1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
94件中 91 - 94件表示
  • 中井洽

    中井洽から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年2月の東アジアサッカー選手権に出場予定だった北朝鮮女子代表チームへのビザ発給に一時反対、北朝鮮チームは参加辞退を表明した。民団の会合で外国人参政権を推進していく立場を明らかにした。2010年4月に実施予定の「高校無償化」をめぐり、朝鮮学校を対象から除外するよう川端達夫文部科学大臣に要請した。4月、来日中の元朝鮮労働党書記・黄長燁と会談した。6月発足の菅内閣では、国家公安委員会委員長と拉致問題担当大臣及び内閣府特命担当大臣(防災)に再任された。7月6日、大相撲野球賭博問題に関連し「テレビに出るのは熱心だが捜査には言を左右にしている」と警察の捜査に協力しない相撲関係者を指弾。暴力団との関係遮断の取り組みについて「名古屋場所が済めばしまい、という一過性のものではない」と述べた。それをさかのぼる6月21日、すなわち野球賭博問題で日本相撲協会が特別調査委員会を設置した日の夜に、日本大学の田中英壽理事長が懇意にしている神楽坂の料亭で、田中理事長、相撲協会の武蔵川理事長の3人で会談していたことが週刊文春で報じられた。これに対し中井は7月15日、報道内容を否定した。7月20日、来日した金賢姫と面会した。中井洽 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵川部屋

    武蔵川部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1981年に14代武蔵川(元横綱・三重ノ海)が出羽海部屋から独立する形で武蔵川部屋を創設した。現在の藤島部屋の前身。武蔵川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲中継

    大相撲中継から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    審判部を除いた協会幹部や元人気力士が解説役に起用されることが多い。かつては朝青龍の師匠の高砂、魁皇の師匠の友綱、武双山の師匠の先代武蔵川、栃東の実父で師匠の先代栃東が揃って解説者の常連だったこともあった。最近では白鵬の師匠宮城野が向正面解説の常連であったように弟子が出世すると解説の声がかかる傾向はある。平幕止まりの親方の正面解説と十両止まりの親方の出演は少なくとも平成以降はない。1990年頃までは正面と向正面どちらとも担当する親方が多かった。横綱、大関経験の親方は、ほぼ正面での解説が主である。大相撲中継 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    千代の富士は1989年(平成元年)3月場所で、14日目に横綱・大乃国を強引な上手投げで破り14戦全勝で27回目の優勝を決めたものの、この一番で左肩を脱臼してしまったため、千秋楽の大関・旭富士との取組は不戦敗・休場となり、14勝1敗(不戦敗)での優勝となった。千代の富士も千秋楽の表彰式には出席し、左腕を固定しながら天皇賜杯を受け取った。この時は片腕で賜杯を受け取りやすいように、審判委員の武蔵川親方(第57代横綱・三重ノ海)が付き添う形での表彰式となった。翌5月場所では師匠の九重が、同場所初日から全休した千代の富士に代わって賜杯を返還した。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
94件中 91 - 94件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード