83件中 41 - 50件表示
  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    引退説まで囁かれたが、大鵬と九重理事(元千代の富士)ははいずれも「(まだやれる事を)考えるべきだ」と述べた。9日目までの5勝4敗という成績を受け、この日武蔵川理事長は休場を勧告し、10日目から休場することとなった。2場所連続休場はサッカー問題で出場停止処分を受けた2007年9月場所と11月場所を除けば自身初となる。武蔵川理事長は復帰後の場所で、進退がかかることを示唆し、朝青龍も進退をかけることを明言した。11月場所は休場。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝額

    優勝額から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    現在の両国国技館では優勝額は四方に8枚ずつ32枚掲額されている。東京場所ごとに2枚ずつ新たな優勝額が加えられ、古いものから外される。外された優勝額は優勝力士当人に贈られ、普通は稽古場に飾るなどするが、5回、10回と優勝を重ねた力士の場合、母校などに寄贈される。国技館の最寄り駅となるJR両国駅の改札口には、関脇長谷川勝敏と関脇三重ノ海五郎(のち横綱、現武蔵川)の優勝額が飾られている。かつては6枚の額があったが後に4枚となり、平成10年に両国駅改札口が改修された際に大関若三杉壽人(のち横綱2代若乃花、現間垣)と横綱北の湖敏満の額が外されて2枚になった。優勝額 フレッシュアイペディアより)

  • 藤島部屋

    藤島部屋から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2004年(平成16年)11月場所限りで引退した武蔵川部屋(第57代横綱・三重ノ海)所属の大関・武双山は、年寄・藤島を襲名して武蔵川部屋所属の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、2010年(平成22年)9月30日に武蔵川部屋を譲渡され、看板を掛け替える形で武蔵川部屋から藤島部屋と名を改め、再スタートを切った。大関・貴ノ花が東京・中野新橋に部屋を構えた藤島部屋が17年ぶりに復活することになった。それ以前の歴史については、武蔵川部屋の項を参照。藤島部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 相撲博物館

    相撲博物館から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    6代:石山五郎(第57代横綱 三重ノ海剛司)2013年2月 -相撲博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 北瀬海弘光

    北瀬海弘光から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1964年7月場所、出羽海部屋から初土俵を踏む。1967年3月、元横綱千代の山の九重親方の独立に際して、大関北の富士らとともに九重部屋へ移籍。その後、1969年9月場所に新十両を果たした。小兵であるために十両では苦戦が続いたが、1971年11月場所、横綱北の富士とともに幕内・十両アベック優勝を果たして上昇気流に乗り、1972年3月場所、新入幕を飾った。その場所、前半戦から勝ち進んだことから終盤には大関大麒麟や関脇三重ノ海と対戦し、11日目には三重ノ海を破った。新入幕力士が関脇に勝ったことは大鵬(北瀬海と同じ前頭13枚目、1960年1月場所13日目、対出羽錦)以来の快挙であった。しかしこの場所、10勝5敗でありながらも三賞からもれたことが、技能賞は6回も候補に挙がりながら1回の受賞にとどまったように、その後の彼の不運を表したようなものであった。その後も、妙に取組運が弱く、平幕で千秋楽のこれより三役に登場することが多かった。北瀬海弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 旭國斗雄

    旭國斗雄から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    それでも持病の膵臓炎で度々入院治療を続けながら、翌昭和53年(1978年)3月場所7日目、魁傑との取組で二度水入りの大相撲となり、勝負がつかずに両者に休憩時間を与えるべく当日の結びの一番(北の湖敏満 - 青葉山弘年戦)を先に行い、10分後に改めて取り直し、これも大相撲となって3度目の水入りかという所で力尽き掬い投げで敗北を喫したものの合計10分19秒の大熱戦で、場所前に退院したばかりの旭國にとっては正に「土俵上で死ねたら本望」の言葉通りの相撲であった。昭和54年(1979年)9月場所7日目に、同期生である新横綱・三重ノ海との対戦で負傷して途中休場後、再起は難しいと考えて引退した。現役引退に際し、「一度は優勝したかった」と名残惜しそうに述べていた。旭國斗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勝敏

    長谷川勝敏から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    翌5月場所の本場所パンフレットでは小結貴ノ花、関脇輪島、関脇三重ノ海らとともに次の大関候補5人に挙げられたが、8勝7敗に終わり、大関昇進のチャンスを逸してしまった。私生活では数々の命拾いをした強運の持ち主(詳細は下述の「エピソード」を参照)であった長谷川にしてみれば、相撲の番付運としては決して恵まれたとは言い難い。長谷川勝敏 フレッシュアイペディアより)

  • 栃赤城雅男

    栃赤城雅男から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    1979年11月場所には、輪島、若乃花、三重ノ海の3横綱から金星を獲得するなど上位力士相手でも安定した成績を残した。この場所は4横綱であり、残る北の湖を倒せば史上初の一場所四金星の記録を打ち立てるところであった。栃赤城雅男 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    石橋は1999年大相撲秋場所千秋楽、幕内最高優勝力士の表彰式内で行われる恒例の「優勝力士インタビュー」を担当。その日優勝した横綱武蔵丸に対し、インタビューの最後に「武蔵丸関、これからは『君が代』を歌うようにお願いしたいですね」と求め、武蔵丸が「今一生懸命やっています」と答えるという一幕があった。会場からは拍手が起こり、インタビューは問題なく終了した。ちょうど同年8月に「国旗及び国歌に関する法律」が公布・施行され、「日の丸」・「君が代」をめぐる議論が続いていたという時期であったため、各メディアが石橋の発言を取り上げた。以前から武蔵丸は「難しい」ことを理由に「君が代」を斉唱しないことが多く、この年の5月の横綱昇進時に時津風理事長から注意を受けていた。石橋の発言もこれを受けてのものであったため、日本相撲協会は「国歌斉唱が求められて当然」として問題にしなかった。また石橋は取材を通じ、武蔵川親方や武蔵丸・武双山ら武蔵川部屋の力士衆と個人的に親しかったという事情もあった。NHKや石橋も「君が代」反対派などが要求した謝罪には応じなかった。石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵海豊

    武蔵海豊から見た三重ノ海剛司三重ノ海剛司

    2010年3月場所、それまで本名のままとなっていた四股名を「武蔵海」に改める。改名場所は3連勝としていたが、4番相撲で柳川に敗れた。同年9月場所後に、師匠が武蔵川親方(第57代横綱・三重ノ海)から藤島親方(元大関・武双山)へ代わったが、年寄名跡を交換しなかったため、部屋の名前が藤島部屋に変更、武蔵海も藤島部屋の所属となった。武蔵海豊 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「武蔵川晃偉」のニューストピックワード