159件中 61 - 70件表示
  • 垣添徹

    垣添徹から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2013年8月29日にそれまで在籍していた藤島部屋から、同年4月に15代武蔵川(元横綱・武蔵丸)が再興した武蔵川部屋へ移籍した。垣添徹 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱力士碑

    横綱力士碑から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    横綱力士碑には45代若乃花幹士(初代)までの名が入り、刻名する場所が無くなったため、46代朝潮太郎(3代)以降は副碑が設けられた。しかし、副碑も66代若乃花勝(3代)までで表面が埋まってしまったことから、67代武蔵丸光洋以降は裏面に刻まれている。横綱力士碑 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽ノ花國市

    出羽ノ花國市から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    親方時代の名前「喜偉」の「偉」は、その後の武蔵川にも引き継がれている(三重ノ海剛司は「晃偉」、武蔵丸光洋は「光偉」)。出羽ノ花國市 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の相撲

    2000年の相撲から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(14勝1敗,8回目)2000年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (34代)

    木村庄之助 (34代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    千秋楽結びの東西両横綱の取組としては、2002年9月場所の武蔵丸(現武蔵川)?貴乃花戦を30代木村庄之助が裁いて以来約5年ぶりに、2007年7月場所の朝青龍?白鵬戦を裁いた。木村庄之助 (34代) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年3月場所

    大相撲平成28年3月場所から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    この場所9日目の大関稀勢の里と大関琴奨菊の取組は幕内通算59回目の対戦で、武蔵丸対貴ノ浪(58回)の記録を抜いて史上単独1位となった。大相撲平成28年3月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 掬い投げ

    掬い投げから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    掬い投げ(すくいなげ)とは、相撲の決まり手の一つである。差し手で褌を取らず、相手をすくうようにして投げる技。技の性質上比較的差し手を容易に取ることができる上に相手の差し手を封じる効果も兼ねるため、手堅い守りの相撲を取る際に重宝される。反面廻しを取っての投げより威力が低いため、決め手となりづらい場合も少なくない。これを十分な武器として扱うためには強い回転が利く上体の柔軟性、或いは高い筋力が必要となる。かつて横綱・大鵬幸喜や旭富士正也が得意としており、この2人は上体の柔軟性から掬い投げを活用することができた。武蔵丸光洋は上手の必要がない右差し一本の相撲を得意としており、差し手を無造作に返すだけでしばしば掬い投げが成立した。掬い投げ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のスポーツ

    2000年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(14勝1敗,10回目)2000年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    曙3個、若乃花3個、武蔵丸3個、朝青龍3個栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 一本背負投

    一本背負投から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2000年11月場所14日目、魁皇が武蔵丸相手に不完全な形ながらも決める。幕内では26年ぶり。一本背負投 フレッシュアイペディアより)

159件中 61 - 70件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード