126件中 71 - 80件表示
  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後は1993年9月場所から6場所連続、1995年11月場所から4場所連続で関脇を保つなど常に三役から幕内上位で活躍する。このころから貴乃花や曙には歯が立たなくなっていたが、若乃花に対しては1995年1月場所から4連勝するほか、武蔵丸や貴ノ浪の大関陣をたびたび破るほか、次の大関を狙う魁皇や武双山などに対しても重要なところで痛い黒星をつけるなど存在感を示した。1998年1月場所では武双山に対して、同年5月場所では貴闘力に対して八艘飛びの奇襲を仕掛けともに勝利するなどファンを驚かせる相撲を見せた。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 金星 (相撲)

    金星 (相撲)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    ちなみに金星獲得最年長記録は、1940年(昭和15年)1月場所6日目の大潮清治郎(対男女ノ川登三戦)の39歳5ヶ月。平成以降では2001年(平成13年)11月場所10日目の大善尊太(対武蔵丸光洋戦)の36歳11ヶ月が最年長(昭和以降では6番目)。金星 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    石橋は1999年大相撲秋場所千秋楽、幕内最高優勝力士の表彰式内で行われる恒例の「優勝力士インタビュー」を担当。その日優勝した横綱武蔵丸に対し、インタビューの最後に「武蔵丸関、これからは『君が代』を歌うようにお願いしたいですね」と求め、武蔵丸が「今一生懸命やっています」と答えるという一幕があった。会場からは拍手が起こり、インタビューは問題なく終了した。ちょうど同年8月に「国旗及び国歌に関する法律」が公布・施行され、「日の丸」・「君が代」をめぐる議論が続いていたという時期であったため、各メディアが石橋の発言を取り上げた。以前から武蔵丸は「難しい」ことを理由に「君が代」を斉唱しないことが多く、この年の5月の横綱昇進時に時津風理事長から注意を受けていた。石橋の発言もこれを受けてのものであったため、日本相撲協会は「国歌斉唱が求められて当然」として問題にしなかった。また石橋は取材を通じ、武蔵川親方や武蔵丸・武双山ら武蔵川部屋の力士衆と個人的に親しかったという事情もあった。NHKや石橋も「君が代」反対派などが要求した謝罪には応じなかった。石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • 在日アメリカ人

    在日アメリカ人から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    戦後になって新たに来日するようになったのはスポーツ選手である。プロ野球選手、大相撲力士、プロレスラーなどが多数来日し、それぞれの競技史上に重要な役割を果たした。日系人を除くアメリカ出身力士の幕内第一号はハワイ出身の高見山大五郎であり、大関第一号の小錦八十吉、そして曙太郎・武蔵丸光洋の二横綱を出した。現在の相撲界が「ウィンブルドン現象」といわれるほど外国出身者全盛をきわめているのも彼らアメリカ出身力士の活躍が源流であるとされる。プロレスラーの滞在は一回あたりは短期間であったが、アブドーラ・ザ・ブッチャーのように初来日から40年近くにわたって現役選手としての滞在を繰り返している者もおり、そもそもプロレス自体が日米対抗戦の形式で人気を得た競技である。在日アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • 安美錦竜児

    安美錦竜児から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年1月場所8日目には横綱・貴乃花を初挑戦で送り出しで破り、自身初となる金星を獲得した。その翌日に貴乃花はこの取組を最後に現役引退を表明したため、貴乃花の現役最後の対戦相手となった。同年5月場所には11勝4敗の好成績を挙げて2回目の技能賞を受賞した。翌7月場所には横綱・武蔵丸を破り2個目の金星を獲得した。2005年9月場所には横綱・朝青龍を破り3個目の金星を獲得した。安美錦竜児 フレッシュアイペディアより)

  • 臥牙丸勝

    臥牙丸勝から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    その後、木瀬部屋に入門して2005年11月場所に初土俵を踏む。本人の「ガガ」というニックネームに師匠の木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)が好む「臥」「牙」の字を当てて武蔵丸のように成功してほしいという意味を込めて「臥牙丸」という四股名が付けられた。翌2006年1月場所に7戦全勝で序ノ口優勝。翌3月場所は序二段を6勝1敗の好成績で1場所で通過、翌5月場所には三段目に昇進、三段目で3場所連続して勝ち越しを果たし、同年11月場所において幕下に昇進した。臥牙丸勝 フレッシュアイペディアより)

  • 男女ノ里泰之

    男女ノ里泰之から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    2003年1月場所後に、旧若松部屋出身の朝青龍が横綱に推挙され、同年11月場所で武蔵川部屋の武蔵丸(現大島)が引退すると、慣例により高砂部屋から弓取式を担当する力士を出すことになった。当初は皇牙が務めていたが、2007年3月場所限りで現役引退を発表したため、その後継者として同年5月場所より本場所での弓取式を担当することになった。最高位は今のところ三段目だが、最終的に3年間という長期間にわたって弓取りを務めたため知名度は高い。2010年1月場所限りで朝青龍が自身の起こした不祥事の責任を取って電撃的な現役引退を表明すると、横綱のいる部屋から弓取り力士を出す慣例に従って、男女ノ里も同年3月場所限りで本場所の弓取り担当の任務を解かれることになった。ただしその後も2010年10月3日に行われた朝青龍の引退相撲や、各種行事・イベントなどで弓取式を行う姿がたびたび目撃されている。男女ノ里泰之 フレッシュアイペディアより)

  • 栃煌山雄一郎

    栃煌山雄一郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新十両となった2006年9月場所では9勝6敗と勝ち越し、西十両2枚目の位置まで大きく番付を上げた翌2007年1月場所では10勝5敗の好成績を挙げ、霜鳥と豊響との優勝決定戦に進出した。優勝決定戦は豊響が制して十両優勝はならなかったものの、翌3月場所において新入幕を果たした。初土俵から13場所での新入幕は旭富士・貴花田・武蔵丸・豊真将に続き史上9位タイのスピード記録となった。栃煌山雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 碧山亘右

    碧山亘右から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    新入幕となった2011年11月場所では、11勝4敗の好成績を挙げて初の敢闘賞を受賞した。初土俵から所要14場所での三賞受賞は小錦や武蔵丸らに並ぶ史上6位のスピード記録(幕下付け出しを除く)となった。碧山亘右 フレッシュアイペディアより)

  • 錦戸親方

    水戸泉政人から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    続く1992年7月場所、西前頭筆頭に下がった水戸泉は、幕内昇進後初日から自身初の7連勝の快進撃で白星をどんどん積み重ねていく。中日で小結・貴花田(当時、のち貴乃花)に初黒星、10日目に大関・霧島に敗れ2敗はしたものの、それ以降も優勝争いの単独首位を走り、14日目には前頭12枚目の貴ノ浪に勝って12勝2敗とした。その後10勝3敗と1差で追っていた小結の武蔵丸、大関の小錦と霧島の3力士全員が負けて、その瞬間水戸泉初めての平幕優勝が決まった。水戸泉は支度部屋で、14日目で優勝が決まる可能性があったため待機はしていたが、まさかその3敗陣の3人が総崩れとは自身全く想像もしなかったため、3敗勢最後の1人である霧島が負けた瞬間には思わず「ウソーっ!?」と驚いた後、弟の梅の里と二人して抱き合って涙ぐんだ。奇しくも当時の高砂親方である富士錦の現役時代も、1964年に平幕優勝した時と同じ尾張名古屋の土俵だった。千秋楽も勝って13勝2敗の成績を収めた。なお平幕優勝者は、1909年に優勝制度が確立して以降水戸泉が史上24人目であるが、昨1991年7月場所に琴富士、同年9月場所に琴錦(その後琴錦は1998年11月場所でも大相撲史上初の2回目の平幕優勝を達成)、同1992年1月場所には貴花田と、わずか1年の間に4人もの平幕優勝者が出るという非常に珍しい出来事となった。水戸泉政人 フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード