83件中 21 - 30件表示
  • 村山弘義

    村山弘義から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年(平成22年)7月4日に一連の大相撲野球賭博問題を受けて、謹慎処分を受けた武蔵川理事長の代行として理事長代行に就任した。大相撲力士出身以外の者が日本相撲協会のトップに就任するのは元陸軍主計中将の広瀬正徳初代理事長以来72年ぶりのことであった。名古屋場所2日目の7月12日には協会幹部に事前に十分な説明をせず名古屋を離れ東京に向かい、名古屋場所担当部長の二所ノ関親方(金剛正裕)を困惑させた村山弘義 フレッシュアイペディアより)

  • 三杉磯拓也

    三杉磯拓也から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    当時は蔵間や出羽の花と並ぶ美男幕内力士として人気があり、西前頭3枚目の地位で迎えた1979年(昭和54年)9月場所では、北の湖と三重ノ海から2日連続で金星を獲得している(ただし、金星はその2個のみで終わってしまった)。三杉磯拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    先場所開催中に週刊誌で「大関・琴光喜が野球賭博に関与して恐喝されていた」と報道されたことに端を発し、琴光喜は解雇処分、当時の理事長・武蔵川親方(第57代横綱・三重ノ海)が謹慎処分を受ける事態に発展。幕内でも同様に野球賭博に関与したとして6名が謹慎休場処分となり、NHKによるテレビ及びラジオの大相撲中継が中止されるなど、異常な状態で場所を迎えた。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 合口

    合口から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司(関脇) 11-7 琴櫻傑將(横綱) 三重ノ海は後に横綱に昇進。合口 フレッシュアイペディアより)

  • 公傷制度

    公傷制度から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    この廃止前に、公傷制度を維持したまま運用の改善で凌ごうとしたこともあった。ところが、大関武双山(現藤島)が平成15年3月場所6日目に、肩の脱臼で途中休場するものの公傷が認められず、翌5月場所は大関角番になった場所で強行出場しながらも、同5月場所の千秋楽で8勝7敗と勝ち越して角番を脱してしまった。またその際、武双山の師匠でもある武蔵川理事(元横綱三重ノ海)が「なぜ武双山の公傷を認めなかったのか」と理事会で審判部を追及したことから、「必要のない公傷を申請している力士が多数いる」「認めたり認めなかったりしたら、それぞれの力士の師匠に突っ込まれてどうにもならない」という認識ができ、廃止に至った。公傷制度 フレッシュアイペディアより)

  • 引分 (相撲)

    引分 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現在では、二番後取り直しのあと、水が入り、なおかつその後も動きがなくなったときに「引分」とすることとなっている。現在幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後となり、それ以降幕内での引分は一度も出ていない。引分 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 引き分け

    引き分けから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    相撲では、両者が同時に倒れたり土俵の外に出たと判定された場合、同体と言い、取り直し(再試合)となる(大相撲では行司の軍配が「同体」になることはない)。同体となった取組で片方の力士が怪我や疲労により取り直しができなくなり、その結果、棄権により相手の不戦勝という記録となることもある。また、取組が長引いて水入り後なおも勝負がつかないときには、二番後取り直しという形で再試合をする。しかし、それでも相撲が長引いて勝負がつかないときには、最終的に引分というかたちにする。星取表には引き分けは×で表記される(痛み分けは△で表記し区別する)。ただし、大相撲の幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後である。なお、1939年1月場所11日目、鏡岩と磐石との対戦で、水が入って二番後取り直しとなった時に鏡岩が棄権を申し出たところ、磐石が不戦勝を承諾しなかったので、二人とも不戦敗という珍しい記録がある。引き分け フレッシュアイペディアより)

  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    小兵だが、立合い一瞬の蹴手繰りや立ち合いから回転の速い突っ張りで動き回って蹴返しを決めるといった堂々たる取り口だった。また右前褌を取り、一気に攻め込む正攻法の相撲も時折見せた。1976年3月場所では、西前頭13枚目で11勝4敗と大勝した(三賞受賞は逸している)。この場所では若獅子の他、旭國斗雄(東関脇、13勝2敗で西横綱・輪島大士との優勝決定戦に敗れたものの技能賞を受賞、場所後大関に昇進した。)・鷲羽山佳和(東小結、10勝5敗で敢闘賞受賞。)・北瀬海弘光(西前頭11枚目、11日目に輪島を破り金星を挙げるなど12勝3敗で殊勲賞受賞。)と小柄な力士達が揃って活躍して優勝争いを盛り上げ、「小兵力士旋風」が吹き荒れた。そして同年7月場所では東前頭6枚目で三重ノ海剛司や大受久晃を破るなど11勝4敗と再び大勝ちし、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞。三役昇進当確の星を挙げて翌9月場所、初めて小結に昇進した。しかし、3勝12敗と大敗を喫し1場所で平幕に陥落。三役経験は結局この1場所だけに終わっている。以降は前頭上位?中位での土俵が続き、1978年7月場所では3年ぶりに十両に陥落した。その後、十両上位?中位で何度か好成績を残すも番付運に泣かされ、1981年7月場所で再び入幕するまで3年以上かかってしまった。1982年7月場所中、右膝を故障。それ以降、本来の相撲がまったく取れなくなり怪我と戦いながらの相撲が続いた。そして1983年3月場所は西十両9枚目の地位で迎えたが、膝の調子が思わしくなく途中休場もあったため5勝8敗2休と関取の地位を維持するには困難な成績となり、場所後に35歳で現役を引退した(但し、5月場所の番付発表後に引退を表明したため、同場所の番付には東幕下2枚目に「若獅子」の名が載っている)。引退後は年寄・鳴戸を借り株で襲名し二子山部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たった他、指導普及部委員も務め、最後は名跡を借りていた関係もあるのか、同門の峰崎部屋に部屋付き親方として移籍していた。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    幕内最高優勝 : 三重ノ海剛司(15戦全勝,3回目)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 張り手

    張り手から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    立合いで立った直後に一度張っておいて、相手が怯んだ隙に自分の有利な差し手に持ち込むことを張り差し(はりさし)という。張り差しを得意にする力士も多いが、猫騙しと同様に正攻法とは見做さず多用すべきではないと苦言を呈する者もいる。格下の力士が横綱相手に張り差しを繰り出すのは暗黙の了解としてタブー視されるが、大関時代の三重ノ海が横綱に張り差しを繰り出し、後に横綱昇進を果たした例もある。張り手 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード