前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 出羽海部屋

    出羽海部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    長年「分家独立を許さず」という不文律があったが、1981年(昭和56年)に元横綱三重ノ海が武蔵川部屋を創設して以降、中立部屋(現在は境川部屋に改称)と田子ノ浦部屋(現在は消滅)が独立している。1999年(平成11年)7月場所には101年ぶりに所属幕内力士が不在となったものの、その後、鳥羽の山や普天王といった幕内力士を輩出した。しかし、2010年(平成22年)5月場所に部屋唯一の関取である十両・普天王が負け越して幕下に陥落し、それにより1898年(明治31年)5月場所に常陸山が十両に昇進以来、112年ぶりに関取が部屋から途絶えた。出羽海部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    横綱として長く大いに活躍出来る縁起の良い型と言われている。ただ短命に終わった横綱も存在し、横綱在位場所数最短の前田山英五郎(6場所)と2位タイの三重ノ海剛司(8場所)は、いずれも雲龍型を選択している。なお、出羽海一門と高砂一門および時津風一門の横綱は、全員がこの型である。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 玉ノ富士茂

    玉ノ富士茂から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    金星:2個(北の湖1個、三重ノ海1個)玉ノ富士茂 フレッシュアイペディアより)

  • 巨砲丈士

    巨砲丈士から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1979年(昭和54年)3月場所で新入幕を果たし、大鵬部屋第1号の幕内力士となった。その後も相撲巧者ぶりを見せて、1980年(昭和55年)3月場所で新小結、1981年(昭和56年)5月場所で関脇に昇進した。大物食いとしても知られ、金星は第54代横綱輪島から第59代横綱隆の里までの計6横綱(輪島、北の湖、若乃花、三重ノ海、千代の富士、隆の里)から10個を獲得した(なお1984年(昭和59年)9月場所、6日目千代の富士、7日目隆の里と二日続けての金星をあげている)。巨砲丈士 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    日本相撲協会では、1994年に武蔵川と揃って役員待遇に昇格し、審判部副部長を務めていたが、評議員が少ない高砂一門に所属しており、さらに一門内でも外様出身であるため、理事に立候補することが出来ずにいた。また、1998年に弟弟子の八角が格上の監事に就任したり、貴乃花が理事選に立候補を仄めかした際には「九重ですら理事になれないんだから、親方になったばかりの貴乃花に務まる訳がない」と順番を考慮する発言を誰もしなかったなど、協会内での出世や評価は現役時代の実績に比べて芳しくなかった。審判部長は理事が担当するため、古くから審判部副部長職にあるにも関わらず、二子山・押尾川・放駒と3代続いて大関止まりの理事が九重を抑えて審判部長に就任していたことから、「副部長を務めている」というよりも「部長に昇進できずにいる」という感が漂っていた。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2006年2月より理事長3期目を迎え、協会の事業部長に二所ノ関一門の先輩理事を2期据えてきたが、3期目は同じ出羽海一門の武蔵川を事業部長にすることで「攻め」の姿勢も見せている。また、勧進元制に復しながらも実績不振に陥っている巡業を強化するため、2期目まで監事2名だった巡業部副部長を契約推進担当(高田川)を含めた3名にして巡業部スタッフを強化した。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵川部屋

    武蔵川部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    その後、1980年(昭和55年)11月場所限りで引退した出羽海部屋(第50代横綱・佐田の山)所属の第57代横綱・三重ノ海は、年寄・山科(後に武蔵川に名跡変更)を襲名して出羽海部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、1981年(昭和56年)8月に出羽海部屋からの分家独立を許され武蔵川部屋を創設した。14代武蔵川は横綱・武蔵丸を育て上げたほか、大学相撲部出身者の勧誘を積極的に行い、幕下付出力士から大関・出島、大関・武双山、大関・雅山、小結・垣添などを育てた。武蔵川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱

    横綱から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    横綱土俵入りは現役の横綱にしか許されない特権かつ義務であり、横綱経験者であっても自身の引退相撲を最後にこれを行うことはできない。唯一の例外として、還暦を迎えた時に赤い横綱を締めて行う「還暦土俵入り」1(当時の武蔵川親方、元三重ノ海の還暦土俵入り)がある。横綱土俵入りは、セレモニーとして大相撲の最大の華であり、かつ横綱の権威を示すものでもあり、いやが上にも横綱の責任を大変重いものにしていると言える。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    また理事長が停年前に理事長職を辞し、停年退職まで「相談役」として番付に掲載(2000年(平成12年)以降では境川尚、時津風勝男、武蔵川晃偉、放駒輝門)されることもある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の相撲

    1979年の相撲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    新横綱三重ノ海剛司が昇進(9月)。1979年の相撲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード