159件中 11 - 20件表示
  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後2005年前半辺りまでは幕内上位・三役に定着し続けたが、通算獲得金星が示すとおり上位に強いものの、格下相手への取りこぼしも多いなど安定感に欠け、結局大関昇進は果たせなかった。2003年11月場所では横綱武蔵丸に引退の引導を渡す通算11個目の金星をあげるなどの活躍で二桁勝利を記録し、翌2004年1月場所を東関脇で迎えるも、この場所から3場所連続で負け越し、7月場所には自身初めて前頭2桁台まで番付を落としてしまった。しかしその場所では11番勝って格の違いを見せつけた。同年12月25日には、年寄名跡・立川を取得した。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 高見盛精彦

    高見盛精彦から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    なお、高見盛が2007年に年寄名跡「振分」を師匠・東関親方の兄弟子である朝嵐から取得したという報道が、2008年1月24日の夕刊フジにてなされたが、武蔵川部屋の元横綱・武蔵丸が「振分」名跡を10月22日に名乗ることが日本相撲協会より発表された際の報道では、「武蔵丸が朝嵐大三郎から名跡を借りている」こととなっていた。その後、2010年4月7日付で「振分」名跡を取得したことが判明した。高見盛精彦 フレッシュアイペディアより)

  • 武双山正士

    武双山正士から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2004年10月2日の横綱武蔵丸引退相撲での土俵入りでは、武双山が太刀持ちを務めた(露払いは雅山)。それから約1か月後の同年11月16日(11月場所3日目…この場所は初日から3連敗)を最後に、大関の地位で現役を引退。年寄・藤島を襲名し、二所ノ関一門に渡っていた藤島の名跡を出羽海一門に引き戻した。2006年5月場所からは病に倒れた同じ一門の二十山親方(元大関・北天佑。同年6月23日死去)に替わって審判委員を務めた(その後一旦退くが、2010年9月に再任)。2010年9月30日に年寄名跡交換はせずに師匠の武蔵川親方から部屋を継承する形で藤島部屋を創設した。2015年1月29日の理事会を受けて、停年を控えた朝日山親方(元大関・大受)の後任として役員待遇の審判部副部長に抜擢された。2016年1月、役員候補選挙に初出馬し、副理事に当選する。同年3月の職務分掌では審判部副部長に留任すると共に、新たに事業部副部長にも就任し、協会執行部入りした。9月場所、腰の治療のため、場所中審判から外れた。武双山正士 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年代の日本

    1990年代の日本から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    大相撲で武蔵丸光洋が史上2人目の外国人横綱となる。1990年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    9月場所後の9月24日、横綱審議委員会に於いて出席委員の満場一致により横綱に推薦することを決定、事実上70人目の横綱誕生となった。翌25日、横綱土俵入りが師匠の伊勢ヶ濱親方(旭富士)と同じ不知火型と決定された。不知火型の横綱が複数人同時に在位するのは大相撲の歴史上初めてとなる。尚大関在位数は22場所を数えたが、これは琴櫻・武蔵丸・若乃花(勝)に次ぐ史上4位のスロー昇進記録である。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年1月場所8日目には横綱・貴乃花を初挑戦で送り出しで破り、自身初となる金星を獲得した。その翌日に貴乃花はこの取組を最後に現役引退を表明したため、貴乃花の現役最後の対戦相手となった。同年5月場所には11勝4敗の好成績を挙げて2回目の技能賞を受賞した。翌7月場所には横綱・武蔵丸を破り2個目の金星を獲得した。2005年9月場所には横綱・朝青龍を破り3個目の金星を獲得した。だが2003年7月場所11日目の闘牙戦で前十字靱帯と半月板を損傷する重傷を負い、翌日から休場。この怪我は当時まだ小兵の範疇から抜け出していない体格であったことが原因で起こったとされており、師匠の伊勢ヶ濱も「早いうちから体をつくっておけば、あんなことは起きなかったかもしれない。もったいない」と悔やんでいた。医者からは即手術を勧められたが、手術すれば復帰まで半年を要することと「やってみたら意外にそこそこの相撲はとれた」と感じたことから敢えて手術せずに膝の周りを鍛え、怪我と付き合いながら戦い続ける道を選んだ。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2016年1月場所は、4日目の安美錦戦こそ際どい相撲だったが、中日には稀勢の里との58回目の対戦(武蔵丸 - 貴ノ浪とならび史上最多)に寄り切りで勝利すると、10日目鶴竜、11日目白鵬(全勝対決)、12日目日馬富士と3横綱を圧倒し、優勝争いの先頭に立つ。3横綱連破は1991年初場所、霧島が旭富士、大乃国、北勝海を破って以来25年ぶりのことである。13日目に2敗で追う豊ノ島にとったりで不覚をとり白鵬と並んだが、14日目は栃煌山に勝って1敗を守り、自身の取組後に白鵬が敗れたため、再び優勝争いの単独先頭にたった。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大善尊太

    大善尊太から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    浪商高校時代は野球部に所属し一塁の控え選手であった。そんな中、麒麟児に「相撲ならいつでも試合に出場できるぞ」と勧誘され、実父が力士であったこともあり二所ノ関部屋へ入門した。1981年3月場所に初土俵、1988年3月場所新十両。しかし2場所目の5月場所で故障してしまい幕下陥落。2年間ほど幕下に低迷したが、1990年11月場所で帰り十両を果たすと十両東5枚目で迎えた1991年9月場所には東6枚目の貴ノ浪と12勝3敗で十両優勝を争い、優勝決定戦の末貴ノ浪を押し倒して十両優勝を決めた。なお、本割では11日目に対戦して大善が勝っている。翌11月場所に貴ノ浪・武蔵丸・鬼雷砲らと共に新入幕を果たす。その後十両へ陥落したものの2度目の入幕で幕内に定着し、1994年3月場所で小結に昇進。同年11月場所には横綱・曙を破り初金星を獲得。1995年5月場所に十両に落ちてからしばらく低迷が続いたが、精進を怠らず1999年5月場所、25場所ぶりとなる再入幕を果たした。これは当時における入幕間隔最長記録であった(後に和歌乃山が更新)。2001年5月場所では36歳4ヶ月で再入幕。これは戦後4位の記録(当時)だった。同年11月場所10日目、この日まで全勝の横綱・武蔵丸を寄り切って2個目の金星を挙げた。入幕同期の武蔵丸に対し、右上手出し投げから素早く体を寄せ、そのまま寄り切る相撲であった。このとき大善は36歳11カ月、昭和以降年長記録6位、年6場所制度が確立して以降では最年長での金星であった。金星を獲得した際のインタビューでは「今が全盛期です」という名言を残した。この場所勝ち越せば殊勲賞であったが、6勝9敗と負け越して受賞を逃した。2002年3月場所には千秋楽に勝って10勝目を挙げれば敢闘賞受賞が決まっていたが、敗れて受賞はならなかった。2000年7月場所および2001年7月場所から2002年9月場所までの間は、幕内における最年長力士であった。大善尊太 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃和歌清隆

    栃乃和歌清隆から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    当初は突き押し相撲だったが力が強く、四つ相撲に変えてからは左上手を取ると力を発揮した。右四つに組むと大関級と言われた。一時は三役に定着し、1992年3月場所には小結の地位で12勝3敗の好成績を挙げ、千秋楽まで優勝戦線に残ったこともある。大関も期待されたが、攻めが遅いうえにさらに体が固く、怪我にも泣かされて結局大関昇進はならなかった。特に武蔵丸(第67代横綱)が前頭〜三役時代に、対戦した際に全敗(結局23連敗、後述)してしまったのが痛かった。引退まで常に幕内上位で相撲を取り続け、幕内在位は76場所を数えた。栃乃和歌清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 花田虎上

    花田虎上から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1991年11月場所で、自身初の三役となる新小結に昇進したが、7勝8敗と負け越し。さらに翌1992年3月場所と同年7月場所を、相次ぐケガで途中休場(2場所共にのち再出場、但し3月場所は14日目から再休場)するなど、小結と前頭の地位を上下する足踏み状態が続いていた。しかし2度目の再小結だった1993年3月場所は、初日から7連勝と絶好調。中日(8日目)で当時関脇の武蔵丸戦で初黒星を喫したが、12日目には宿敵・当時新横綱の曙を下し殊勲の星を挙げるなどで、14勝1敗の成績で自身初の幕内最高優勝を達成した。花田虎上 フレッシュアイペディアより)

159件中 11 - 20件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード