武蔵川晃偉 ニュース&Wiki etc.

三重ノ海 剛司(みえのうみ つよし、1948年2月4日 - )は、三重県松阪市出身の元大相撲力士。第57代横綱。本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。現役引退後は年寄として後進の指導に尽くし、日本相撲協会の理事長職も務めた。また、相撲博物館の館長職にも就いている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「三重ノ海剛司」のつながり調べ

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た三重ノ海剛司

    日本相撲協会では、1994年に武蔵川と揃って役員待遇に昇格し、審判部副部長を務めていたが、評議員が少ない高砂一門に所属しており、さらに一門内でも外様出身であるため、理事に立候補することが出来ずにいた。また、1998年に弟弟子の八角が格上の監事に就任したり長く審判部副部長務めているのに理事が務める審判部長に二子山・押尾川・放駒と大関止まりの理事が3代続いて九重を超えて就任していて「副部長を務めている」と言うより「部長に昇進できずにいる」という印象が強かった。(千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 引き分け

    引き分けから見た三重ノ海剛司

    相撲では、両者が同時に倒れたり土俵の外に出たと判定された場合、同体と言い、取り直し(再試合)となる(大相撲では行司の軍配が「同体」になることはない)。同体となった取組で片方の力士が怪我や疲労により取り直しができなくなり、その結果、棄権により相手の不戦勝という記録となることもある。また、取組が長引いて水入り後なおも勝負がつかないときには、先に他の力士の取組を二番終わらせた後に取り直しという形で再試合をする。しかし、それでも相撲が長引いて勝負がつかないときには、最終的に引分というかたちにする。星取表には引き分けは×で表記される(痛み分けは△で表記し区別する)。ただし、大相撲の幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後である。なお、1939年1月場所11日目、鏡岩と磐石との対戦で、水が入って二番後取り直しとなった時に鏡岩が棄権を申し出たところ、磐石が不戦勝を承諾しなかったので、二人とも不戦敗という珍しい記録がある。(引き分け フレッシュアイペディアより)

「三重ノ海剛司」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード