126件中 51 - 60件表示
  • 和歌乃山洋

    和歌乃山洋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2002年9月場所、同部屋の横綱・武蔵丸がこの場所復帰した横綱・貴乃花との千秋楽相星決戦となった、和歌乃山は自分の取組を終えると付け人たちと協力し国技館の2階席に直行して付け人たちと「武蔵丸応援団」を結成し全力で2階席から武蔵丸を応援した、その結果武蔵丸は貴乃花を破って優勝した、なお和歌乃山と武蔵丸はともに1991年7月場所が新十両であり同部屋の新十両同期でもある。和歌乃山洋 フレッシュアイペディアより)

  • 式守伊之助 (29代)

    式守伊之助 (29代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    不屈の闘志を持つ行司で、1998年(平成10年)11月場所6日目では控えに入っていた際に、土俵上の前頭筆頭魁皇(現浅香山)ー大関武蔵丸(現大島)の取組で土俵から落ちた魁皇の下敷きとなり左手首を骨折。この取組を裁いていた式守勘太夫が気付いて交代を申し出たにも関わらず立行司としての責任感から自らが受け持つ2番を裁き、勝ち名乗りを上げる際には折れた左手で呼出から懸賞を受け取り渡した。だがこの負傷のため翌日から長期休場せざるを得なくなった。式守伊之助 (29代) フレッシュアイペディアより)

  • 旭道山和泰

    旭道山和泰から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新入幕の1989年1月場所で9勝を挙げ、敢闘賞を受賞した。1990年3月場所2日目には、横綱千代の富士との一番で、取り直しの大熱戦を演じた。1992年7月場所は横綱が不在の上大関曙が全休していたが、出場した2大関(小錦、霧島)の両方を破る活躍で、殊勲賞を受賞した。翌9月場所に晴れて新小結となったが、2日目には関脇武蔵丸を張り手一発で倒している。この場所も横綱不在の場所ではあったが、見事に勝ち越して、自身2度目の敢闘賞を受賞した。東前頭2枚目だった1993年3月場所では、6日目にこの場所新横綱の曙を下手捻りで下し、自身唯一の金星を挙げた。また、13日目は久島海との一番だったが、この時久島海は西前頭2枚目で既に7勝しており、あと一番勝てば三役が確実な状況だった。だが、旭道山は久島海を立合いの右張り手一発で土俵に沈め、途中休場に追い込んだ。一方の旭道山はこの場所で最終的に9勝を挙げて自身2度目の殊勲賞を受賞した上に、翌5月場所に3度目の小結に昇進したが、もう一方の久島海は三役目前で挫折した格好となり、結果的には引退までに三役に一度も上がれなかった。旭道山和泰 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (29代)

    木村庄之助 (29代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幼少期、岸本の漁師、梯長太郎の養子となる。(香南市立岸本小学校4年生の時に、隣人で園芸を営む相撲愛好家の河村重寅氏に「どうか、東京に行ってみないか」と言われ、故郷を離れ、二所ノ関部屋に入門。入門後に元三役格行司・9代式守与太夫 (7代式守錦太夫) の養子となり房錦は義理の兄になった。1993年7月に27代式守伊之助・同11月には28代木村庄之助と立行司が相次いで退職し史上初の立行司不在となったが、三役格3人ともまだ三役格に昇格して年数が経っていないため、1994年1月場所と1994年3月場所の2場所3代木村善之輔、8代式守勘太夫とともに立行司昇格を争った。これを勝ち抜き1994年5月に立行司に昇格し28代伊之助を襲名。その4場所後の1995年1月に29代庄之助を襲名。以後6年間にわたって行司の最高位を務めた。庄之助の在位期間38場所は行司停年制実施以降では27代木村庄之助に次いで2位である。また庄之助として現時点最後の4横綱(曙、貴乃花、3代若乃花、武蔵丸(現大島))時代を裁いた。最後の一番は、平成13年3月場所の横綱貴乃花 - 同武蔵丸である。木村庄之助 (29代) フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (32代)

    木村庄之助 (32代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    伊之助時代の2003年11月場所、横綱武蔵丸(現大島)の現役最後の一番を裁いた。(7日目 対前頭2枚目土佐ノ海(現立川)戦)木村庄之助 (32代) フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (34代)

    木村庄之助 (34代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    千秋楽結びの東西両横綱の取組としては、2002年9月場所の武蔵丸(現武蔵川)?貴乃花戦を30代木村庄之助が裁いて以来約5年ぶりに、2007年7月場所の朝青龍?白鵬戦を裁いた。木村庄之助 (34代) フレッシュアイペディアより)

  • はなわ

    はなわから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    野球のほか「相撲オタク」と公言しており相撲に詳しい。元々柔道をやっていたため相撲も得意で、息子と相撲を取ったりもしている。特に武蔵丸光洋(現 年寄・振分)のモノマネを始めてから、武蔵丸の断髪式に呼ばれたり、武蔵丸とともにNHKの大相撲中継に出演するなど何かと武蔵丸とは縁が広がり、武双山正士、琴ノ若晴將の断髪式にも出ている。さらに、アルバム「HANAWA PACK」発売時期にCDの宣伝を兼ね懸賞旗を6本出している。ちなみに弟の宣之も野球及び相撲ファンである。また、千代大海龍二(元大関、現 年寄・佐ノ山)が角界に入門する前のヤンキーぶりは、「『大分の龍二』と言えば佐賀出身の僕でも知っている位大変有名な男だった」という。はなわ フレッシュアイペディアより)

  • ウェス・アンダーソン

    ウェス・アンダーソンから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2009年に日本で放映されたソフトバンクのコマーシャルの監督を担当した。黄色の帽子・シャツ・ズボンを身につけたブラッド・ピットが、リゾート・シーズンの田舎町を舞台に、サイクリングの集団とすれ違ったりトップレスの女性の写真を撮ったりといったドタバタ劇を繰り広げるというもので、1953年に製作されたジャック・タチ監督による『ぼくの伯父さんの休暇』のパロディである。なお、翌年放送されたブラッド・ピットと武蔵丸が出演する同社のテレビCMは、スパイク・ジョーンズが担当した。ウェス・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    そして関脇4場所目の1999年(平成11年)1月場所千秋楽、本割で横綱若乃花に勝利し両者13勝2敗の優勝決定戦にもつれ込む。さらにその優勝決定戦でも若乃花に連勝を果たして、念願の幕内初優勝を成し遂げた。関脇通算3場所で合計32勝13敗、大関昇進の目安となる通算33勝以上には届かなかったが、当時大関は貴ノ浪と武蔵丸の二人のみで、又1994年1月場所後の貴ノ浪・武蔵丸の同時昇進以来5年間新大関が誕生していなかった事も有り、横綱若乃花に本割、優勝決定戦で勝利した内容が高く評価されて甘めながらも場所後に大関に推挙された。初優勝後、故郷の大分で優勝パレードが行われ、この時、パレードを先導した白バイの警官が「かつて追い掛け回した奴を今は先導するようになった」と語った。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 湊富士孝行

    湊富士孝行から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    右四つになると力を発揮した。柔軟な身体で、土俵際に攻め込まれても下手投げを打って逆転するといった粘りの相撲が持ち味で一部の好角家からは、「マシュマロマン」の愛称で親しまれた。三役を狙える場所も有ったが、攻めが遅いところがあり昇進できなかった。地味な存在ではあったが、金星は合計3度も獲得しており、1998年1月場所と同5月場所に貴乃花から、1999年9月場所には武蔵丸からそれぞれ殊勲の星を挙げ、地力の高さを示した。2000年に医師の女性と結婚。2001年7月場所を最後に十両に陥落すると、全盛期のような粘りの相撲が取れなくなり十両下位に低迷。2002年9月場所には幕下に陥落したため現役を引退し、所有していた(事実上、元敷島に貸していた)年寄株を使用して年寄・立田川を襲名し、湊部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっていた。2010年7月に師匠である先代の湊親方(元小結・豊山)と名跡を交換し、湊部屋を継承した。湊富士孝行 フレッシュアイペディアより)

126件中 51 - 60件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード