94件中 31 - 40件表示
  • 朝潮太郎 (4代)

    朝潮太郎 (4代)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    その後、徐々に幕内上位に返り咲き、1980年(昭和55年)3月場所11日目、横綱北の湖との2度目の対戦で、朝汐は北の湖が出たところを豪快な引き落としで破り初金星を挙げ、この場所は10勝5敗で殊勲賞を獲得。これを皮切りに朝汐は上位陣から恐れられることになる。以後朝汐は輪島、三重ノ海、若乃花、千代の富士といった横綱陣との対戦では度々土をつけ、特に当時の実力第一人者である北の湖との対戦では、仕切りから横綱の計算を狂わせ、ファンはおろか当の上位力士でさえも驚くばかりの強さを発揮し、当時の幕内力士では唯一北の湖に通算13勝7敗(不戦勝1含む)と歴然とした差で勝ち越したことで話題を呼んだ。1981年5月場所8日目の北の湖戦でも全勝の北の湖に土をつける活躍を見せ、この時のNHK大相撲中継の視聴率は夏場所のものとしては2017年3月場所終了時点で最高となる38.2%であった(ビデオリサーチ調べ)。同年11月場所は12勝3敗の好成績で千代の富士貢と優勝決定戦に出場し、敗れて惜しくも初優勝を逃した。翌1982年1月場所は大関挑戦の場所であったが、6勝9敗と負け越し、失敗に終わった。1982年5月場所は13勝2敗の好成績で再び千代の富士貢と優勝決定戦に出場し、敗れてまたしても優勝を逃した。翌1982年7月場所は再度大関挑戦の場所であったが、8勝7敗に終わり、またしても失敗に終わった。このように素晴らしい成績を挙げながらも優勝・大関には手が届かず、3度あった優勝決定戦ではあと一歩のところで及ばず、勝敗の差が激しく連勝か連敗が目立ついわゆる「連(ツラ)相撲」も特徴であった。この頃は大関挑戦の場所を迎えては負け越し(あるいは最小の勝ち越し)て失敗、数場所後に大勝ちして再(々)度大関挑戦の繰り返しであった。朝潮太郎 (4代) フレッシュアイペディアより)

  • 鷲羽山佳和

    鷲羽山佳和から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年に発覚した大相撲野球賭博問題では執行部(事業部長)として、また弟子の野球賭博関与の監督責任で、名古屋場所謹慎の処分となる。場所中に入院した武蔵川理事長から場所後の理事長代行の指名を受けていたが、賭博問題を受けて発足した特別調査委員会の山口弘典の暴力団への維持員席のチケットが渡ったとされる問題で、山口の委員就任前に報告を受けながら黙認したことが問題となり、代行は場所中に努めた外部理事の村山弘義がそのまま務めることになった。鷲羽山佳和 フレッシュアイペディアより)

  • 金城興福

    金城興福から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    他にも対2代若乃花(若三杉)は2勝29敗、対三重ノ海は2勝17敗、対輪島は2勝15敗(初顔から連続金星の後、15連敗)など上位陣に対しての成績が極端に悪かった。そのためか、三役には定着できずに終わった。金城興福 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た武蔵川晃偉三重ノ海剛司

    【相撲】日本相撲協会は臨時理事会を開催し、一連の野球賭博問題で年寄大嶽(元関脇:貴闘力忠茂)及び現役大関琴光喜啓司を解雇とするなど、賭博に関与した協会構成員に対する処分を決定した。元大嶽には退職金不支給、元琴光喜には退職金は支払うものの功労金は0査定とした。また、今回の処分で謹慎となった理事長武蔵川晃偉の代行として、外部理事の村山弘義(元東京高等検察庁検事長)が名古屋場所終了後まで務めることも併せて決議した。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 水戸豊幸樹

    水戸豊幸樹から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    小学生時代から相撲を始めており2005年には6年生部門でわんぱく横綱に輝いた経験もある。中学卒業前に兄の鶴乃湖(最高位は幕下)を追って高田川部屋への入門を志して訪問の連絡を入れるも「弟が入ってくると馴れ合いになる。相撲に集中したいなら別のところへ行きなさい」と断られる。そこで、憧れの力士である出島の所属する武蔵川部屋(現在の藤島部屋)へ連絡を入れたが先代武蔵川に「もう新弟子決まっちゃったから」とここでも断られる。そんな中であちこちの部屋に入門を志願していた本多の噂を聞いた錦戸が勧誘したことで中学卒業直前の2009年3月場所に錦戸部屋所属力士として初土俵を踏んだ。水戸豊幸樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の相撲

    2010年の相撲から見た武蔵川晃偉三重ノ海剛司

    【大相撲】日本相撲協会は臨時理事会を開催し、一連の野球賭博問題で年寄大嶽(元関脇:貴闘力忠茂)及び現役大関琴光喜啓司を解雇とするなど、賭博に関与した協会構成員に対する処分を決定した。元大嶽には退職金不支給、元琴光喜には退職金は支払うものの功労金は0査定とした。また、今回の処分で謹慎となった理事長武蔵川晃偉の代行として、外部理事の村山弘義(元東京高等検察庁検事長)が名古屋場所終了後まで務めることも併せて決議した。2010年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の相撲

    2008年の相撲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    9月8日 - 日本相撲協会は理事会を開き2日に尿から大麻成分が検出された2人の力士を解雇処分、2人の師匠である北の湖理事長は理事長を辞任。大嶽親方は委員から平年寄への2階級降格処分を発表、新理事長に武蔵川親方が就任。2008年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲教習所

    相撲教習所から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    18代:武蔵川晃偉(第57代横綱・三重ノ海):2010年8月 - 2012年2月相撲教習所 フレッシュアイペディアより)

  • 引分 (相撲)

    引分 (相撲)から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現在では、二番後取り直しのあと、水が入り、なおかつその後も動きがなくなったときに「引分」とすることとなっている。現在幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後となり、それ以降幕内での引分は一度も出ていない。引分 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 日下開山

    日下開山から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    日下開山(ひのしたかいさんまたはひのしたかいざんともいう)とは、現在の大相撲の最高位である横綱にあたると共に、横綱に相当する力士に与えられた名誉・称号としての呼称である。また、現在でも放送などで横綱のことを「日下開山」と呼ぶことがあるが、昔の横綱の印象を引きずっている為か、三重ノ海や大乃国のような三番手四番手の横綱を日下開山と呼ぶことはまずない。日下開山 フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード