126件中 61 - 70件表示
  • 藤井康生

    藤井康生から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    横綱武蔵丸の最後の優勝となった2002年秋場所千秋楽の実況を担当。藤井康生 フレッシュアイペディアより)

  • イズラエル・カマカヴィヴォオレ

    イズラエル・カマカヴィヴォオレから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    日本では1995年8月6日に「山下達郎のJACCS CARDサンデーソングブック」(TOKYO FM)に於いて、ハワイ州出身の力士、曙、武蔵丸、小錦を歌い込んだ「Tengoku Kara Kaminari」が紹介され、知名度が上がった。イズラエル・カマカヴィヴォオレ フレッシュアイペディアより)

  • 栃東知頼

    栃東知頼から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1972年1月場所(地位は西前頭5枚目)では11勝4敗という大相撲史上最低の成績(1996年11月場所には武蔵丸が同記録で優勝)で幕内最高優勝を果たしているが、千秋楽、大関・清國との一番に負ければ8人の5敗力士による優勝決定戦になるところであった(結局立合いの変化の後出し投げで清國を破り、優勝を決めている)。栃東知頼 フレッシュアイペディアより)

  • 三杉里公似

    三杉里公似から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    入幕してからも徹底した四つ相撲を見せ、1989年1月場所において新三役となる西小結へ昇進し、その後も長らく幕内上位に定着し続けた。当時の貴花田には分が良く「貴花田キラー」と評され、貴花田が初優勝するまで初顔から5連勝している。また、うっちゃり・突き落とし・巻き落としなどの土俵際の逆転技「三杉里マジック」で観客を楽しませた。1992年5月場所では東前頭筆頭の位置で小錦と霧島の両大関、関脇・栃乃和歌、4人の小結のうち琴錦以外の安芸ノ島・水戸泉・武蔵丸を倒す活躍で10勝5敗の成績を挙げて敢闘賞を獲得し、これが現役時における唯一の三賞受賞となった。同年9月場所には自己最高位となる東小結へ昇進している。地味ながらも持ち技が多く、稽古にも熱心で体型が崩れることがなかった。三杉里公似 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島部屋

    藤島部屋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    武蔵川光偉(むさしがわ みつひろ、第67代横綱・武蔵丸、アメリカ)藤島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 天下一品

    天下一品から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    米国ハワイにて放送されている地元テレビCMには、元横綱の武蔵丸光洋が出演している。天下一品 フレッシュアイペディアより)

  • 海鵬涼至

    海鵬涼至から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    漁師の長男に生まれる。小学校3年の時に全校生徒が出る祭りの相撲大会に出場したことをきっかけに相撲を始め、日本大学でも活躍した。1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏む。初土俵の同期には後の関脇・栃乃洋(現・竹縄)、前頭・燁司、十両・柳川らがいる。以来、順調に出世し、1997年5月場所で新十両昇進。その1年後の1998年5月場所で新入幕を果たした。東前頭4枚目の地位で迎えた2001年9月場所では横綱武蔵丸(現・武蔵川)を破って初金星を獲得し、10勝5敗と幕内で自身初の2桁勝利を記録して初の三賞である技能賞を受賞。この好成績により、翌11月場所では新三役となる小結に昇進した。しかし5勝10敗と大敗し、三役経験はこの1場所のみに終わっている。海鵬涼至 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    曙3個、若乃花3個、武蔵丸3個、朝青龍3個栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃東大裕

    栃東大裕から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    金星:4個(曙1個、貴乃花2個、武蔵丸1個)栃東大裕 フレッシュアイペディアより)

  • 安芸乃島勝巳

    安芸乃島勝巳から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    同様に「1度は優勝したい」と公言して、1992年(平成4年)3月場所は14日目を終えて12勝2敗と優勝争いをしたが、千秋楽には琴錦との割が組まれてこれに敗れて優勝を逃した。三賞19回、金星16個の各最多記録を保持しており、現役時代には「これだけあったら誰か賜杯1ツと取り替えてよ」とこぼした事もある。最後の16個目の金星は武蔵丸からであるが、その金星は武蔵丸が新横綱の1999年(平成11年)7月場所だった。なお、朝青龍が横綱昇進した2003年(平成15年)3月場所以降は幕内下位に低迷し、結局横綱になった朝青龍との対戦は実現しなかった。安芸乃島勝巳 フレッシュアイペディアより)

126件中 61 - 70件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード