100件中 21 - 30件表示
  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た力士

    武蔵丸 光洋(むさしまる こうよう、1971年(昭和46年)5月2日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身(生まれは東サモア)で武蔵川部屋所属の元大相撲力士・タレント。第67代横綱。本名同じ、旧名・米国名:フィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)。身長192cm、体重237kg。現在は年寄・武蔵川。得意手は、突き、押し、右四つ、血液型はA型、趣味は音楽鑑賞、愛称は「マル」。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た年寄名跡

    引退後は、年寄・武蔵丸として武蔵川部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たっていた。当時武蔵丸は年寄名跡を取得していなかったため、本来は年寄として活動することはできないが、横綱は引退後5年間は現役時の四股名で一代年寄として活動できる制度があり、武蔵丸はこれを利用していた。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た火の竜清徳

    めちゃイケの数取団のコーナーにゲスト(兄貴)出演した際は、ゲームそのものは4敗と振るわなかったものの、罰ゲームの関取団との相撲では真っ向勝負で打ち負かした。真剣相撲で関取団に土をつけたのは武蔵丸ただ一人である。その時の対戦相手で現在は同じ事務所に所属する火の竜には現役時代にも対戦し勝利している。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た西郷隆盛

    西郷隆盛に良く似た容貌で、日本人に親しまれた。「さつま武蔵丸の会」なる団体が結成されるなど、特に鹿児島県民から愛されたようである。髪は黒の直毛、体型も腰高でなく、またあんこの度合いもハワイの先達力士ほどではなかった。こうした条件が重なって、日本人力士の中に入っても浮き上がることがなく、大関昇進に渋い顔をするファンはあまりいなかった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た琴櫻傑將

    翌5月場所、武蔵丸は通算3回目の綱獲りとなった。場所前半で平幕力士に2敗を喫して心配されたが、その後連勝を続けて優勝争いの先頭に立ち、千秋楽は横綱曙との対戦となる。その千秋楽結びの一番は、武蔵丸が曙を寄り倒して13勝2敗の成績で5度目の幕内優勝を決める。また大関として2場所連続優勝を果たし、ついに5月場所後に横綱昇進となった。大関32場所目での横綱昇進は、琴櫻と並ぶ史上1位タイのスロー昇進だった。因みに大関在位中、負け越し・角番は一度も経験しなかった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た清國勝雄

    1994年(平成6年)1月場所後に貴ノ浪と同時に大関に昇進し、新入幕同時の貴ノ浪とは対照的な取り口ながら実力は伯仲、大関昇進後も良きライバルとして長く名勝負を繰り広げた。ちなみに武蔵丸対貴ノ浪の幕内対戦回数58回は、大相撲史上第1位の記録であり、対戦成績は武蔵丸の37勝21敗となっている(2位は魁皇対千代大海の54回、3位は北の富士対清國の52回)。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た武雄山喬義

    2003年(平成15年)1月場所で平成の大横綱・貴乃花が引退してからわずか5場所後、武蔵丸も同年11月場所限りでついに現役引退を表明した。現役最後の相撲となった11月場所7日目の土佐ノ海戦では、引っかけにあっけなく土俵を割り、思わず天を仰いだ。その日の夜、武蔵川部屋で武蔵丸自ら引退を伝えると、部屋の弟弟子である武双山、雅山、武雄山らは揃って号泣し、また当時平幕に落ちていた好敵手の貴ノ浪も、翌8日目の支度部屋で大粒の涙を流したという。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た照國萬藏

    その次の3月場所は、場所終盤の11日目から当時の3横綱(貴乃花・若乃花・曙)が全員休場し、横綱不在となってしまった(ほか新大関の千代大海、関脇の武双山らも途中休場。なお3横綱の全員休場は、1950年1月場所の羽黒山・東富士・照國以来49年ぶり)。この異常事態に当時の時津風理事長(元大関・豊山)が異例の謝罪会見を行っている。それでも武蔵丸と貴ノ浪の当時2大関が奮起し、千秋楽は両者12勝2敗同士の相星決戦となって場所を盛り上げた。その千秋楽結びの一番は武蔵丸が貴ノ浪を寄り切って完勝、4度目の幕内優勝を果たした。また武蔵丸は同場所で、幕下時代から続く通算連続勝ち越しが51場所となり、北の湖の持つ50場所を更新する新記録を達成した。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た羽黒山政司

    その次の3月場所は、場所終盤の11日目から当時の3横綱(貴乃花・若乃花・曙)が全員休場し、横綱不在となってしまった(ほか新大関の千代大海、関脇の武双山らも途中休場。なお3横綱の全員休場は、1950年1月場所の羽黒山・東富士・照國以来49年ぶり)。この異常事態に当時の時津風理事長(元大関・豊山)が異例の謝罪会見を行っている。それでも武蔵丸と貴ノ浪の当時2大関が奮起し、千秋楽は両者12勝2敗同士の相星決戦となって場所を盛り上げた。その千秋楽結びの一番は武蔵丸が貴ノ浪を寄り切って完勝、4度目の幕内優勝を果たした。また武蔵丸は同場所で、幕下時代から続く通算連続勝ち越しが51場所となり、北の湖の持つ50場所を更新する新記録を達成した。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た貴ノ浪貞博

    1994年(平成6年)1月場所後に貴ノ浪と同時に大関に昇進し、新入幕同時の貴ノ浪とは対照的な取り口ながら実力は伯仲、大関昇進後も良きライバルとして長く名勝負を繰り広げた。ちなみに武蔵丸対貴ノ浪の幕内対戦回数58回は、大相撲史上第1位の記録であり、対戦成績は武蔵丸の37勝21敗となっている(2位は魁皇対千代大海の54回、3位は北の富士対清國の52回)。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード