94件中 41 - 50件表示
  • 隠居

    隠居から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    相撲部屋においても、師匠が定年前に後継者に部屋を譲る例は多く、この場合年寄名跡を交換して後継者が名乗っていた名跡を名乗って定年まで務める例(出羽海部屋は佐田の山から鷲羽山への継承の時に、出羽海と境川の名跡を交換した)と名跡交換を行わず部屋の名前を変更する例(三重ノ海は武蔵川部屋を武双山に譲ったとき、名跡はそのまま維持したので、部屋の名称が藤島部屋に変わった。後に三重ノ海の弟子である武蔵丸が武蔵川部屋を再興)がある。師匠の急死で後継者を巡ってお家騒動になった例は多く、それを回避するのと後継者に経験を積ませる上で定年前に部屋を譲る方式は有効である。隠居 フレッシュアイペディアより)

  • 若獅子茂憲

    若獅子茂憲から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    小兵だが、立合い一瞬の蹴手繰りや立合いから回転の速い突っ張りで動き回って引き落としや蹴返しを決めるといった堂々たる取り口だった。また右前褌を取り、一気に攻め込む正攻法の相撲も時折見せた。1976年3月場所では、西前頭13枚目で11勝4敗の好成績を挙げた(三賞受賞は逸している)。この場所では若獅子の他、旭國斗雄(東関脇、13勝2敗で西横綱・輪島大士との優勝決定戦に敗れたものの技能賞を受賞、場所後大関に昇進した。)・鷲羽山佳和(東小結、10勝5敗で敢闘賞受賞。)・北瀬海弘光(西前頭11枚目、11日目に輪島を破り金星を挙げるなど12勝3敗で殊勲賞受賞。)と小柄な力士達が揃って活躍して優勝争いを盛り上げ、「小兵力士旋風」が吹き荒れた。そして同年7月場所では東前頭6枚目で三重ノ海剛司や大受久晃を破るなど11勝4敗の好成績を挙げ、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞。三役昇進当確の星を挙げて翌9月場所、初めて小結に昇進した。しかし、3勝12敗と大敗を喫し1場所で平幕に陥落。三役経験は結局この1場所だけに終わっている。以降は前頭上位?中位での土俵が続き、1978年7月場所では3年ぶりに十両に陥落した。その後、十両上位?中位で何度か好成績を残すも番付運に泣かされ、1981年7月場所で再び入幕するまで3年以上かかってしまった。1982年7月場所中、右膝を故障。それ以降、本来の相撲がまったく取れなくなり怪我と戦いながらの相撲が続いた。そして1983年3月場所は西十両9枚目の地位で迎えたが、膝の調子が思わしくなく途中休場もあったため5勝8敗2休と関取の地位を維持するには困難な成績となり、場所後に35歳で現役を引退した(但し、5月場所の番付発表後に引退を表明したため、同場所の番付には東幕下2枚目に「若獅子」の名が載っている)。若獅子茂憲 フレッシュアイペディアより)

  • 三杉磯拓也

    三杉磯拓也から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    当時は蔵間や出羽の花と並ぶ美男幕内力士として人気があり、西前頭3枚目の地位で迎えた1979年(昭和54年)9月場所では、北の湖と三重ノ海から2日連続で金星を獲得している(ただし、金星はその2個のみで終わってしまった)。三杉磯拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 二子岳武

    二子岳武から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    入門当初から多彩な技を持っており、相撲教習所の指導員が基本を教えようとしたところ担当の親方が持ち味を伸ばさせてやろうと自由にやらせたなど、周囲の理解に助けられて素質を花開かせ、下手投げをはじめとする技を繰り出す取り口を得意とした。特に、内無双・外無双を得意としており、二子岳が現役であった頃はこれらの技が珍手から一般的な技に地位を変えた。1969年11月場所では横綱・大鵬を蹴返しで破り金星を獲得している。しかし、軽量だったこともあって相撲が長くなることもあり、1974年9月場所での前頭10枚目・三重ノ海との一戦では、引分を記録したこともあった(この一番以後、幕内の取組で引分は出ていない)。二子岳武 フレッシュアイペディアより)

  • 立合い

    立合いから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1960年代以降は前述の通り、立合いの乱れが徐々に進み、1984年7月場所まで多くの力士が腰を割らず、仕切り線に両手を着かないで立合う有様でしばしば問題視されたため、1984年9月場所より協会主導のもと立合いの正常化が徹底され、両者とも両手を着いての立合いが義務化された。その後は理事長の交代などにより振幅がある。例えば、1991年9月場所から待ったに罰金が科せられたり(現在は廃止)、数年に一度立合い正常化のための研修会が行われた。その後、北の湖理事長時代は呼吸が合えば両手を着かなくても見逃される風潮があり、再び乱れが問題視されていたところ、2007年以降相次いだ角界不祥事に対する改革の一環として、2008年9月場所に武蔵川理事長(当時)主導のもと再び立合いでの両手着き徹底の方針が打ち出され、手着き不十分の場合取り直しも辞さずという厳しい対応が採られたが、場所入り直前の方針転換という異例の事態のため、審判部の間でも統一した見解が取れず、厳しく取り直しさせる場合がある一方で手を着いていなくても見過ごされる場合が多々あり現場でも混乱が生じた。なお2015年現在でも立合いは両手を着いて行うこととする審判部の方針は変わらず、支度部屋にも同様の注意書きが貼られている。立合い フレッシュアイペディアより)

  • 佐田の山晋松

    佐田の山晋松から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現役引退後は、大関時代に出羽海の娘と結婚して市川家の婿養子となっていたために、横綱時代で既に部屋の土地・建物が佐田の山名義となっていた。このことから佐田の山が出羽海部屋の次期継承者であることは誰から見ても明白だったが、佐田の山が引退すると出羽海は即座に部屋を継承させ、過去に襲名していた「武蔵川」に戻っていた。これには「引退して少しは楽になるかと思ったらとんでもない。ますます大変になった。こんなことならもう少し現役を続けていれば良かった」と発言していたという。出羽海部屋では常陸山谷右衛門が一門を創設して以来、「不許分家独立」の不文律が存在し、当時の大坂相撲から一門へ加入後に消滅した部屋の再興を除いて独立が無かったが、現役時代からかわいがっていた三重ノ海剛司が独立の意思を持っていると聞くとこれを許可、1919年の栃木山守也(春日野部屋を創設)以来となる円満独立となった。出羽海は「私は"不文律"にはこだわらない。優秀な親方であれば、どんどん弟子を養成させたい。協会運営も、部屋の運営も、これからますます複雑になってくる。活発に動き回らないとダメなんです」と独立に関して話していた。それ以降は不文律自体が事実上消滅したため、1980年代以降は出羽海一門でも分家独立が相次ぎ、2014年3月現在では最も部屋数が多い一門が出羽海一門となっている。朝5時には稽古場に下り、土俵に鋭い視線を送り続けた出羽海の厳しさは11代出羽海の元小城ノ花が「親方が入って来ると、稽古場がピリッと引き締まった。少しでも気を抜くと怒られ、出稽古に来る他の部屋の力士から『出羽海部屋は入りにくい』と言われたほど」と語るほどであった。相撲の基礎を徹底して教え込み、元小結大錦の山科は「立ち合いで逃げたら、バーンと雷を落とされたこともある」と振り返る。佐田の山晋松 フレッシュアイペディアより)

  • 公傷制度

    公傷制度から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    この廃止前に、公傷制度を維持したまま、運用の改善で凌ごうとしたこともあったが、大関武双山が平成15年(2003年)3月場所6日目に、肩の脱臼で途中休場するものの公傷が認められず、翌5月場所は大関カド番になった場所で強行出場しながらも、同5月場所の千秋楽で8勝7敗と勝ち越してカド番を脱出した。またその際、武双山の師匠でもある武蔵川理事(元横綱・三重ノ海)が「なぜ武双山の公傷を認めなかったのか」と理事会で審判部を追及したことから、「必要のない公傷を申請している力士が多数いる」「認めたり認めなかったりしたら、それぞれの力士の師匠に突っ込まれてどうにもならない」という認識ができ、結局廃止に至った。公傷制度 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    上記のように比較的縁起の良い型と見られることは多いが、横綱在位場所数最短の前田山英五郎(在位6場所)と2位タイの三重ノ海剛司(在位8場所)など、雲龍型を選択しながら短命に終わった横綱も存在する。なお、出羽海一門と高砂一門および時津風一門の横綱は、全員がこの型であり、二所ノ関一門の横綱も大半がこの型を選択している。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    9月8日 - 8月18日に間垣部屋で力士の大麻所持が発覚し逮捕されたことを受け、日本相撲協会が9月2日に十両以上の69人を対象に抜き打ち簡易尿検査を実施した結果、2名の検体から大麻成分を検出。協会は8日に理事会を開き、大麻成分が検出された2人の力士の解雇処分とし、2人の師匠である北の湖理事長が理事長を辞任、大嶽親方が委員から平年寄への2階級降格処分とすることを発表した。新理事長には武蔵川親方が就任。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 木村筆之助

    木村筆之助から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    上記以外に特筆する一番として、1974年9月場所11日目、幕内での現時点最後の引分である前頭10枚目三重ノ海?同6枚目二子岳戦を裁いている。木村筆之助 フレッシュアイペディアより)

94件中 41 - 50件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード