159件中 31 - 40件表示
  • フィアマル・ペニタニ

    フィアマル・ペニタニから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    フィアマル・ペニタニ フレッシュアイペディアより)

  • フィヤマル・ペニタニ

    フィヤマル・ペニタニから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    フィヤマル・ペニタニ フレッシュアイペディアより)

  • 阿須里家

    阿須里家から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    父・武蔵丸 - 武蔵川親方(大相撲・元横綱:武蔵丸)阿須里家 フレッシュアイペディアより)

  • 振分部屋

    振分部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後、年寄・振分は朝嵐大三郎が14代目として襲名。朝嵐が2008年7月に停年退職した後、同年10月、横綱引退後5年間は現役時代の名前で年寄になる権利を行使していた武蔵丸光洋が朝嵐から株を借りて15代目を襲名した。15代はその後大島の株を借用し(その後武蔵川の株を取得)、振分の株を取得した高見盛精彦が現役を引退して16代を襲名して、東関部屋に所属して後進の指導にあたっている。振分部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    石橋は1999年大相撲秋場所千秋楽、幕内最高優勝力士の表彰式内で行われる恒例の「優勝力士インタビュー」を担当。その日優勝した横綱武蔵丸に対し、インタビューの最後に「武蔵丸関、これからは『君が代』を歌うようにお願いしたいですね」と求め、武蔵丸が「今一生懸命やっています」と答えるという一幕があった。会場からは拍手が起こり、インタビューは問題なく終了した。ちょうど同年8月に「国旗及び国歌に関する法律」が公布・施行され、「日の丸」・「君が代」をめぐる議論が続いていたという時期であったため、各メディアが石橋の発言を取り上げた。以前から武蔵丸は「難しい」ことを理由に「君が代」を斉唱しないことが多く、この年の5月の横綱昇進時に時津風理事長から注意を受けていた。石橋の発言もこれを受けてのものであったため、日本相撲協会は「国歌斉唱が求められて当然」として問題にしなかった。また石橋は取材を通じ、武蔵川親方や武蔵丸・武双山ら武蔵川部屋の力士衆と個人的に親しかったという事情もあった。NHKや石橋も「君が代」反対派などが要求した謝罪には応じなかった。石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • SUPER TOKYO

    SUPER TOKYOから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    AI/相川七瀬/青空球児・好児/秋山成勲/與真司郎/ATSUSHI/有馬隼人/有森裕子/飯沼誠司/池内博之/IKKO/石森太二/市原隼人/今井千尋/今井マサキ/入江幸人/岩崎恭子/宇野薫/梅宮アンナ/太田雄貴/カズ・ハヤシ/片山正通/香里奈/紀里谷和明/クリス・ペプラー/窪塚洋介/栗山和弥/栗山圭介/くるり/黒木メイサ/KENTA/小池修一郎/河野健児/小島よしお/KONISHIKI/小橋賢児/五味彬/近藤修司/斉藤工/坂本龍一/沢渡朔/澤野大地/三遊亭王楽/篠宮龍三/Jesse McFaddin/SHIHO/下村一喜/笑福亭鶴瓶/JUN HAGAN/ジョン・カビラ/ジェロ/尚玄/鈴木エドワード/鈴木桂治/鈴木みのる/平常/TAKAKO/高山善廣/宅八郎/タナカノリユキ/田中麗奈/田中ロウマ/棚橋弘至/谷原章介/谷本裕也/玉山鉄二/為末大/Char/知花くらら/土山直純/つんく♂/テリー伊藤/ドン小西/中山美穂/西島千博/西村晃一/西村由紀江/萩庭桂太/はるな愛/林家たい平/VERBAL/樋口真嗣/平間至/広末涼子/風吹ジュン/細江英公/舞山秀一/前田典子/前林新悟/松田美由紀/松任谷由実/丸山敬太/三池崇史/水野敬也/道端ジェシカ/宮坂絵美里/武蔵丸/武藤敬司/村上淳/箭内道彦/柳本和也/山田卓也/桑田尚樹/森豪士/大和ヒロシ/山根和馬/山本"KID"徳郁/RIKACO/リア・ディゾン/LiLiCo など。SUPER TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • 1991年の相撲

    1991年の相撲から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    十両優勝 : 武蔵丸光洋(11勝4敗)1991年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 文学のこみち

    文学のこみちから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    林芙美子文学碑とそこから望む尾道水道の風景は、尾道を紹介する風景として特に有名。中村憲吉文学碑はコースから少し離れ、旧居前にある。道の途中には1998年10月に行われた大相撲尾道場所を記念して作られた記念碑も立っており、貴乃花・曙・若乃花・武蔵丸の4横綱(当時)の手形が彫ってある。文学のこみち フレッシュアイペディアより)

  • 玉春日良二

    玉春日良二から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    金星:7個(貴乃花3個、若乃花2個、曙1個、武蔵丸1個)玉春日良二 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜進

    大喜進から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    高校時代はアメフトやレスリングで活躍した他、野球やバスケットボールも経験した。曙、武蔵丸らの活躍に刺激を受けて来日し、元関脇・高見山の東関部屋に入門した。脇が甘く大味な取り口で三段目でやや苦労したが、恵まれた体を生かした豪快な相撲で上位でも成績を残せるようになり、1995年9月場所に十両昇進を果たした。しかし、深刻なホームシックに陥ったことや部屋での人間関係が上手くいかなかったことなどから、1998年1月場所を最後に24歳の若さで引退した。大喜進 フレッシュアイペディアより)

159件中 31 - 40件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード