132件中 41 - 50件表示
  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た豊山勝男

    その次の3月場所は、場所終盤の11日目から当時の3横綱(貴乃花・若乃花・曙)が全員休場し、横綱不在となってしまった(ほか新大関の千代大海、関脇の武双山らも途中休場。なお3横綱の全員休場は、1950年1月場所の羽黒山・東富士・照國以来49年ぶり)。この異常事態に当時の時津風理事長(元大関・豊山)が異例の謝罪会見を行っている。それでも武蔵丸と貴ノ浪の当時2大関が奮起し、千秋楽は両者12勝2敗同士の相星決戦となって場所を盛り上げた。その千秋楽結びの一番は武蔵丸が貴ノ浪を寄り切って完勝、13勝2敗で4度目の幕内優勝を果たした。また武蔵丸は同場所で、幕下時代から続く通算連続勝ち越しが51場所となり、当時の北の湖が持つ50場所を更新する新記録を達成した。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た貴ノ浪貞博

    1991年(平成3年)11月場所に終生のライバルとなる貴ノ浪らと同時に新入幕、東前頭12枚目の地位で11勝4敗を挙げて敢闘賞を受賞した。大きな体を生かした突き押しと、右四つからの寄りを得意とした。新入幕前の相撲雑誌には、「ハンマーで固めたようながっしりとした体の力士」で、「曙と一緒にハワイアンコンビとして若貴兄弟(若乃花・貴乃花)の終生のライバルとなるだろう。」と記述されており、新入幕前から大変な期待があったことが伺える。そしてこの通り、後年に曙(第64代横綱)・貴乃花(第65代横綱)・若乃花(第66代横綱)らと4横綱時代を築くこととなった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た千代の富士貢

    昭和の大横綱・千代の富士(第58代横綱)こと九重親方が2016年(平成27年)7月31日、61歳で膵臓癌により病死。九重親方と同じく当時監察委員を務めた武蔵丸は8月3日、九重部屋を弔問に訪れた時記者陣に対し「(直前の7月場所中に)疲れた、きついと言っていた。そんなことを言う人じゃないからびっくりした」と明かし、又同場所を途中休場する際に九重親方から直接電話を受けたという。さらに武蔵丸は「自分が(大相撲界へ)入門した時は30回ぐらい優勝していた。(住む)世界が違う人だった」と先輩横綱を悼んでいた。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た鬼雷砲良蔵

    入幕から大関時代初期までは安定感のある突き押しを武器にして、期待に違わぬ快進撃を続けた。アメフトの技術を応用したことによるもので、幕内時代の鬼雷砲との対戦ではアメフトばりのタックルで鬼雷砲を土俵際まで吹っ飛ばしている。突き押しの威力は水戸泉(現・10代錦戸)から「馬の蹴り」に喩えられるほどであった。しかし、1996年頃から太り過ぎもあって次第に突き押しの回転が鈍り、突き押しでは曙ほどの破壊力を示すことができなくなり、また四つ相撲では腰が軽く簡単に転んでしまう上に左肩の致命的な故障(先述)の影響で相手に右上手を引かれるといとも簡単に崩れるなど、物足りなさの残る内容で苦闘を強いられることになった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た水戸泉政人錦戸親方

    入幕から大関時代初期までは安定感のある突き押しを武器にして、期待に違わぬ快進撃を続けた。アメフトの技術を応用したことによるもので、幕内時代の鬼雷砲との対戦ではアメフトばりのタックルで鬼雷砲を土俵際まで吹っ飛ばしている。突き押しの威力は水戸泉(現・10代錦戸)から「馬の蹴り」に喩えられるほどであった。しかし、1996年頃から太り過ぎもあって次第に突き押しの回転が鈍り、突き押しでは曙ほどの破壊力を示すことができなくなり、また四つ相撲では腰が軽く簡単に転んでしまう上に左肩の致命的な故障(先述)の影響で相手に右上手を引かれるといとも簡単に崩れるなど、物足りなさの残る内容で苦闘を強いられることになった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た川崎市

    2007年7月7日に行われた第3回アメリカンフットボール・ワールドカップ開幕・日本対フランス戦(川崎市・等々力陸上競技場)でコイントスを行った。ちなみにその際に着用したユニフォームの背番号は第67代にちなんで67番であった。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た横綱審議委員会

    2002年1月7日の稽古総見を欠席した際にプロレス観戦をしていたことに対して、当時横綱審議委員会の委員を務めていた内館牧子は「社会人として最低。あんな横綱に優勝して欲しくない」などと非難した。これにたいして師匠の武蔵川は「手首の故障が理由で、気分転換も兼ねて欠席しただけだ」と話し、抗議する意向を示した。 内館の自著によると、この件がきっかけとなって自身が「横審の魔女」の異名を冠するようになったのだという。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見たプロレス

    2002年1月7日の稽古総見を欠席した際にプロレス観戦をしていたことに対して、当時横綱審議委員会の委員を務めていた内館牧子は「社会人として最低。あんな横綱に優勝して欲しくない」などと非難した。これにたいして師匠の武蔵川は「手首の故障が理由で、気分転換も兼ねて欠席しただけだ」と話し、抗議する意向を示した。 内館の自著によると、この件がきっかけとなって自身が「横審の魔女」の異名を冠するようになったのだという。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た高等学校

    小学校時代にアメリカンフットボールを始め、ハワイ州のワイアナエ高等学校でアメリカンフットボールのディフェンスラインとして活躍し、プロ選手としての活躍を目標としていた。大学からも勧誘されたが、経済的理由で進学を断念した。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見たボクらの時代

    ハワイ出身力士の先輩である元大関で現在はタレントの小錦と共演すると、薄くなった頭髪をイジられることが多い。(すぽると!、ボクらの時代など)武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「武蔵丸光洋」のニューストピックワード