159件中 51 - 60件表示
  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    5月2日 - 武蔵丸光洋(アメリカ→日本、相撲)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 海鵬涼至

    海鵬涼至から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    漁師の長男に生まれる。小学校3年の時に全校生徒が出る祭りの相撲大会に出場したことをきっかけに相撲を始め、日本大学でも活躍した。卒業後は、日大時代兄の様に慕っていた堤内(後の十両・北勝光)が在籍する八角部屋に入門。1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏む。初土俵の同期には後の関脇・栃乃洋、前頭・燁司、十両・柳川らがいる。以来、順調に出世し、1997年5月場所で新十両昇進。その1年後の1998年5月場所で新入幕を果たした。東前頭4枚目の地位で迎えた2001年9月場所では横綱武蔵丸を破って初金星を獲得し、10勝5敗と幕内で自身初の2桁勝利を記録して初の三賞である技能賞を受賞。この好成績により、翌11月場所では新三役となる小結に昇進した。しかし5勝10敗と大敗し、三役経験はこの1場所のみに終わっている。海鵬涼至 フレッシュアイペディアより)

  • F-1タッグ選手権

    F-1タッグ選手権から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武藤敬司&神奈月 vs 曙&はなわ(武蔵丸のものまね)F-1タッグ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 千代天山大八郎

    千代天山大八郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    金星:3個(武蔵丸2個、若乃花1個)千代天山大八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のスポーツ

    1996年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(11勝4敗,2回目)1996年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 素首落とし

    素首落としから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    素首落とし(そくびおとし)とは、相撲の決まり手の1つ。相手の首または後頭部を上から手で叩き(はたき)、相手を前方へ倒す技である。2001年1月場所から新しく制定された決まり手12手の1つであり、制定されたこの場所13日目に関脇若の里が横綱武蔵丸に決めている。素首落とし フレッシュアイペディアより)

  • ミラクル☆シェイプ

    ミラクル☆シェイプから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2006年9月28日19:00~22:48(JST)に「ダイエット☆コンバット ?芸能人ペアやせ決戦!!?」が拡大版特別番組として生放送。2006年8月からやくみつる&長州小力、林家正蔵&友近がペアを組み、武蔵丸親方とともにコース別の「どれだけ健康的に体重が減ったか」で競った。司会は永井大のほか、中井美穂。友近が飲んだシモン茶も登場。武蔵丸親方が15kg減で優勝し、世界一周エステツアーを獲得。なお、中京テレビや読売テレビなどで放送していた。ミラクル☆シェイプ フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (28代)

    木村庄之助 (28代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1947年式守松男時代より場内アナウンスを担当。1949年5月に師匠の22代庄之助の前名である林之助(式守林之助)を名乗る。1951年9月2代木村林之助襲名。1954年3月十両格に昇格。1961年11月に幕内格に昇格。1962年1月に養父が名乗っていた式守錦太夫(8代)を襲名。1972年に開始された行司抜擢制度の恩恵を受け、1974年1月に先輩行司を飛び越して三役格に昇格。場内アナウンスは三役格まで担当し、三役格に昇格した1974年1月場所関脇北の湖初優勝の表彰式を担当した。1984年5月には、序列上位の2代式守伊三郎を追い抜き立行司に昇格し25代式守伊之助を襲名。昭和生まれとしては初の立行司である。伊之助を40場所務めた後1991年1月に28代木村庄之助襲名。庄之助としては18場所務め、1993年11月場所後停年。最後の取組は同場所優勝決定戦での横綱曙?関脇武蔵丸(現武蔵川)。停年後は当時の出羽海理事長からの依頼で嘱託としてしばらくは日本相撲協会に残り、事務処理や後進の指導をしていた。伊之助在位40場所は、停年制実施後伊之助在位数としては24代伊之助の39場所を1場所上回る第1位であり、立行司在位数58場所は、27代庄之助(97場所)、26代庄之助(62場所)に次いで第3位である。木村庄之助 (28代) フレッシュアイペディアより)

  • 中村部屋

    中村部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    10代の定年退職を約1年後に控えた2012年1月場所前の時点で、同年11月場所を最後に部屋を閉鎖して所属力士らが東関部屋へ転籍することが決定され、同年11月18日に行われた日本相撲協会臨時理事会において、10代と所属力士と床山は東関部屋へ、行司は八角部屋へとそれぞれ同年12月19日付で正式に転籍することが認められ、正式に部屋は閉鎖された。10代は2013年2月8日に定年を迎えている。また、部屋の施設は2013年4月に15代武蔵川(元横綱・武蔵丸)が興した武蔵川部屋に受け継がれた。中村部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (29代)

    式守伊之助 (29代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    不屈の闘志を持つ行司で、1998年11月場所6日目では控えに入っていた際に、土俵上の前頭筆頭魁皇(現浅香山)ー大関武蔵丸(現武蔵川)の取組で土俵から落ちた魁皇の下敷きとなり左手首を骨折。この取組を裁いていた8代式守勘太夫が気付いて交代を申し出たにも関わらず立行司としての責任感から自らが受け持つ2番を裁き、勝ち名乗りを上げる際には折れた左手で呼出から懸賞を受け取り渡した。だがこの負傷のため翌日から長期休場せざるを得なくなった。式守伊之助 (29代) フレッシュアイペディアより)

159件中 51 - 60件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード