94件中 21 - 30件表示
  • 松阪市立第一小学校

    松阪市立第一小学校から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    三重ノ海剛司(元大相撲力士)松阪市立第一小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 木村晃健

    木村晃健から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    武蔵川親方(元横綱三重ノ海木村晃健 フレッシュアイペディアより)

  • 北瀬海弘光

    北瀬海弘光から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    小兵であるために十両では苦戦が続いたが、1971年11月場所、横綱北の富士とともに幕内・十両アベック優勝を果たして上昇気流に乗り、1972年3月場所、新入幕を飾った。その場所、前半戦から勝ち進んだことから終盤には大関大麒麟や関脇三重ノ海と対戦し、11日目には三重ノ海をうっちゃりで破った。新入幕力士が関脇に勝ったことは大鵬(北瀬海と同じ前頭13枚目、1960年1月場所13日目、対出羽錦)以来の快挙であった。しかしこの場所、10勝5敗でありながらも三賞からもれたことが、技能賞は6回も候補に挙がりながら1回の受賞にとどまったように、その後の彼の不運を表したようなものであった。その後も、妙に取組運が弱く、平幕で千秋楽のこれより三役に登場することが多かった。北瀬海弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 大錦一徹

    大錦一徹から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    理事長が交代した後は、同門の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)の元で勤め、2010年2月に役員待遇に昇格した。2016年7月現在、役員待遇以上の要職に在る者の中で唯一の部屋付き親方であり、自部屋を持っていない。大錦一徹 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲博物館

    相撲博物館から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    6代:石山五郎(第57代横綱 三重ノ海剛司)2013年2月4日 -相撲博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 張り手

    張り手から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    立合いで立った直後に一度張っておいて、相手が怯んだ隙に自分の有利な差し手に持ち込むことを張り差し(はりさし)という。大きく張らずに、サッと張って自分得意の四つになることが定石である。張り差しを得意にする力士も多いが、猫騙しと同様に正攻法とは見做さず多用すべきではないと苦言を呈する者もいる。格下の力士が横綱相手に張り差しを繰り出すのは暗黙の了解としてタブー視されるが、大関時代の三重ノ海が横綱に張り差しを繰り出し、後に横綱昇進を果たした例もある。大関日馬富士の横綱昇進の際には、「張り差しなんかはしない方がいい。横綱は横綱の自覚を持って張り手は慎んでほしい」との苦言を呈された。かつて横審の委員長に就任していた鶴田卓彦は場所の取組がNHKで放映されていることから相撲普及の観点に立って「子どもも見ている。教育上よくない」と批判した。張り手 フレッシュアイペディアより)

  • 村山弘義

    村山弘義から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年(平成22年)7月4日に一連の大相撲野球賭博問題を受けて、謹慎処分を受けた武蔵川理事長の代行として理事長代行に就任した。大相撲力士出身以外の者が日本相撲協会のトップに就任するのは元陸軍主計中将の広瀬正徳初代理事長以来72年ぶりのことであった。名古屋場所2日目の7月12日には協会幹部に事前に十分な説明をせず名古屋を離れ東京に向かい、名古屋場所担当部長の二所ノ関親方(金剛正裕)を困惑させた村山弘義 フレッシュアイペディアより)

  • 1948年のスポーツ

    1948年のスポーツから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2月4日 - 三重ノ海剛司(三重県、相撲)1948年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 引き分け

    引き分けから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    相撲では、両者が同時に倒れたり土俵の外に出たと判定された場合、同体と言い、取り直し(再試合)となる(大相撲では行司の軍配が「同体」になることはない)。同体となった取組で片方の力士が怪我や疲労により取り直しができなくなり、その結果、棄権により相手の不戦勝という記録となることもある。また、取組が長引いて水入り後なおも勝負がつかないときには、先に他の力士の取組を二番終わらせた後に取り直しという形で再試合をする。しかし、それでも相撲が長引いて勝負がつかないときには、最終的に引分というかたちにする。星取表には引き分けは×で表記される(痛み分けは△で表記し区別する)。ただし、大相撲の幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後である。なお、1939年1月場所11日目、鏡岩と磐石との対戦で、水が入って二番後取り直しとなった時に鏡岩が棄権を申し出たところ、磐石が不戦勝を承諾しなかったので、二人とも不戦敗という珍しい記録がある。引き分け フレッシュアイペディアより)

  • 福の花孝一

    福の花孝一から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    同部屋の後輩・三重ノ海に期待を寄せ、「五郎(三重ノ海の本名)が大関になるまでは引退しない」と頑張っていた。1975年、幕内で6場所連続して負け越し、同年11月場所限りでついに引退を決意した。同場所、関脇の地位にあった三重ノ海は13勝2敗と大勝ちして初の幕内最高優勝を遂げ、場所後に大関昇進を果たした。福の花孝一 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード