126件中 21 - 30件表示
  • 貴ノ浪貞博

    貴ノ浪貞博から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1991年9月場所では大善と12勝3敗で十両優勝を争い、優勝決定戦を戦った。翌11月場所はその大善と、高田川三人衆の一人鬼雷砲、そして終生の好敵手となる武蔵丸らと同期で新入幕。この場所は初日から7連勝し、すわ新入幕初優勝かと話題となった。中日には水戸泉に負けたが翌日優勝争いの筆頭だった琴錦を倒して勝ち越し、残りは全部負けて8勝7敗だったが周囲は驚き、「未完の大器」と注目を浴び始める。貴ノ浪貞博 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年代

    1990年代から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    大相撲で武蔵丸光洋が史上2人目の外国人横綱となる。1990年代 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1990年代は力士の平均体重が増加して大相撲の力士の大型化が進んだ。ハワイ勢で大型力士の小錦・曙や武蔵丸を中心とする武蔵川部屋勢・若貴(若乃花・貴乃花)を中心とする二子山部屋勢時代が1990年代中期から2000年代初頭まで続く。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸

    武蔵丸から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武蔵丸 フレッシュアイペディアより)

  • 引っ掛け

    引っ掛けから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年11月場所7日目、横綱武蔵丸が当時平幕の土佐ノ海にこの技で敗れてその後引退を表明したため、これが武蔵丸最後の相撲となった。ちなみに土佐ノ海は、2000年7月場所2日目にも、武蔵丸にこの技で勝利している。引っ掛け フレッシュアイペディアより)

  • フィアマル・ペニタニ

    フィアマル・ペニタニから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    フィアマル・ペニタニ フレッシュアイペディアより)

  • フィヤマル・ペニタニ

    フィヤマル・ペニタニから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    フィヤマル・ペニタニ フレッシュアイペディアより)

  • 巴戦

    巴戦から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    平成8年11月 - 曙太郎、(若乃花勝)、武蔵丸光洋、貴ノ浪貞博、(魁皇博之)巴戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜進

    大喜進から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    高校時代はアメフトやレスリングで活躍した他、野球やバスケットボールも経験した。曙、武蔵丸らの活躍に刺激を受けて来日し、元関脇・高見山の東関部屋に入門した。脇が甘く大味な取り口で三段目でやや苦労したが、恵まれた体を生かした豪快な相撲で上位でも成績を残せるようになり、1995年9月場所に十両昇進を果たした。しかし、深刻なホームシックに陥ったことや部屋での人間関係が上手くいかなかったことなどから、1998年1月場所を最後に24歳の若さで引退。大喜進 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (30代)

    木村庄之助 (30代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    庄之助時代は横綱貴乃花が休場中だったこともあり、横綱武蔵丸(現振分)の取組を多く裁いた。横綱同士での貴乃花?武蔵丸戦は伊之助時代3度(2001年5月場所本割、2001年1月場所決定戦と2001年5月場所決定戦)、庄之助時代1度(2002年9月場所本割)裁いている。このほか、貴乃花の現役最後の一番(2003年1月場所 対前頭4枚目安美錦戦)を裁いたほか、2002年11月場所13日目、大関朝青龍(当時)が初優勝を決めた一番(対関脇若の里)を裁いている。木村庄之助 (30代) フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード