159件中 21 - 30件表示
  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    また番付編成においても、優勝決定戦での勝敗そのものは反映されない。そのため、例えば東西横綱(あるいは大関)の決定戦になり、西横綱(大関)が勝って優勝した場合でも、翌場所でも優勝力士は西方にとどまり、優勝同点の力士が東方ということがしばしば起こった。近年の例では1997年(平成9年)5月場所、東正横綱・貴乃花?西正横綱・曙の優勝決定戦は、曙が優勝し貴乃花が優勝同点だったが、翌7月場所の番付は前場所と同じ東正横綱・貴乃花、西正横綱・曙だった。同様のケースのたび、「同じ横綱(大関)の地位で優勝した力士が、翌場所も優勝同点力士の下位に据え置かれるのはおかしい」との声が挙がり、1997年9月に日本相撲協会の理事会において、規約が「同地位で優勝決定戦を行った場合、優勝者を上位とする」と改正された。2001年(平成13年)1月場所、西正横綱・武蔵丸?東2(枚目)横綱・貴乃花との優勝決定戦で貴乃花の優勝時には、翌3月場所の番付は東正横綱に優勝の貴乃花が上がり、西正横綱に優勝同点の武蔵丸が据え置かれ、前場所との位置が逆転する形式となった。なお、これ以降3人以上での決定戦はないので、優勝同点の力士同士の序列はどうなるのかははっきりしない。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 相撲部屋

    相撲部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武蔵川部屋:元横綱武蔵丸光洋が藤島部屋から独立相撲部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1991年9月場所では大善と12勝3敗で十両優勝を争い、優勝決定戦を戦った。翌11月場所はその大善と、高田川三人衆の一人鬼雷砲、そして終生の好敵手となる武蔵丸らと同期で新入幕。この場所は初日から7連勝し、すわ新入幕初優勝かと話題となった。中日には水戸泉に負けたが翌日優勝争いの筆頭だった琴錦を倒して勝ち越し、残りは全部負けて8勝7敗だったが周囲は驚き、「未完の大器」と注目を浴び始める。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    また、垣添、片山のように学生相撲出身力士が十両、幕内に昇進しても本名で取り続けることが多くなってきている。幕内力士が最初に本名で土俵に上がった例は1947年6月場所で入幕した岩平貞雄だが、これは幼少のときに生き別れた母親に健在を知らせ、名乗り出てほしいという希望をこめたものと言われている(しかし母親は現れず、一場所で若葉山貞雄と改名した)。かつては明文化されてはいなかったが関取が本名で土俵に上がることは認められない風潮があった。しかし昭和30年代から及川、宇田川、成山、明歩谷などあたりから増え、34代式守伊之助によると輪島大士の頃から本名で土俵に上がることができない風潮がうやむやになっている。出島武春は初土俵から引退まで、幕内75場所(うち大関12場所)を含む81場所にわたって下の名も含め本名のまま取り続けた。本名のまま幕内を長く務めた力士には幕下以下で改名を経験していたり(成山→小野若→成山、蜂矢→栃ノ矢→蜂矢など)、部分的に改名する場合(長谷川勝利→勝敏→勝廣→戡洋、輪島博→大士、霜鳥→霜鳳など)が多い中では極めて異例である。また、出島と同部屋の垣添も幕内40場所以上を経験しながら初土俵から下の名を含め1度も改名しないまま2012年に引退している。曙太郎、武蔵丸光洋など、外国出身力士が日本国籍取得に際して、四股名をそのまま本名にした例もある。2017年には「各力士が四股名についての考えを持っているため、十両昇進を機に無条件に四股名を名乗らせることには諸手を上げて賛同できない」という趣旨の投書が相撲雑誌によせられており、時代的に如何に本名四股名が定着しつつあるかという事実が伺える。本名四股名の中でも自然に関する漢字が含まれている場合は一般に違和感がないとされる。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1990年代は力士の平均体重が増加して大相撲の力士の大型化が進んだ。ハワイ勢で大型力士の小錦・曙や武蔵丸を中心とする武蔵川部屋勢・若貴(若乃花・貴乃花)を中心とする二子山部屋勢時代が1990年代中期から2000年代初頭まで続く。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎勇気

    尾崎勇気から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2001年5月場所 - 横綱武蔵丸を破って初金星を獲得尾崎勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    前2003年11月場所限りで武蔵丸が引退したことにより、2004年1月場所の番付で朝青龍は史上8人目の一人横綱となる。先輩横綱達の引退も朝青龍のワンマン時代が実現する要因となった。なお同1月場所は千秋楽に栃東を押し出しで下し、自身初の全勝優勝を達成した。続く3月場所では、千秋楽に1敗で追う千代大海を引き落としで破り、2場所連続全勝優勝(30連勝)を果たした。この場所は、11日目まで朝青龍、魁皇、千代大海、朝赤龍が全勝であり、初日から4力士が11日目まで勝ちっぱなしという史上初の快挙が成し遂げられている。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵川部屋

    武蔵川部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年11月場所中に現役を引退して、以降は旧武蔵川部屋(2010年以降は藤島部屋)付き親方となっていた15代武蔵川(元横綱・武蔵丸)が、2013年4月1日に力士2人と床山1人を連れて藤島部屋から分家独立する形で武蔵川部屋を再興した。部屋の施設は2012年12月に閉鎖された中村部屋の建物を借り受けている。同年8月29日には17代雷(元小結・垣添)が藤島部屋から移籍して部屋付き親方となった。九州場所宿舎は中間市にあり、宿舎の誘致は市長を3期務めた松下俊男が発起した武蔵川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ州

    ハワイ州から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    日系人が多いこと、アメリカ合衆国以外からの観光客数国別1位であること、またかつては大相撲の力士(高見山大五郎、小錦八十吉、曙太郎、武蔵丸光洋)を輩出したことなどもあり、経済的、文化的にも日本とのつながりは強い。ハワイ州 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸

    武蔵丸から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武蔵丸 フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード