159件中 71 - 80件表示
  • 和歌乃山洋

    和歌乃山洋から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2002年9月場所、同部屋の横綱・武蔵丸がこの場所復帰した横綱・貴乃花との千秋楽相星決戦となった、和歌乃山は自分の取組を終えると付け人たちと協力し国技館の2階席に直行して付け人たちと「武蔵丸応援団」を結成し全力で2階席から武蔵丸を応援した、その結果武蔵丸は貴乃花を破って優勝した、なお和歌乃山と武蔵丸はともに1991年7月場所が新十両であり同部屋の新十両同期でもある。和歌乃山洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の相撲

    2014年の相撲から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1月13日 - 【大相撲】初場所(両国国技館)2日目で白鵬が豊ノ島を引き落としで破り、幕内通算707勝として武蔵丸を抜いて史上5位、外国人力士では最多の勝利記録2014年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 男女ノ里泰之

    男女ノ里泰之から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年1月場所後に、旧若松部屋出身の朝青龍が横綱に推挙され、同年11月場所で武蔵川部屋の武蔵丸(現・武蔵川)が引退すると、慣例により高砂部屋から弓取式を担当する力士を出すことになった。当初は皇牙が務めていたが、2007年3月場所限りで現役引退を発表したため、その後継者として同年5月場所より本場所での弓取式を担当することになった。最高位は三段目であるが、最終的に3年間という長期間にわたって弓取りを務めたため知名度は高い。2010年1月場所限りで朝青龍が自身の起こした不祥事の責任を取って現役引退を表明すると、横綱のいる部屋から弓取り力士を出す慣例に従って、男女ノ里も同年3月場所限りで本場所の弓取り担当の任務を降板した。ただしその後も2010年10月3日に行われた朝青龍の引退相撲や、各種行事・イベントなどで弓取式を行う姿がたびたび目撃されていた。男女ノ里泰之 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(武蔵川部屋・13勝2敗,10回目)2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三杉里公似

    三杉里公似から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    入幕してからも徹底した四つ相撲を見せ、1989年1月場所では新三役となる西小結へ昇進し、その後も長らく幕内上位に定着し続けた。当時の貴花田には分が良く「貴花田キラー」と評され、貴花田が初優勝するまで初顔から5連勝している。また、うっちゃり・突き落とし・巻き落としなどの土俵際の逆転技「三杉里マジック」で観客を楽しませた。1992年5月場所では東前頭筆頭の位置で小錦と霧島の両大関、関脇・栃乃和歌、小結・安芸ノ島・水戸泉・武蔵丸を倒す活躍で10勝5敗と勝ち越して敢闘賞を受賞し、これが現役時に於ける唯一の三賞受賞となった。同年9月場所では、自己最高位となる東小結へ昇進している。地味ながらも持ち技が多く、稽古にも熱心で体型が崩れることがなかった。三杉里公似 フレッシュアイペディアより)

  • 摩天楼健

    摩天楼健から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    同じアメリカ育ちである曙、小錦、武蔵丸(彼らはアメリカ国籍者であった)などのハワイ人力士の名前は入門前まで全く知らなかったようであり、入門から半年間は顔と四股名が一致しなかったとのことである。摩天楼健 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (30代)

    木村庄之助 (30代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    庄之助時代は横綱貴乃花が休場中だったこともあり、横綱武蔵丸(現武蔵川)の取組を多く裁いた。横綱同士での貴乃花 - 武蔵丸戦は伊之助時代3度(2001年5月場所本割、2001年1月場所決定戦と2001年5月場所決定戦)、庄之助時代1度(2002年9月場所本割)裁いている。このほか、貴乃花の現役最後の一番(2003年1月場所 対前頭4枚目安美錦戦)を裁いたほか、2002年11月場所13日目、大関朝青龍(当時)が初優勝を決めた一番(対関脇若の里)を裁いている。木村庄之助 (30代) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のスポーツ

    1998年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(12勝3敗,5回目)1998年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 千代大海龍二

    千代大海龍二から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    そして関脇4場所目の1999年(平成11年)1月場所千秋楽、本割で横綱若乃花に勝利し両者13勝2敗の優勝決定戦にもつれ込む。さらにその優勝決定戦でも若乃花に連勝を果たして、念願の幕内初優勝を成し遂げた。関脇通算3場所で合計32勝13敗、大関昇進の目安となる通算33勝以上には届かなかったが、当時大関は貴ノ浪と武蔵丸の二人のみで、又1994年1月場所後の貴ノ浪・武蔵丸の同時昇進以来5年間新大関が誕生していなかった事も有り、横綱若乃花に本割、優勝決定戦で勝利した内容が高く評価されて甘めながらも場所後に大関に推挙された。初優勝後、故郷の大分で優勝パレードが行われ、この時、パレードを先導した白バイの警官が「かつて追い掛け回した奴を今は先導するようになった」と語った。千代大海龍二 フレッシュアイペディアより)

  • 隠居

    隠居から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    相撲部屋においても、師匠が定年前に後継者に部屋を譲る例は多く、この場合年寄名跡を交換して後継者が名乗っていた名跡を名乗って定年まで務める例(出羽海部屋は佐田の山から鷲羽山への継承の時に、出羽海と境川の名跡を交換した)と名跡交換を行わず部屋の名前を変更する例(三重ノ海は武蔵川部屋を武双山に譲ったとき、名跡はそのまま維持したので、部屋の名称が藤島部屋に変わった。後に三重ノ海の弟子である武蔵丸が武蔵川部屋を再興)がある。師匠の急死で後継者を巡ってお家騒動になった例は多く、それを回避するのと後継者に経験を積ませる上で定年前に部屋を譲る方式は有効である。隠居 フレッシュアイペディアより)

159件中 71 - 80件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード