前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2006年2月より理事長3期目を迎え、協会の事業部長に二所ノ関一門の先輩理事を2期据えてきたが、3期目は同じ出羽海一門の武蔵川を事業部長にすることで「攻め」の姿勢も見せている。また、勧進元制に復しながらも実績不振に陥っている巡業を強化するため、2期目まで監事2名だった巡業部副部長を契約推進担当 (高田川) を含めた3名にして巡業部スタッフを強化した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱

    横綱から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    横綱土俵入りは現役の横綱にしか許されない特権かつ義務であり、横綱経験者であっても自身の引退相撲を最後にこれを行うことはできない。唯一の例外として、還暦を迎えた時に赤い横綱を締めて行う「還暦土俵入り」1(当時の武蔵川親方、元三重ノ海の還暦土俵入り)がある。横綱土俵入りは、セレモニーとして大相撲の最大の華であり、かつ横綱の権威を示すものでもあり、いやが上にも横綱の責任を大変重いものにしていると言える。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の相撲

    1979年の相撲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    新横綱三重ノ海剛司が昇進(9月)。1979年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の相撲

    1975年の相撲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    11月、九州場所で魁傑が大関から陥落。元関脇福の花引退、年寄関ノ戸襲名。場所後に三重ノ海五郎が大関に昇進。1975年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽海部屋

    出羽海部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1968年3月場所中に横綱・佐田の山が現役引退を表明すると8代は部屋を譲り、佐田の山が9代出羽海を襲名。先代からの弟子である横綱・三重ノ海のほか、関脇・出羽の花や小結・大錦など数多くの関取を育て上げた。出羽海部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 出羽海一門

    出羽海一門から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1946年、大坂相撲の流れを汲む三保ヶ関部屋の閉鎖時に力士を預かった縁で、1950年の三保ヶ関部屋再興以降は三家体制で固定される。1967年、11代九重(元横綱・千代の山)が独立を企図した際には、一門から破門されている。1981年に出羽海部屋から14代武蔵川(元横綱・三重ノ海)が分家独立して武蔵川部屋を創設したのを境に禁が解かれ、独立が相次いだ。出羽海一門 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島部屋

    藤島部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1980年11月場所中に現役を引退して、以降は出羽海部屋の部屋付き親方となっていた年寄・14代武蔵川(元横綱・三重ノ海)が、1981年8月に出羽海部屋から分家独立する形で武蔵川部屋を創設した。5代出羽ノ海(元横綱・常陸山)の「不許分家独立」の不文律により長年にわたり分家独立を認めていなかった出羽海部屋からは、1919年に当時まだ現役力士であった横綱・栃木山が5代出羽ノ海からの許可を受けて春日野部屋を創設して以来、実に62年ぶりの円満独立となった。荒川区に構えていた当時の部屋の地下1階には当時の相撲部屋としては珍しくトレーニングルームが完備されていた。藤島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 巨砲丈士

    巨砲丈士から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1979年(昭和54年)3月場所で新入幕を果たし、大鵬部屋第1号の幕内力士となった。その後も相撲巧者ぶりを見せて、1980年(昭和55年)3月場所で新小結、1981年(昭和56年)5月場所で関脇に昇進した。大物食いとしても知られ、金星は第54代横綱輪島から第59代横綱隆の里までの計6横綱(輪島、北の湖、若乃花、三重ノ海、千代の富士、隆の里)から10個を獲得した(なお1984年(昭和59年)9月場所、6日目千代の富士、7日目隆の里と二日続けての金星をあげている)。巨砲丈士 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵海豊

    武蔵海豊から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    小学校4年生から地域のスポーツクラブ春日館が新設した松山道場の創設メンバーとして相撲の稽古を始め、同じ松山市出身で1学後輩の吐合とはしばしば稽古相手を務め合っていた。松山道場からの初めての卒業生ということもあって地元で話題となり、同じ愛媛県出身で既に三役を間近にしていた玉春日に憧れて野村高校へ進学することも検討していたが、部屋への勧誘にやってきた先代武蔵川からは「憧れているなら早く大相撲に進んだ方がいい」と口説かれ入門を決意。中学校を卒業した1997年3月場所、武蔵川部屋から初土俵を踏む。四股名は本名の「山崎」。同期入門には同部屋で幕下付出入門の武雄山、同じく幕下付出の玉力道、出羽平、北勝岩のほか、琴禮らがいる。この場所は新序1番出世とし、翌5月場所、初めて番付に名前が載る。7戦全敗も経験するなど序二段でやや苦労したが、1999年11月場所で三段目に昇格。しばらく三段目と序二段を往復することが続いたが、2001年5月場所以降は三段目に定着、2003年11月場所では幕下へ昇進する。しかし怪我のため2005年9月場所から3場所全休をし、復帰場所の2006年3月場所では序二段まで落ちていた。復帰2場所目の同年5月場所は7戦全勝で同じく全勝の大翔勇との優勝決定戦に勝ち序二段優勝。同年11月場所で幕下に復帰した。武蔵海豊 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ノ富士茂

    玉ノ富士茂から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    金星:2個(北の湖1個、三重ノ海1個)玉ノ富士茂 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード