159件中 81 - 90件表示
  • 若乃花幹士 (2代)

    若乃花幹士 (2代)から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    甘いマスクで人気があり蔵間と女性ファンの人気を二分しており、ことに水商売の女性の受けが良かった。NHK相撲解説者の玉ノ海梅吉も大関昇進を狙っていた時期の若乃花を見て「かわいい顔しているじゃないですか」とその容姿を気に入っているかのような発言を度々行っていた。しかし横綱昇進後は北の湖全盛期と重なってどうしても二番手という印象が拭えず(優勝次点は輪島と並ぶ14回で史上1位、他に優勝決定戦での敗退が2回ある)、優勝回数は4回と少なく、初代若乃花ほどの活躍はできなかった。また、富士櫻を大の苦手としていた(横綱として最初の一番に敗れている)。それでも成績と相撲内容は安定しており、当時北の湖に次いで歴代2位の記録にあたる、通算(幕内)28場所連続勝ち越しの成績を挙げ(現在は武蔵丸・白鵬・北の湖に次ぎ、旭富士と並ぶ歴代4位タイ)。また幕内連続2桁勝利も23場所を記録している(当時歴代3位、現在白鵬・北の湖・大鵬に次ぎ歴代4位)、横綱として16場所連続2桁勝利の記録も残している。1978年には6場所合計78勝12敗の成績を挙げながらも北の湖が82勝8敗の成績を残した(当時の年間勝利数新記録)ため年間最多勝を逃すなど不運な面があった。北の湖との対戦成績は横綱昇進前は11勝11敗と五分だったが、昇進後は7勝14敗と差がついてしまった。一方輪島は逆で、昇進前は6勝14敗と大きく負け越していたが、昇進後は8勝5敗と勝ち越している。北の湖との優勝決定戦が行われた1978年5月場所千秋楽のNHK大相撲中継の視聴率は37.3%であり、夏場所のものとしては2017年3月場所終了時点で2位である(ビデオリサーチ調べ)。全勝優勝を決めた同年11月場所千秋楽の北の湖戦などはNHK大相撲中継の視聴率が実に42.1%を記録しており、これは九州場所のものとしては2017年9月場所終了時点で1位である(ビデオリサーチ調べ)。若乃花幹士 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年1月場所

    大相撲平成28年1月場所から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    この場所8日目の大関稀勢の里と大関琴奨菊の取組は幕内通算58回目の対戦で、史上最多記録(武蔵丸と貴ノ浪の58回)に並んだ。大相撲平成28年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • イズラエル・カマカヴィヴォオレ

    イズラエル・カマカヴィヴォオレから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    日本では1995年8月6日に「山下達郎のサンデー・ソングブック」(TOKYO FM)に於いて、ハワイ州出身の力士、曙、武蔵丸、小錦を歌い込んだ「Tengoku Kara Kaminari」が紹介され、知名度が上がった。イズラエル・カマカヴィヴォオレ フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす土俵入りで、大多数の横綱がこちらを選択している。2代梅ヶ谷藤太郎が完成したとされ、以降、栃木山守也・双葉山定次・大鵬幸喜・北の湖敏満・千代の富士貢といった大横綱も多くこの雲龍型である。平成以降では曙太郎・貴乃花光司・武蔵丸光洋・朝青龍明徳らが選択しているが、先述の4人は全て幕内優勝を10回以上果たし、横綱の地位も4年以上に渡って務めていた。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 琴櫻傑將

    琴櫻傑將から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    大関在位32場所の長期在位(豊山勝男の大関在位記録にあと2場所と迫っていた。現在は武蔵丸光洋と並ぶ史上1位タイのスロー出世記録)で晴れて横綱に昇進したが、高齢での昇進であったことは本人も重々承知していたようで、後援会から贈られた数多くの化粧廻しを見て「こんなに長く務まるか不安だ」と漏らしたという。しかも横綱土俵入りは当時から短命のジンクスが有り後継者が少ない「不知火型」を敢えて選択した(指導は宮城野と大鵬)。琴櫻傑將 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘竜

    戦闘竜から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    1964年3月場所に高見山が入門して以降アメリカ合衆国出身力士が絶える事は無かったが、戦闘竜が引退した2003年11月場所番付では他に武蔵丸しかおらず、武蔵丸も場所中に引退していた事から、戦闘竜の引退と同時にアメリカ合衆国出身力士が0人となった。戦闘竜 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井康生

    藤井康生から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    横綱武蔵丸の最後の優勝となった2002年秋場所千秋楽の実況を担当。藤井康生 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の相撲

    2002年の相撲から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(武蔵川部屋・13勝2敗,10回目)2002年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    幕内最高優勝 : 武蔵丸光洋(15戦全勝,初)1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 伊達治一郎

    伊達治一郎から見た武蔵丸光洋武蔵丸光洋

    元横綱・武蔵丸が高校生だった時にハワイでレスリングを指導。角界入りの橋渡しをした。伊達治一郎 フレッシュアイペディアより)

159件中 81 - 90件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード