83件中 31 - 40件表示
  • 剣武輝希

    剣武輝希から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    四股名を宮本→武甲山→宮本→武甲(たけかぶと)と改め、2010年1月場所からは剣武に改名、同時に下の名前も「一輝」から「輝希」に改めた。その場所で6勝1敗の好成績を収めると、以後幕下5枚目以内をキープ。7月場所では東3枚目で4勝3敗と勝ち越すも、翌9月場所は西筆頭に留め置かれて3勝4敗と負け越してしまう。しかし、西3枚目で迎えた翌9月場所の千秋楽に勝ち越しを決め、場所後に十両昇進を決めた。十両昇進への所要58場所は、学生相撲出身力士としては花ノ藤(日本大学)の40場所を大きく上回るスロー出世。また、十両昇進発表後に入門当時の師匠であった武蔵川が藤島に部屋を継承したため、武蔵川部屋最後の場所で関取昇進を決めたこととなった。剣武輝希 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    千代の富士は1989年(平成元年)3月場所で、14日目に横綱・大乃国(現芝田山)を強引な上手投げで破り14戦全勝で27回目の優勝を決めたものの、この一番で左肩を脱臼してしまったため、千秋楽の大関(当時)・旭富士(現伊勢ヶ濱)の取組は不戦敗・休場となり、14勝1敗(不戦敗)での優勝となった。千代の富士も千秋楽の表彰式には出席し、左腕を固定しながら天皇賜杯を受け取った。この時は片腕で賜杯を受け取りやすいように、審判委員(当時)の武蔵川親方(第57代横綱・三重ノ海)が付き添う形での表彰式となった。翌5月場所では師匠の九重が、同場所初日から全休した千代の富士に代わって賜杯を返還した。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    6月21日、相撲協会は外部の第三者による特別調査委員会(委員長は伊藤滋・東大名誉教授(日本相撲協会外部理事)、委員に吉野準・元警視総監(日本相撲協会監事)、村山弘義・元東京高等検察庁検事長(日本相撲協会外部理事)が就任。さらに、野呂田芳成前衆議院議員(元農林水産大臣)ほか外部有識者を委員に招聘)を設置、一連の処分内容を判断する権限を与えることを発表する。これを受け、武蔵川理事長が会見にのぞみ、名古屋場所の開催中止の可能性を示唆しており、開催については特別調査委員会の報告が7月4日に行われる理事会ではかられることになった(のちに前倒しになっている。後述)。自己申告すれば厳重注意で済ませるとした方針を変更したことも述べており、理由として、これほど大勢の人間が賭博に関わっていたのは想定外だったとしている。なお、理事長の進退問題についてはその時点では取らないとしていた。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟児和春

    麒麟児和春から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    金星:6個(輪島2個、北の湖1個、三重ノ海1個、2代若乃花1個、大乃国1個)麒麟児和春 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    柔軟な体質と重い腰を持っており将来の大関候補として期待され、1979年1月場所後、春日野部屋出身の先輩と同じ「栃光」の四股名を襲名した。先代・栃光(引退後、年寄・千賀ノ浦を襲名したが、1977年3月に死去)は、隣県の熊本出身ということもあり、親方時代によく可愛がってくれたという。しかし、その後は半身相撲で攻撃に積極性がないことが災いして(稽古不足が指摘される面もあった)成績は大きく伸びず、自分より番付上位の力士には歯が立たない状態が続いた。特に北の湖とは29回対戦して一度も勝てず、これは一方的な連続敗戦の記録となっている。他にも対若乃花は2勝29敗、対三重ノ海は2勝17敗、対輪島は2勝15敗(初顔から連続金星の後15連敗)など上位陣に対する成績の悪さ故に三役で安定した成績が挙げられず、結局三役に定着できないまま終わった。半身になって相手の出方を待って下手投げを打つのが得意で、よく無用な蹴手繰りや蹴返しも見せていた。番付下位の力士に対しては安定した成績を挙げ、怪我も少なく、新入幕の場所から59場所連続で約10年もの間にわたり幕内の地位を保った。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 取り直し

    取り直しから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1974年9月場所11日目、前頭6枚目二子岳?同10枚目三重ノ海戦で水入りの上、二番後取り直しとなったが、決着がつかず引き分けとなった。この一番以降、40年近く引き分けは出ていない。取り直し フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では執行部(事業部長)として、また弟子の野球賭博関与の監督責任で、名古屋場所謹慎の処分となる。場所中に入院した武蔵川理事長から場所後の理事長代行の指名を受けていたが、賭博問題を受けて発足した特別調査委員会の山口弘典の暴力団への維持員席のチケットが渡ったとされる問題で、山口の委員就任前に報告を受けながら黙認したことが問題となり、代行は場所中に努めた外部理事の村山弘義がそのまま務めることになった。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

  • 一門 (相撲)

    一門 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    大相撲の保守本流的存在。明治末期から大正時代に活躍した横綱・常陸山の出羽海が一門の開祖である。規律・統制が厳しい一門で、出羽海部屋には「分家独立ご法度」の掟があり、横綱・栃木山が春日野部屋として独立したことが唯一の例外であった。これに大坂相撲の流れを組む三保ヶ関部屋(大関・増位山)を合わせて、3家(出羽海部屋、春日野部屋、三保ヶ関部屋)の体制が長く続いた。このご法度が解け、出羽海本家から旧武蔵川部屋(横綱・三重ノ海、現在の藤島部屋)の分家が認められて以降、独立が相次いだ。一門 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 木村筆之助

    木村筆之助から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    上記以外に特筆する一番として、1974年9月場所11日目、幕内での現時点最後の引分である前頭10枚目三重ノ海?同6枚目二子岳戦を裁いている。木村筆之助 フレッシュアイペディアより)

  • 福の花孝一

    福の花孝一から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    部屋の先輩である横綱佐田の山譲りの突っ張りが得意で、その強さは1970年1月場所で当時大関の北の富士を張り手一発で倒し脳震盪をおこさせるほどだった。このため四股名をもじってフックの花(張り手をボクシングのフックに例えた)と呼ばれた。出世は必ずしも早いとはいえなかったが、長く幕内上位で活躍した。新関脇となった1971年1月場所(初日から8連敗のあと休場、結局関脇はこの場所のみ)ですでに30歳を越していて、当時の幕内では珍しい高年齢と話題になった。部屋の後輩三重ノ海(現武蔵川)に期待を寄せ、「五郎(三重ノ海の本名)が大関になるまでは引退しない」と頑張っていた。1975年、幕内で1年6場所連続して負け越し、11月場所でついに引退を決意したが、その場所三重ノ海は13勝2敗の成績で幕内初優勝を遂げ、大関昇進を決めた。三賞はいずれも敢闘賞で、7回受賞は引退当時同賞の最多受賞記録だった(のちに貴闘力が10回で更新)。福の花孝一 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード