下上位に進出した1993年5月場所を7戦全敗を喫し、直後に髷を切り落として脱走してしまった。父の説得により翻意し、翌1994年7月場所には十両に昇進した。新十両の場所はざんぎり頭であった。1996年七月場所、10年かけて入幕した後は時折見せる豪快な吊りで観客を沸かせた。力士の大型化が進み昭和と比べ吊りを得意とする力士は減りつつあるが、ぽこりと腹が出た体型がそれを可能としていた。1998年三月場所14日目、対敷島戦では二枚蹴り 1という珍しい決まり手で勝利した。2004年十一月場所頃から肝臓を悪くし、2005年三月場所を「肝機能障害、高血圧、糖尿病」で途中休場。場所後も体調の回復が思わしくなく、体重は20kgも落ちたという。最後は立っているのも辛かったといい、師匠に自ら申し入れて五月場所前の同年4月22日、体力の限界を理由に引退した。引退後の会見で、思い出に残る取組として2000年一月場所2日目、横綱武蔵丸に2分半近い相撲で勝った一番を挙げた。この時を含め3度前頭筆頭まで上がっているが三役はならなかった。琴龍宏央 フレッシュアイペディアより)

  • 大善尊太

    大善尊太から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    高校時代は野球部にいたが控え選手で、麒麟児に「相撲ならいつでも試合に出場できるぞ」と勧誘され、実父が力士であったこともあり二所ノ関部屋へ入門した。1981年3月場所に初土俵、1988年3月場所新十両、1991年9月場所に貴ノ浪と12勝3敗で十両優勝を争い、翌11月場所に貴ノ浪・武蔵丸・鬼雷砲らと共に新入幕を果たす。その後十両へ陥落したものの2度目の入幕で幕内に定着し、1994年3月場所で小結に昇進。同年11月場所には横綱・曙を破り初金星を獲得。1995年5月場所に十両に落ちてからしばらく低迷が続いたが、精進を怠らず1999年5月場所、25場所ぶりとなる再入幕を果たした。これは当時における入幕間隔最長記録であった(後に和歌乃山が更新)。2001年5月場所では36歳4ヶ月で再入幕。これは戦後4位の記録(当時)だった。同年11月場所10日目、この日まで全勝の横綱・武蔵丸を寄り切って2個目の金星を挙げた。このとき大善は36歳10カ月、年6場所制度が確立して以降では最年長での金星であった。インタビューでは「今が全盛期です」という名言を残した。2002年3月場所には千秋楽に勝って10勝目を挙げれば敢闘賞受賞が決まっていたが、敗れて受賞はならなかった。2000年7月場所および2001年7月場所から2002年9月場所までの間は、幕内における最年長力士であった。大善尊太 フレッシュアイペディアより)

  • 花田虎上

    花田虎上から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1991年11月場所で、自身初の三役となる新小結に昇進したが、7勝8敗と負け越し。さらに翌1992年3月場所と同年7月場所を、相次ぐケガで途中休場(2場所共にのち再出場、但し3月場所は14日目から再休場)するなど、小結と前頭の地位を上下する足踏み状態が続いていた。しかし2度目の再小結だった1993年3月場所は、初日から7連勝と絶好調。中日(8日目)で当時関脇の武蔵丸戦で初黒星を喫したが、12日目には宿敵・当時新横綱の曙を下し殊勲の星を挙げるなどで、14勝1敗の成績で自身初の幕内初優勝を達成した。花田虎上 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    また、垣添、片山のように学生相撲出身力士が十両、幕内に昇進しても本名で取り続けることが多くなってきている。幕内力士が最初に本名で土俵に上がった例は1947年6月場所で入幕した岩平貞雄だが、これは幼少のときに生き別れた母親に健在を知らせ、名乗り出てほしいという希望をこめたものと言われている(しかし母親は現れず、一場所で若葉山貞雄と改名した)。出島武春は初土俵から引退まで、幕内75場所(うち大関12場所)を含む81場所にわたって下の名も含め本名のまま取り続けた。本名のまま幕内を長く務めた力士には幕下以下で改名を経験していたり(成山→小野若→成山、蜂矢→栃ノ矢→蜂矢など)、部分的に改名する場合(長谷川勝利→勝敏→勝廣→戡洋、輪島博→大士、霜鳥→霜鳳など)が多い中では極めて異例である。また、出島と同部屋の垣添も幕内40場所以上を経験しながら初土俵から下の名を含め1度も改名しないまま2012年に引退している。曙太郎、武蔵丸光洋など、外国出身力士が日本国籍取得に際して、四股名をそのまま本名にした例もある。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ州

    ハワイ州から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    日系人が多いこと、アメリカ合衆国以外からの観光客数国別2位であること、またかつては大相撲の力士(高見山大五郎、小錦八十吉、曙太郎、武蔵丸光洋)を輩出したことなどもあり、経済的、文化的にも日本とのつながりは強い。ハワイ州 フレッシュアイペディアより)

  • 大関

    大関から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1999年(平成11年)3月場所新大関・千代大海の直前3場所の成績は、9勝-10勝-13勝(優勝)の合計32勝13敗であった。当時は1994年(平成6年)3月の貴ノ浪・武蔵丸の二人同時昇進以来、5年間新大関が誕生しておらず、また千秋楽で本割・決定戦と横綱若乃花に連勝して優勝した内容が、高く評価されたものと思われる。それから14年前の1985年(昭和60年)9月場所新大関・大乃国の直前3場所は、9勝-10勝-12勝の合計31勝14敗で昇進した。大乃国はそれまで関脇の地位を連続6場所維持し、また成績も徐々に上回り、さらに将来性を期待されての理由からでもあった。ほか1981年(昭和56年)9月場所新大関の琴風や、1980年(昭和55年)3月場所新大関の増位山(太)らも、当時の大関が0人又は貴ノ花1人だけという事情も有って、同じく合計31勝で昇進している。大関 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵川部屋

    武蔵川部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後、1980年(昭和55年)11月場所限りで引退した出羽海部屋(第50代横綱・佐田の山)所属の第57代横綱・三重ノ海は、年寄・山科(後に武蔵川に名跡変更)を襲名して出羽海部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、1981年(昭和56年)8月に出羽海部屋からの分家独立を許され武蔵川部屋を創設した。14代武蔵川は横綱・武蔵丸を育て上げたほか、大学相撲部出身者の勧誘を積極的に行い、幕下付出力士から大関・出島、大関・武双山、大関・雅山、小結・垣添などを育てた。武蔵川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    なお、高見盛が2007年に年寄名跡「振分」を師匠・東関親方の兄弟子である朝嵐から取得したという報道が、2008年1月24日の夕刊フジにてなされたが、武蔵川部屋の元横綱・武蔵丸が「振分」名跡を10月22日に名乗ることが日本相撲協会より発表された際の報道では、「武蔵丸が朝嵐大三郎から名跡を借りている」こととなっていた。その後、2010年4月7日付で「振分」名跡を取得したことが判明した。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 武双山正士

    武双山正士から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2004年10月2日の横綱武蔵丸引退相撲での土俵入りでは、武双山が太刀持ちを務めた(露払いは雅山)。それから約1か月後の同年11月16日(11月場所3日目…この場所は初日から3連敗)を最後に、大関の地位で現役を引退。年寄藤島を襲名し、二所ノ関一門に渡っていた藤島の名跡を出羽海一門に引き戻した。2006年5月場所からは病に倒れた同じ一門の二十山(元大関北天佑。同年6月23日死去)に替わって審判委員を務めた(その後一旦退くが、2010年9月に再任)。2010年9月30日に年寄名跡交換はせずに師匠の武蔵川親方から部屋を継承する形で藤島部屋を創設した。武双山正士 フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード