94件中 11 - 20件表示
  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    日本相撲協会では、1994年に武蔵川と揃って役員待遇に昇格し、審判部副部長を務めていたが、評議員が少ない高砂一門に所属しており、さらに一門内でも外様出身であるため、理事に立候補することが出来ずにいた。また、1998年に弟弟子の八角が格上の監事に就任したり長く審判部副部長務めているのに理事が務める審判部長に二子山・押尾川・放駒と大関止まりの理事が3代続いて九重を超えて就任していて「副部長を務めている」と言うより「部長に昇進できずにいる」という印象が強かった。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵丸光洋

    武蔵丸光洋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲入りの勧誘を受けたことを機に、過去に相撲との関わりが全く無かったにも拘らず、「大きな体を生かして家計を助けよう」と決心し武蔵川部屋に入門する。師匠の武蔵川親方(元横綱・三重ノ海)は、その少し前に「武蔵坊」という力士をスカウトしながらあっという間に逃げられたことから、半年のテスト期間を設け、徹底的に鍛えて様子を見てから初土俵を踏ませることにした。そして「これなら大丈夫だ」と見なされ、1989年(平成元年)9月場所に初土俵を踏んだ。四股名は所属する武蔵川部屋と本名のフィアマルの「マル」から付けた。武蔵丸光洋 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海五郎

    三重ノ海五郎から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三重ノ海

    三重ノ海から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵川晃偉

    武蔵川晃偉から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    武蔵川晃偉 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    石橋は1999年大相撲秋場所千秋楽、幕内最高優勝力士の表彰式内で行われる恒例の「優勝力士インタビュー」を担当。その日優勝した横綱武蔵丸に対し、インタビューの最後に「武蔵丸関、これからは『君が代』を歌うようにお願いしたいですね」と求め、武蔵丸が「今一生懸命やっています」と答えるという一幕があった。会場からは拍手が起こり、インタビューは問題なく終了した。ちょうど同年8月に「国旗及び国歌に関する法律」が公布・施行され、「日の丸」・「君が代」をめぐる議論が続いていたという時期であったため、各メディアが石橋の発言を取り上げた。以前から武蔵丸は「難しい」ことを理由に「君が代」を斉唱しないことが多く、この年の5月の横綱昇進時に時津風理事長から注意を受けていた。石橋の発言もこれを受けてのものであったため、日本相撲協会は「国歌斉唱が求められて当然」として問題にしなかった。また石橋は取材を通じ、武蔵川親方や武蔵丸・武双山ら武蔵川部屋の力士衆と個人的に親しかったという事情もあった。NHKや石橋も「君が代」反対派などが要求した謝罪には応じなかった。石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    先場所開催中に週刊誌で「大関・琴光喜が野球賭博に関与して恐喝されていた」と報道されたことに端を発し、琴光喜は解雇処分、当時の理事長・武蔵川親方(第57代横綱・三重ノ海)が謹慎処分を受ける事態に発展。幕内でも同様に野球賭博に関与したとして6名が謹慎休場処分となり、NHKによるテレビ及びラジオの大相撲中継が中止されるなど、異常な状態で場所を迎えた。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 朝登俊光

    朝登俊光から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    以来、突き押しを武器に順調に番付を上げ、1967年(昭和42年)9月場所で十両に昇進。そして、1969年(昭和44年)3月場所で新入幕を果たした。初土俵の同期には後の横綱・三重ノ海や大関・旭國がいるが、朝登が入幕した時、彼らは新十両であった。朝登俊光 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝額

    優勝額から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現在の両国国技館では優勝額は四方に8枚ずつ32枚掲額されている。(かつての蔵前国技館では36枚の掲額であった)東京場所ごとに2枚ずつ新たな優勝額が加えられ、古いものから外される。外された優勝額は優勝力士当人に贈られ、普通は稽古場に飾るなどするが、5回、10回と優勝を重ねた力士の場合、母校など優勝力士と縁のある施設や人物に寄贈される。国技館の最寄り駅となるJR両国駅の改札口には、関脇(のち横綱)三重ノ海五郎(昭和50年11月場所)、横綱2代若乃花幹士(昭和53年11月場所)、横綱武蔵丸光洋(平成14年5月場所)、横綱白鵬翔(平成19年11月場所)の優勝額が飾られている。また、昭和42年に横綱大鵬が25度目の優勝を果たしたときの優勝額が日光市在住の当時の後援会副会長に寄贈され、同市が譲り受け体育施設で管理していたが、その体育施設の解体が決まり、官公庁オークションにかけられるも取引が成立せず、大鵬の遺族に返還された後江東区に寄贈された、という事例もある。優勝額 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の時期は時津風勝男が日本相撲協会の理事長であり、2002年(平成14年)から2008年(平成20年)の時期は北の湖敏満が理事長で北の湖部屋力士の不祥事の責任で辞任して、2008年(平成20年)から2010年(平成22年)の時期は武蔵川晃行が理事長となった。2003年(平成15年)に、大相撲では貴乃花引退で日本人横綱が不在になる。代わって、朝青龍時代が始まる。恒心 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード